クラブブログ

陸上競技部

5

シンガポール国立大学(NUS)との陸上競技交流2016.09.30

こんにちは\(^^)/

1回生の関西薫です♪

9月6日(火)から9月12日(月)まで

1回生女子2名、2回生女子1名・男子6人

3回生男子1名、小倉幸雄監督

国際交流センターの乾梨紗さん

課外教育センターの馬場満さん

計13名でシンガポールスポーツ交流研修に行ってきました(*゚▽゚)ノ

昨年度が1回目、今年が2回目の研修となります。

シンガポールスポーツ交流研修とは一体何をするのか!?というと

陸上競技を通じてシンガポール国立大学(以下NUSと略します)の学生さんと

交流するというのがメインプログラムです。

大阪国際大学は平日の練習時間が2時間という短い中で

ポイントを抑えたメニューを行い、実際にそれが結果につながっています。

小倉先生オリジナルのプレ練習という練習がトレーニングをしていくうえで

メインになっています。今回はこのプレ練習をNUSの学生さん達に

伝えに行くというのが今回のシンガポールスポーツ交流研修の重要なポイントです。

そして豆知識💡

NUSとはどのような大学かといいますと...

アジア大学ランキング1位の大学ですΣ(゚ω゚ノ)ノ

ちなみに東京大学はアジア大学ランキング7位。

陸上競技部についてはナショナルチームに所属する選手が多数おり

また2016年リオオリンピックに100mに出場した選手が所属しています。

勉強・スポーツ共にハイレベルなチームです!

その他にもシンガポールのナショナルチームをサポートするSingapore Sports Institute、

Singapore Sports Hub、Chao Chu Kanスタジアムなどのスポーツ施設を訪問しました。

また日系企業のパナソニックシンガポール支店の訪問や

市内フィールドトリップも行いシンガポールの文化にもたくさん触れてきました。

それではシンガポールに滞在した6日間を1日ごとに

詳しく覗いて行きたいと思います☺

☆☆1日目☆☆

2回生の青木こころです♪

10時頃に関西空港を出発し

17時にシンガポールのチャンギ国際空港に到着しました。

時差は1時間であまりありませんが、初めての時差体験ですごく変な感じでした。

ホテルに着くまでのバスからみえるオシャレな雰囲気の街並みに期待を膨らませ、

ワクワクしながらホテルに到着♪♪

1日目の晩御飯はNEWTON CIRCUSで食べました。

ここは屋台みたいになっていてシンガポールの

色々なフードが楽しめるところです(^○^)

日本とは全く異なった料理を楽しみました☆ミ

話す言葉の違いの難しさに触れられた1日目、

この1週間で少しでも英語で会話ができるようになろう。

しん.png

☆☆2日目☆☆

2回生の篠原大地です。

今回のシンガポール研修では自分自身の目標が三つあり、

一つ目は異文化に触れることでシンガポールと日本の違いを知りお互いの良いところや、悪いところ見つけること。

二つ目はNUSの陸上部の皆さんに大阪国際大学の練習がどのような目的で練習をしているかを伝えること。

三つ目は日本でいる自分と海外の自分を比較することです。

今日はその一つ目の目標が達成できた1日でした。

午前中に海外に拠点を置いているパナソニックを訪問させて頂きました。

日本とシンガポールの売れている商品は文化や環境の違いなどにより異なったり、その国にあった物を開発しているということ知りました。

午後からはシンガポールオープン(日本でいう日本選手権)が行われたりしているChao Chu Kanスタジアムの見学をしました。

シンガポールで一番大きい大会が行われるということで

大きなスタジアムを想像しましたが想像していたよりは小さく、

また普段は市民の方々が使っていたりと日本選手権が行われるような場所とは

全く別物でした。このようなことからシンガポールでは

あまりスポーツに力を入れていなく、スポーツは競技スポーツというよりも

市民の方々が健康の為に行うようなものなのだなと感じました。

その後チャイナタウンに行きみんなで夕食をとり、お土産を買いました。

シンガポールは多民族国家なのでシンガポールにいながらも中国のような

雰囲気を味わえてとても面白かったです。

しんん.png

☆☆3日目☆☆

2回生中野太貴です!

