クラブブログ

E.S.S.

3

【ESS】エセック経済商科大学院大学生との交流2014.08.29

73日(木)、毎年恒例となっている、フランスのエセック経済商科大学院大学の学生と大阪国際大学の学生との交流が行われました。まず学生ホールで、日本とフランスの国旗とOIUの旗を並べて飾り、フランスの曲を流して、フランス人学生を出迎え、OIU生手作りのフランスの軽食「クロックムッシュ」でおもてなし。それを食べながらしばらく談笑したのち、フランス人学生はロジャーズ先生の日本文化の講義を受けました。そして、それを終えると、ESS部員が合流して心斎橋ツアーへ!ウィンドウショッピングをしたり、ピザを食べたり、楽しく過ごしました。

                               G14065 Zen Nakamura

We had met with ESSECs from France on the third of July. We met at OIU first, and had some communication with each other for the first meeting. Then we GBICs invited them to join our regular class for English. Once it ended, we all went together to Shinsaibashi to walk around there to introduce how is Osaka and famous places to go. We did not have much time to see everything there, but I thought and hoped ESSEC students had an amazing time too. With this experience, I could become friends with the ESSEC students and had a really fantastic time. If there will be another opportunities like this, I definitely will join and make more and more friends to brighten my future.

【縮小】IMG_4446.JPG


【縮小】IMG_4445 (2).JPG


【縮小】DSC08203.JPG


【縮小】IMG_4445 (1).JPG

【海外にまつわる豆知識】シャーロックホームズ博物館

ロンドンの街を舞台に活躍するコナン・ドイルの小説の主人公、シャーロック・ホームズの博物館。地下鉄Baker Street駅の壁のタイルの模様がシャーロック・ホームズの横顔のシルエットで、とても可愛いのです。駅前にはホームズの全身ブロンズ像が立っていますが、意外と細身です。そして目指す博物館は、Baker Street 221B。つまり、まさに物語の中でシャーロック・ホームズが下宿している住所の「ベイカー街221B番地」にあります。1階のギフトショップは入場券不要で買い物ができます。2階より上は有料ですが、ホームズの住居スペースを再現しつつ、沢山の蝋人形が色々な物語を再現しているので、ファンは必見です。

【ESS】学生チャレンジ制度"Challenge The Global Mind"採択!2014.08.25

621日(土)学生チャレンジ制度 "Challenge The Global Mind" の二次審査が枚方キャンパスであり、企画が採択されました!企画名は「Dream It, Plan It, Do It ~シンポジウムの体験から真の国際人になる挑戦をOIU生みんなでする!~」です。内容は毎年ESS部員が参加している「世界大学生リーダーシップシンポジウム」の第5回目大会(カンボジア、プノンペンで開催)に参加して、そこで交流した世界中の学生からGlobal Mindについての意見を聞き、それを持ち帰りOIU生にも問いかけ、みんなで考える機会を作るというものです。この二次審査で素晴らしいプレゼンをしたのは、経済ファイナンス学科4年、一山翔平くん、情報デザイン学科3年、知花捷冶くん、グローバルビジネス学科1年、野口真功くん、同じく、吉永幸輝くんです。また企画の実行については追って報告しますので、ご期待ください。

【縮小】IMG_1911 (2).JPG


【縮小】IMG_1911 (1).JPG


【縮小】IMG_1918.JPG


【縮小】IMG_4370.JPG

【海外にまつわる豆知識】タワーブリッジ(Tower Bridge)とロンドン橋

ロンドンを象徴するものの一つにタワーブリッジがあります。ロンドン塔の近くのテムズ川にかかっているこの吊り橋は、橋の役割としてだけでなく、美しい建造物としても立派な役割を果たしています。ちなみに、この橋を、歌で有名な「ロンドン橋」だと思う人も多いかもしれませんが、実は、「ロンドン橋落ちた」と歌われているLondon Bridgeはテムズ川をもう少し下った先にあり、何の飾り気もないコンクリートの橋なのです。

【ESS】Farewell Party2014.08.05

7月24日(木)に、一年間ESSの仲間として一緒に活動してきた、留学生別科のPatrick Canlasくん、とJacob Nelsonくんのお別れ会が開かれました。

昨年の秋に来日してすぐにESSに入り、日々の活動はもちろん色々なイベントを共に実行してきました。母国の大学では日本語や日本文化を専攻しているだけあって、二人共とても流暢な日本語を話せるのですが、ESSの活動中ではあえて英語で会話をし、色々な言い回しを教えてもらったり、英語について疑問に思っていたことを解決してもらったり、部員達の英語の勉強に協力してくれました。また、二人共とても礼儀正しく真面目で、誰とでもすぐ仲良くなり、素晴らしい人格の持ち主でもありました。

たった一年間でしたが、ずっと前から友達だったように思えるぐらい部員達と親密になったので、もうお別れかと思うと本当に淋しい気持ちでいっぱいです。この一年の間に、彼らは日本を満喫できたでしょうか。この一年が彼らの人生において楽しい思い出で満たされた時間であってほしいと心から思います。またこの日出席できなかった黄詩燕さんも合わせて、母国へ帰っていく彼らに、私たちESS部員一同心から感謝しています。

【縮小】IMG_4525.JPG


【縮小】IMG_4529.JPG


【縮小】IMG_4533.JPG


【縮小】IMG_4564.JPG

【海外にまつわる豆知識】アビイ・ロード

ビートルズのアルバムのジャケットで世界的に有名な横断歩道を実際に訪れることができます。ロンドンの地下鉄ジュビリー線のSt. John's Woodで下車して、駅を背にして延々と通りを歩くと交差点に突き当たります。ここがAbbey Roadの横断歩道です。駅にもこの場所にも何の表示もありませんが、近くの建物の壁に「ABBEY ROAD WESTMINSTER」というプレートあります。また交差点のため、別方向にも横断歩道があるので迷わないようにご注意を。たいていは観光客が記念写真を撮っていますが、誰もいない場合は、横断歩道に立ち色々な方向を向いてジャケットと同じ位置を自分で見つけましょう。

アーカイブ

2018年度
2017年度
2016年度
2015年度
2014年度
2013年度
2012年度
2011年度
2010年度

カレンダー

2018年7
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31