クラブブログ

クラブブログ

10

【陸上競技部】枚方駅伝 20192019.12.26

こんにちは!

中長ブロック3回生の藤井です!!(^○^)

12/15(日)淀川河川敷にて、第73回枚方市駅伝大会が行われました。

この大会は、枚方市教育委員会、枚方体育協会が主催しており、枚方市の中学生や高校生、一般の方々しか出場できない大会ですが私たちは年間を通して枚方体育協会が運営している大会やキッズの練習会などでボランティア活動をしているため特別に参加させていただいてます。1チーム5名で襷を繋ぎます!!今回男子A・B・Cチームの計3チーム(15名)、女子1チーム(5名)が出場しました!!(^○^) また、今年は本学の女子ソフトボール部と女子バレーボール部もそれぞれ3チーム、4チームとチームを組んで出場し、大会を盛り上げてくれました。

結果は、男子Aチーム(河内・藤井・桜井・真砂・洲賀崎)が4位 、Cチーム(原・辻元・徳永・出水颯・樽井)が9位、Cチーム(粟津・山本・安田・濱田皓・中西)が10位、

女子(南・池田・小岩・二宮・梅田)が2位でした。男女ともに優勝は逃しましたが、男子Aチームは国際大チームベストを更新しました。

 では、ここで出場した9名の選手から感想を聞いてみたいと思います。

【男子Aチーム 2区 中長距離ブロック3回生 藤井 友佑

今回、Aチームの2区を走らせていただきました。区間記録を目標に走りましたが10秒程及ばず区間3位でした。またチームも優勝を狙っていたのに4位と、どちらも目標を達成することが出来ませんでした。しかしたくさんの陸上競技部員の応援のおかげで楽しく走れ、陸上を始めた時の原点を思い出すことができました。今回の悔しさを忘れずにハーフマラソンや春のトラックシーズンに繋げていきます。また、一番上の学年として、後輩たちにも負けずに頑張っていきす。

image11.jpegのサムネイル画像

【男子Aチーム 4区 中長距離ブロック1回生 真砂 拓冬

4区を走らせていただきました。今回の枚方駅伝の目標は優勝でしたが、結果はチームとしては4位、個人としては区間3位でした。どちらも満足できる結果とはなりませんでしたが、沿道には陸上部全員が自分たちを応援してくれて、非常に力になりました。また、チームメイトと襷、想いを繋ぐという駅伝本来の楽しさを味わえたかと思います。来年こそは丹後駅伝に出場するとともに、枚方駅伝を優勝し、普段から支えてくださっている家族、監督、コーチ、マネージャーなど様々な人に恩返ししたいと思います。

image9.jpegのサムネイル画像

【男子Aチーム 5区 中長距離ブロック1回生 洲賀崎 優大】

5区を走らせていただきました。今回は1週間前のハーフマラソンと連戦ということもあり、自分の走りができず、チームで目指していた順位に届きませんでした。しかし、たくさんの応援の中で楽しく走ることができました。来年は枚方駅伝だけでなく、丹後駅伝にも出場したいと強く思いました。来年入ってくる新入生に負けないように、この冬の練習を頑張りたいと思います。応援ありがとうございました。

image8.jpegのサムネイル画像

【男子Bチーム 4区 短距離ブロック2回生 濱田 皓祐】

Bチームの4区として出場しました。専門種目は短距離をしていて、長い距離に不安はありましたが、仲間が繋げてくれた襷を5区の中西に繋げようと思うと、とても力が湧いてきました。個人としては、目標のタイムを達成できなかったので、もし来年も機会があれば出場し、目標を達成させたいです。

image7.jpegのサムネイル画像

【男子Bチーム 5区 中長距離ブロック2回生 中西 悠仁】

枚方駅伝ではBチームの5区を走らせていただきました。

2回生チームで走れて、めったにない事なので、とても楽しかったです。駅伝は、自分のためだけでなく、チームのために頑張らないといけないので、とても緊張しました!駅伝は全員が応援にきてくれたので、苦しい場面でもいつも以上に頑張れました。やっぱり応援の力はすごいと感じました。

image5.jpegのサムネイル画像

【男子Cチーム 4区 短距離ブロック1回生 出水 颯真

4区を走らせていただきました。中学生ぶりの駅伝に出場したのですが、短距離とはまた違う緊張感もあり、楽しく走る事ができました!長い距離を走るのには自身があったのですが、ラスト1キロから結構キツくなりました。しかしみんなの応援もあり、最後まで頑張る事が出来ました!また機会があれば頑張りたいと思います!

image6.jpegのサムネイル画像

image4.jpeg image3.jpeg

    