今日は午前にSSIとSports Hubへ行き、

午後にNUSとの合同練習をしてきました。

SSI(Singapore Sports Institute)とは

シンガポールのトップアスリートの科学的サポートと

民間人の体力増進などを呼びかける運動もしている施設です✧ \( °∀° )/ ✧

日本にもJISSというSSIと似た施設がありますが、

そこには日本のトップアスリートしか

入れないのでなかなかどのような施設かは見れませんが、

今回SSIでは普段は見れないような実験装置など見れて

スポーツを科学するという事についてとても勉強になりました。

次にSports Hubに行きました。

hubとは中心と言う意味があり、このスタジアムをシンガポールのスポーツの聖地にしようということでつけられた名前だそうです。

日本と違って一つの場所に陸上競技やサッカーができるメインスタジアム、

世界大会が出来る規格で作られているプールや体育館、

大型ショッピングセンターがある総合複合施設でした。

午後からはNUSとの合同練習でした。

今日はNUSのコーチであるナターシャさんのメニューでした。

技術練習があまりなく体力練習がほとんどでした。

NUSは練習が週に2回しかないので大阪国際大学とは違い

階段でダッシュやホッピングなど

短い時間の中で効果のある練習メニューが多かったです。

日本より湿度が高い状況下での練習だったので、

なかなかしんどかったです(^^;)

すん.png

☆☆4日目☆☆
1回生の奧澤瑠珠です。
4日目は午前中にマリーナベイサンズやマーライオン、
リトルインディアを観光しました。
マリーナベイサンズやマーライオンはシンガポールの有名な観光地なだけあり
とても人が多かったのですが景色はとても綺麗でした。
リトルインディアではシンガポールの特徴である国の中に異文化がある
ということに触れられました。

午後にNUSと合同練習をしました。
合同練習では大阪国際の練習を教えたのですが、
NUSの学生の飲み込みの速さにとても驚きました。
私もそんな対応力を身につけたいと思いました。
しかしNUSと大阪国際の練習内容やポイントは
全然違うのでNUSの人達が少し驚いている部分もありましたが
大阪国際の練習メニューをしてから動きが良くなった学生もいたので
大阪国際のいいところを伝えられたと思います。
また、練習を教える際にNUSの学生とたくさんコミュニケーションを取れた事が
とても良い経験となりました。今回の経験を今後に繋げていきたいと思います。

ざん.png

☆☆5日目☆☆

2回生の山口航平です。

最後の交流で競技会でした!

昨年は男子リレーがNUSに負けてしまい悔しい結果となりましたが果たして今年は...

競技会は個人の男女100M、男女4×100mR、混合リレーと3種目ありました!

NUSには先月行われたリオオリンピックに男子100Mで出場した

ティモシー選手もいました!

男子100Mは惜しくもティモシー選手に敗れました・・・

ですが桂田が手動で10秒台で走り2位、池田が3位に入りました!

女子はなんと1〜3位を独占しました!✌︎

そしてメインのリレーはなんと...勝ちました!✌

NUSのアンカーにはティモシー選手がいましたが池田が奮闘してくれました!

混合リレーはNUSと私たちOIUのミックスリレーでした!

競技会はこれで終了しましたが、その後、NUSの学生と写真を撮ったり、

ご飯までも用意して下さり、仲睦まじく過ごすことができました!

国を超えた友達がたくさん出来て本当に良い交流になりました。

お別れはとても寂しかったですがまた会おうねと約束してお別れしました。

その後、マリーナベイサンズのスカイデッキに登りシンガポールの夜景を

見ました。本当に絶景でした!みんなで心ゆくまで眺めていました。

みゃ.png

☆☆6日目☆☆

2回生の桂田捷暉です。

シンガポール最終日!

