クラブブログ

E.S.S.

1

【ESS】奈良観光統計グローバルフォーラムに参加!2014.11.20

11月18日(火)、奈良県新公会堂において、観光庁主催の「第13回観光統計グローバルフォーラム」"13th Global Forum on Tourism Statistics"に、E.S.Sから4名の学生が参加しました。参加したのは、グローバルビジネス学部インテンシブコース1年生、ゲレロ・ビアンカ、澤田和佳、野口真功、何礼慧です。このフォーラムは今までヨーロッパで開催されていましたが、今回は初めてのアジアでの開催でした。開催期間は、11月17日(月)から21日(金)までで、研究発表、ワークショップ、そして奈良観光遠足というプログラムで行われ、本学学生は18日(火)の研究発表のオーディエンスとして参加しました。

ess_01.JPG

 

ess_02.JPG

 

会場となった新公会堂の能楽ホールには約100名の参加者が着席し、能の舞台では統計に基づいた研究が次々と発表されました。参加者のほとんどは海外からの参加者で、発表も質疑応答もすべて英語だったので、学生達はメモを取りながら必死に聞いていました。内容は専攻とは異なる「観光」でしたが、統計に基づく研究は大変興味深く、「グローバルビジネス」と深い関係があるので、とても有意義だったと思います。

ess_03.JPG

 

ess_04.JPG

そして、本学やE.S.S.の活動内容を紹介するポスター展示コーナーでは、会議途中のコーヒーブレイクの時間に参加者の方々に沢山見て頂き、興味を示してくださった方にはサイン帳にメッセージを頂いたり、一緒に写真を撮らせて頂いたり、と楽しい時間を過ごすことができました。

ess_05.JPG 

ess_06.JPG 

またフォーラム終了後の立食パーティーでは、開催者側の主要人物である、観光庁・観光戦略課長の高橋一郎様、奈良県知事の荒井正吾様、UNWTO(国連世界観光機関・アジア太平洋センター)のMs. Harmony Lamm、Eurostat(欧州統計局)のMr. Christophe Demunter、OECD(経済協力開発機構)のMr. Armando Peresなどと歓談し、一緒に写真を撮らせて頂くという貴重な体験もしました。

ess_07.JPG

UNWTO(国連世界観光機関・アジア太平洋センター)Ms. Harmony Lamm

 

ess_08.JPG 

観光庁の高橋様は「日本の学生はこのような国際交流の機会をもっと利用して世界を見たほうがよい。恐れずにどんどん行動を起こすことが大切だ」とお話しをされ、本学学生の今回の参加を讃えてくださいました。学生たちも、この体験を生かして今後も世界で活躍するための力をつけて行くことでしょう。参加学生のレポートはまた追って掲載しますので、ご期待ください。

ess_09.JPG

観光庁・観光戦略課長 高橋一郎様

 

ess_10.JPG

奈良県知事 荒井正吾様

 

ess_11.JPG

Eurostat (欧州統計局) Mr. Christophe Demunter

 

ess_12.JPG

OECD (経済協力開発機構) Mr. Armando Peres (中央)

 

【海外にまつわる豆知識】

もうすぐクリスマス。ニューヨークのロックフェラーセンターのクリスマスツリーは世界的に有名で、映画「ホームアローン2」にも登場しました。このビルの屋上からはマンハッタンの街を見下ろすことができます。すぐ下にセントラルパークが広がり、エンパイアステートビルやクライスラービルが摩天楼からそびえ立ち、遠くにハドソン川が大西洋へ向かって流れている姿まで見えます。この屋上は "Top Of The Rock" と呼ばれています。

アーカイブ

2018年度
2017年度
2016年度
2015年度
2014年度
2013年度
2012年度
2011年度
2010年度

カレンダー

2018年7
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31