【女子 1区 中長距離ブロック1回生 南 笑里

今回、初めて枚方駅伝で1区の5キロを走りました。女子では1番長い距離を走らせていただきソフトボール部やバレーボール部がいる中で、プレッシャーもありましたが2区に襷を繋ぐことができました。区間賞や総合では1位を取る事を目標にしていましたが、1位の関西外国語大学には追いつかず2位という結果になってしまいました。陸上競技部だけではなくソフトボール部、バレーボール部が応援、サポートしてくれた事に感謝し、来年は今年よりも良い結果を出せるようにこれからの練習を頑張っていきたいです!

image2 (1).jpeg

【女子 2区 中長距離ブロック1回生 池田 弥生

初めて枚方駅伝に出場させてもらい、2区を走ました。初めての駅伝ということもあり不安でしたが、部員のみんなの応援のおかげで楽しく走りきることができました!!連覇とはなりませんでしたが、いい経験ができました!!その中で、自分の弱さ発見することができたので、冬季練習を頑張って、来年は今年よりもいい順位が取れるようにしたいと思います!!

image1 (3).jpeg

【女子 3区 中長距離ブロック1回生 二宮 心

今回4区を走らせて頂きました。

今年は昨年に比べ、寒さが和らいで走るにはちょうどいい気温の中で走ることが出来ました。数ヶ月前から怪我をして走るかどうかという不安な部分もありましたが、胸を張って堂々とスタート地点につく事が出来ました。女子は短距離ブロックの選手も入れた初めてのチームでみんなが万全の状態はなかったですが今もっている力を全員が発揮する事ができていたと思います。連覇を逃してしまったのはすごく悔しいけれど、この悔しさをバネに来年に向けて頑張っていきたいと思います。

image10.jpeg

image0.jpeg

【陸上競技部】~パナソニックミュージアム~パナソニックエンジェルス来館イベント「OIU T&F event」2019.12.23

こんにちは。

中長距離ブロック三回生の二宮心です。

1214日土曜日に、

パナソニックミュージアムにて

パナソニックエンジェルスの選手&監督のトークショー、

エチオピア体操の実演、

安養寺監督によるウォーキング&ジョギングの講演会があり、

本学から男子5名女子3名が参加しました。

パナソニックエンジェルスは陸上女子中長距離の実業団チームで、

昨年まで全日本実業団駅伝で2連覇、

今年は3位入賞と活躍しているチームです。

トークショーでは、

先日の駅伝での様子や選手が日常で取り組んでいることを

お話ししてくださったり、

選手と監督との関わり方で大切にしていることなど、

興味深いお話を目の前で聞くことが出来ました。

また、最後に選手が開発にも関わって出来た

「レッグリフレ」というエアーマッサージャーの体験をさせていただきました。

選手たちも普段のセルフケアとして愛用していて、

私たちの脚にもフィットし、

使用した後は脚がスッキリして気持ちが良かったです。

選手が競技する上でトレーニング、

コンディショニング、チーム作りにおける取り組みを知ることができ、

良い刺激をもらいました。

それではここで、参加者に感想を紹介していきたいと思います!