観光地として有名なセントーサ島へ行ってきました。

セントーサ島には37mマーライオンタワーがあり凄く迫力がありました。

またビーチ、ゴーカート、メガアドベンチャーパーク、

ユニバーサルスタジオシンガポールといったエンターテイメントが

満載の島でとても楽しいところでした!

ビーチでは男子は泳いだり女子はたくさん写真を撮ったりと

みんなではしゃぎました( ´∀` )

リフトみたいな乗り物に乗ってセントーサ島の美しい景色を見たり

体でも目でも楽しめた1日でした。

も.png

いかがでしたでしょうか?(^^♪

もっともっともーっと伝えたいことはたくさんありますが

本当に行ってよかった!と心の底から思える研修でした。

NUSとの交流や陸上競技を通しての海外研修は

他の大学では味わえないような貴重な体験なので

大阪国際大学に入学して本当によかったと思います。

この経験を生かして人間力、競技力共に向上していけるよう

これからの勉強、練習などを頑張っていきたいと思います。

以上一回生の関西薫でした。(*'ω'*)

第85回日本学生陸上競技対校選手権大会2016.09.29

こんにちは!

全日本インカレ100mに出場しました、短距離ブロック4回生の三ツ田波美です!\(^o^)

92.3.4日に埼玉県熊谷市で全日本インカレがありました!

大阪国際大学陸上競技部からは男子1名、女子4名の計5名が出場してきました。

サポートとして1名が参加し、お忙しい中、小倉監督も3日間来てくださいました!!

私の結果は、12.86とベストには程遠い記録でした...

自分自身の全カレまでの過ごし方、試合までのモチベーションの上げ方が足りなかったと感じています。

レースでは思うようなレース展開ができず、本来の自分の走りができませんでした。

ですが中学、高校のときには近畿大会にさえも出場できなかった私が、

ずっと全国大会に出場したいと大きく掲げた目標を達成できたことは本当に大きな自信となり、全カレの舞台でも堂々とアップもでき、すごく楽しめた試合だったので後悔はしていません!自分自身結果には出ていなく、全国で活躍できるような選手ではありませんが、

1つの目標達成に向かってひたすら走り続けること、応援してくれる仲間や先輩後輩、支えてくれる家族、そしてお忙しい中でもアップに付き添いギリギリまで声をかけてくださる小倉先生がいること、たくさんの人たちの支えがあったからこそここまで来れたことを改めて実感できた試合でした!!

残りの種目別大会に向け、笑って引退できるよう全力で頑張っていきたいと思います!

応援ありがとうございました!!

8888.jpg

それでは出場した選手からコメントを頂いているので紹介していきます!

【太田 綾佳 100mH 4回生】

100mHに出場させて頂きました4回生の太田です。
私にとってラストのインカレでしたが記録は満足行くものではありませんでした。
しかし悔しい気持ちもたくさんありましたがもっと上に行きたいと走り終わって更に思える大会でした。
今回私に勝った人達、その人達に次のレースでは勝ちたい!と強く思いました。
1
年間この大会に向けて取り組んできて、最後の最後技術などを磨き上げることができず、
課題も全く改善出来ていませんでした。去年と、全く変わらない記録となってしまいましたが大阪国際の代表として頑張ってこいと言われる嬉しさ、忙しい中でも小倉監督に見にきて頂ける喜びを改めて実感出来た大会となりました。

残り数少ない大会でどこまでベストパフォーマンスを出せるか
悔いが残らない様に精一杯取り組んでいきます。

応援よろしくお願いします!!!!

100mH 宮前 里帆 2回生】

こんにちは。2回生短距離ブロックの宮前里帆です。
全日本インカレでは、当日のアップの動きも考えもいつもと同じ感じでタイムも13秒台を狙っていたのですが、全国という舞台で圧倒されてしまったのか、スタートしてみると思うように走れず自分らしいレースが全くできませんでした。普段通り走っていれば次のラウンドに繋がったのですがそれができなくてまだまだ弱いと感じる試合でした。応援ありがとうございました。

【走高跳 濱津 麻愛 3回生】

こんにちは!

