E.S.S.

留学生との交流、外国人向けの観光ガイド、海外におけるボランティア活動、シンポジウム参加による世界中の大学生との交流など、GLOBALな活動に力を入れています。英語力をつけたい人や留学を目指している人には最適です!

部員数
100人
主な活動時間
木 17:00~19:00
主な活動場所
守口キャンパス1号館2F インターナショナルコモンズ
昨年度実績
・学生チャレンジ制度に採択される
・世界大学生リーダーシップシンポジウム参加
・観光統計グローバルフォーラム参加
・フェアトレード大学生サミット参加 等
E.S.S.

フォトアルバム一覧へ

新着ニュース一覧へ

クラブブログ一覧へ

2018.09.03

タールトン州立大学生との交流会

5月24日(木)、タールトン州立大学の学生と交流会を開きました。本校の協定校である、アメリカ、テキサス州のタールトン州立大学の学生3名が研修のため本校を訪れ、約3週間滞在しました。本校における勉強、外部での研修、観光など忙しい合間に時間を作って頂き、約2時間の間、ゲームをしたり会話を楽しんだりしました。

会場はいつもの教室とはちがって、1号館地下の多目的ルームです。そこに椅子を円形に並べて留学生を交えて座り、まず簡単な自己紹介をしました。タールトン大生はみな気さくな性格で、自己紹介をした部員の名前を必ずリピートして、"Hi, Kotaro. Nice to meet you."と一人ずつに声を掛けてくれました。

自己紹介が終わると、まず簡単なフルーツバスケットの英語版でアイスブレーキング。声を出したり体を動かしたりしたことで緊張もほぐれ、みな笑顔です。中でも、タールトン大生を引率して来られた指導者の川上敦子准教授も一緒になって笑いながら走り回っておられたのが印象的でした。ヒールの高いパンプスで走って足が痛くなかったかな?と心配したほどです。そして5回鬼になったのは、なんとタールトン大の学生で、罰ゲームとして音楽に合わせて踊り、みんなから拍手をもらっていました。フルーツバスケットの後は、もう一つ"Find the Frog"という英単語の連想ゲームをやり、罰ゲームの「カエルのスピーチ」をESS部員に代わって、タールトン大生が読んでくれました。

【縮小】IMG_6958.JPG

ゲームが終わると、3つのグループに分かれ、色々なトピックについて英語でディスカッションを行いました。その間もタールトン大の学生が中心になってESS部員に質問したり、リーダー的な役割を果たしてくれました。最後には記念撮影をして有意義な時間を過ごすことができました。

【縮小】IMG_6962.JPG【縮小】IMG_6964.JPG【縮小】IMG_6965.JPG【縮小】IMG_6966.JPG

これまでの実績

    ・平成21年度、22年度、24年度、26年度「学生チャレンジ制度」に採択されました。

    企画内容は「タイの子供達に絵本を贈る」「フィジー島の物産品でフェアトレードを行う」
    「世界大学生リーダーシップシンポジウムに参加」など

    ・平成23年度「課外活動奨励賞(団体)」を受賞

    ・平成24年度「課外活動奨励賞(団体)」を受賞

    ・平成24年10月、ASEANより表彰状を授与される

    ・平成26年度は、世界大学生リーダーシップシンポジウムや、また小学校での課外授業のお手伝いやフェアトレード研究、外国人観光客への名所観光ガイド、留学生との交流を行いました!

年間スケジュール

    4月
    5月
    6月
    7月
    8月
    9月
    10月
    11月
    12月
    1月
    2月
    3月