パナソニック1.jpg

パナソニック2.jpg

こんにちは。

中長距離ブロック3回生の藤井友佑です。

今回のパナソニックでイベントが行われ、

その中で印象に残ったのはエチオピア体操です。

パナソニックエンジェルスの選手が

エチオピアで教わった

肩甲骨や股関節の可動域を広げる体操を実演していただきました。

今まで私は試合前のストレッチは自己流でしていましたが、

今回の実演を見て積極的に取り入れようと思いました。

また、選手とスタッフが開発に関わったレッグリフレの体験会では実際に体験し、

使用した後は足が軽くなっていて驚きました。

今回の貴重な体験を今後の競技生活に活かしていきたいとおもいます。

パナソニック3.jpg

中長距離ブロック1回生の真砂拓冬です。

今回、PanasonicミュージアムでPanasonic女子陸上競技部の講演会を

聞きに行かせていただきました。

私の高校時代の友人がPanasonicに所属しており、

今年行われたクイーンズ駅伝に出走したこともあり、

今回のイベントに非常に興味がありました。

前半は選手紹介、ランニングにおけるコンディショニングや

身体の使い方などの講演を聞きました。

主に市民ランナー向けの講演ということもあり、

知っていることもありましたが、

再認識できるものもたくさんありました。

後半はPanasonic女子陸上競技部が試合や練習の際に行なっている

「エチオピア体操」を教えていただきました。

名前の通りエチオピアの選手が行なっている体操です。

陸上界で数々のランナーを輩出してきたエチオピアのW-upを知ることができ、

非常に有益な時間となりました。

私もこれからの試合や練習で取り入れたいと思います。

全国、世界で活躍するランナーの話を聞けて私にとっても、

チームにとってもいい経験になったと思います。

この経験をこれからに繋げていきたいと思います。

パナソニック4.jpg

こんにちは

中長距離ブロック1回生の南笑里です。

今回、パナソニックエンジェルスによる

トークショーとレッグリフレ体験会に参加させていただきました。

トークショーでは、

安養寺監督によるウォーキングとジョギング講座で重心移動の仕方、

腕ふりなど基本的な動作を教えていただきました。

講座の後にエチオピア体操をパナソニックエンジェルスの選手に実践していただき、

体の脱力、可動域を広げる為の動的ストレッチを教わりました。

今回貴重な講演会に参加させていただき、

歩いたり走ったりと基本的な動作を再確認することができ、

エチオピア体操を練習に取り入れて技術の向上に繋げていきたいです。

パナソニック5.jpg

【陸上競技部】日本陸上競技学会 第18回大会  「OIU T&F events」2019.12.19

こんにちは

広報の黒淵です。

先日、12月7日(土)、8日(日)の2日間

大阪国際大学にて、

「日本陸上競技学会 第18回大会」

「2020 東京オリンピックからの陸上競技

〜国際化とコンディショニング〜」をテーマに開催され

2020年東京オリンピックを迎えるにあたって様々な指導者の方々や、

日本のトップで活躍されていたアスリートの方や

大学生の方々など、

多くの方々が参加されました。

この2日間、

陸上競技部員はのべ50名が学会運営補助に携わりました。

2019 学会 1.jpg

また、部員全員が

この学会の講演や発表を視聴させていただく機会をもらいました。

講演や発表内容はとても興味深いものばかりで、

自分の陸上競技人生に大きく影響を受ける機会となりました。

今回、

このような日本陸上競技学会を、

大阪国際大学で開催できることは、

大阪国際大学陸上部員である自分自身も誇りに思います。

このような機会を作っていただいた、

小倉監督に感謝し、

今回、学んだ事を競技に活かして

来シーズン飛躍の年にします!

2019 学会2.png

こんにちは

3回生 陸上競技部主将の森本です。

日本陸上競技学会第18回大会に

2日間運営補助として参加しました。

また、仕事の空いている時間に

学会の講演や発表を聴かせていただくことができました。

それらを見て僕が感じた事は

自分達がしている陸上競技はこんなにも難しくて

こんなにも面白いものなのだと感じました。

その中でも特に

日本大学で走り幅跳びの指導をされている

森長さんの話が1番印象に残っており

コーディネーションに必要な要素などを詳しく学べました。

2日間通して僕の思っていた陸上競技感がガラっと変わりました。

このような機会を2日間も体験できてすごく勉強になりました。

大阪国際大学で、

陸上競技学会を開催して頂いた小倉監督には感謝しています。

また学んだ事を大阪国際大学陸上競技部の

来シーズンに活かせるきっかけになったと思います。

来シーズンも飛躍できるよう頑張っていきます!

2019学会4.jpg

こんにちは

3回生 陸上競技部女子主将尼子です。

1日目は1つ目から最後まで講演を聞き、

2日目はスタッフとして参加させて頂きました。

女子円盤投の室伏選手の講演では

女性アスリートに対する体についてなど

注意すべきことについて深く学ぶことが出来ました。

私も円盤投をしているので

室伏さんがどのような講演をされるのか、

楽しみにしていました。

私の周りにもスポーツによる体について悩んでいる友人や、

コーチが男性だから相談しにくいと言う友人もいるので、

自分が指導者になった時、

注意しなくてはならないと思いました。

他にも、小倉監督のシンポジウムでは

暑熱環境下での練習や試合で深部体温を下げるには

どうすればよいかを学ぶことができました。

2日目の講演にもとても興味があったのですが

運営側に居たので、

聞く事はできませんでした。

でも、1日目だけでもたくさんの収穫があり、

2日目の運営側の体験もさせて頂き

今回、このような機会を陸上競技部として

参加することができた事を、

本当に嬉しく思います。

そして、競技に活かして、

頑張っていこうと思います!

2019学会5.jpg

こんにちは

2回生 跳躍ブロック 平林です。

今回、 陸上競技学会に2日間参加させていただきました。

1日目は運営側の仕事をしていたので

講演や発表を聞くことはできませんでしたが、

2日目は自分の種目でもある

「跳躍競技のトップコンディション」と題し、

2度のオリンピック代表として活躍された

森長正樹先生(日本大学)棒高跳の前日本記録保持者である

小林史明先生(日本体育大学)順天堂陸上競技部ヘッドコーチの

青木和浩先生の跳躍種目のお話をトレーニングやコンディションの調整、

跳躍技術を学べてとても良い経験ができました。

自分にはなかった発想や考え方などがあり

視野が広くなったと思います。

今回、このような機会を作っていただいた

小倉監督に感謝し、滅多にない機会を、

無駄にせずに自分の競技に繋げて

来シーズンは記録を大幅に更新できるよう頑張っていきます!

2019学会6.jpg

絞り込み