走高跳に出場させていただきました

跳躍ブロック3回生の濱津です^^

今回の結果は1m709位でした。

自分の弱いところと練習の取り組みが素直に出た試合だったなと感じました。
勝たなければいけない試合でもう少し〇〇しとけば良かった など

という後悔はするものではないと思いますが、逆に、負けたからこそ、

もっと努力を重ねなければいけないことやまだまだやれるのだという期待が身に染みて
わかりました。ここで勝ちたい、ここで喜びたい。

自分1人ではなく、大阪国際大学陸上競技部全員でそんな気持ちを持って、

この大学対校の1番大きな大会で入賞を目指して日々の練習も高めあっていけたらと思います。

応援ありがとうございました。


999.jpg 

【走高跳 下元 龍也 1回生】

今回、大学での初めての全国大会でした。
この試合に向けて全国大会だからといって特に特別な調整はしていませんでした。いつも通りの調整を行いあまり自分にプレッシャーを与えないようにしていきました。
しかし、いざ舞台に立ってみるといつもとは違う雰囲気で圧倒されてしまいました。
結果は記録なかったのですが、強い選手との技術の差などと色々なことが得れたと思っています。
来年も出れるので、来年は記録をだしてすこしでも満足できる結果を残していきたいと思います。


557.jpg

以上が出場選手全員からのコメントです!

今年は全部の回生から全日本インカレという舞台に出場することができました。

自分の納得のいくレース、跳躍ができた選手もできなかった選手もいますが、出場した選手全員が自分の目標を持っていたからこそ、ここまで来れたのだと思います。

私は今年で13年間続けてきた陸上競技があと1か月ほどで終わってしまいますが、最後の年に大きな舞台に立つことができすごく大きな自信と誇りになりました。

来年は今年より1人でも多く大阪国際大学陸上競技部から全日本インカレという大きな舞台に立ち、活躍してくれることを願っています!!

これからも応援よろしくお願いします!!!!!

333333.jpg


平成28年度 関西学生新人陸上競技選手権大会2016.09.29

こんにちは!(^^)!

2回生短距離ブロックの原田です!

98日(木)~99日(金)に関西学生新人陸上競技選手権大会がヤンマーフィールド長居で開催され、男子24名、女子13名が出場しました。

この大会は標準記録を突破した者が出場できる試合で大阪国際大学は他に大学に比べ数多くの選手が出場しました。

いつもの大会とは違い1回生と2回生だけの大会で全ブロックが入賞を目指し頑張りました。

自己ベストを更新した者や入賞した選手が数多くいて来月に開催される関西種目別や来シーズンに繋がるとても収穫のある大会でありました。

僕は400mと4×400Rに出場しました。

4×400Rでは決勝進出を目指しメンバー一丸となって頑張りました。

惜しくも決勝には上がれなかったのですがB決勝に残ることができました。

来月行なわれる関西種目別では個人の400m、4×400R2種目で自己ベスト更新、決勝進出を目標に小倉先生やコーチの方と今まで以上に積極的にコミュニケーションを取り、今の自分の課題を克服し良い結果を残したいと思います。

応援ありがとうございました。

vgf.jpg

それでは出場した選手からコメントを頂いているので紹介していきます!

100mに出場させていただきました1回生の石田です。

自分の得意なスタートダッシュをどうやってもっと上手く出れるかを考えて、あと走り方が跳ねる走りなのでジャンプ力をつける練習をしたり、体幹のトレーニングを行いました。

課題の出し方は動画を撮っていいとこ、悪いとこの両方をみていいところ残しつつ、悪い所を直す感じで自分だけみても見つける所が少ないので先輩とか同期に見てもらってアドバイスとかもらったりしました。

これからも頑張っていきますので応援よろしくお願いします。

188.jpg

800mに出場しました2回生の美濃です。調子が悪いながらも5位に入賞することができました。1日で3レースという過酷な試合になりましたが、チームメイトの応援にも助けられました。ですが、この結果では満足できません。来月にある種目別では表彰台に立てるよう、しっかり準備をして挑みたいと思います。

応援ありがとうございました。

8778.jpg

走幅跳に出場させて頂きました1回生の服部です。

今回の新人戦を通して、技術面だけでなく精神面の弱さが全面にでてしまった試合でしたが課題もたくさん見つけることができ自分を見つめ直すものになりました。

これからに繋げられる収穫ができたいい2日間になったと思います。

来年もう一度あるので、まずは出場そして今回達成できなかった自己ベスト更新を目標に

また日々練習を積んでいきたいと思います。

応援ありがとうございました。

1.jpg

以上が出場選手全員からのコメントです!

今大会で自己ベスト更新者、入賞者が数多くいて、チームとしてはとても収穫のあった大会でありました。

これからも大阪国際大学陸上部が1部昇格を目指してその中で選手一人一人が個々の目標達成に向かって日々、練習に取り組んで参りたいと思います。

これからも応援よろしくお願いします。

第84回近畿陸上競技選手権大会2016.09.05

こんにちはー(#^.^#)

跳躍ブロック3回生の濱津です。

827日(土)~28日(日)に、滋賀県で行われた近畿陸上競技選手権大会に

大阪府代表の近藤佑樹(4)と兵庫県代表の下元龍也(1)と奈良県代表の大神正己(1)が男子走高跳、大阪府代表の濱津麻愛(3)が女子走高跳、大阪府代表の本校のコーチでもある黒田章裕コーチと京都府代表の丸山昱(2)が男子砲丸投、丸山昱は男子円盤投にも!!

和歌山県代表の宮前里帆(2)が女子100H京都府代表の三田紗也菜(2)が女子棒高跳に出場してきました◎◎◎

その中でも初日の27日に走高跳に出場した1回生の下元龍也は

自己ベストよりは少し低いですが205を跳び 見事 第2位に・・・ヽ(^^)ノ♪

近畿選手権2016.png

続いて100Hに出場した2回生の宮前里帆もこれまた

自己ベストよりは少し低いですが1401で 第2位に・・・ヽ(^^)ノ♪

近畿2.png

そして、2日目の28日に走高跳に出場した3回生の私・・・

濱津麻愛は173の大学ベストを更新し、第3位に・・・入賞しました☆★☆★!!!!

今大会は、各都道府県選で6位以内に入った選手のみが出場できる近畿大会で、

選手は大学生だけでなく、中学生から一般までが出場可能・・・。

さらに、持ち記録が日本選手権のB標準を突破している者であれば

3位以内に入賞することにより、来年の日本選手権への切符を

手にすることができるというすごく大事な大会でした(;_:)/

下元の自己ベストは 215(日本選手権B標準)

宮前の自己ベストは 1391(日本選手権B標準)

・・・と、いうことは????

日本選手権B標準を突破している、かつ、今大会第2位に入賞した下元と宮前は、

来年、標準記録があがらなければ・・・

来年の日本選手権へ出場することができます\(o)!!!!!

それから私濱津は、今大会で日本選手権B標準を跳ぶことができ、

3位に入賞することができたので、同じく

来年、標準記録があがらなければ・・・

来年の日本選手権へ出場することができます(T_T)/

ただ、今大会は悪いところがたくさんでた大会でした。

試合で悪いところがたくさんでるというのは練習が不十分だったことと

自己分析がまだまだできていないということなので

またしっかりと自分を分析して来年に繋げるように頑張ります***

近畿3.png

「日本選手権は他の全国大会とは比べ物にならない。」

日本選手権へ何人もの選手を出場させ、入賞まで導いている

小倉監督のお言葉はいつも心に響いていました。

まずは、そんな大きな舞台の切符を手にすることができたことを素直に喜びます。

そしてそんな大きな舞台へは出場するだけでなく、記録を残し、上位入賞

できるように小倉監督とコミュニケーションをとりながらヒントを得て、

課題克服に努めます。

それでは最後に日本選手権B標準を突破、かつ、今大会第2位に入賞した

宮前と下元からのコメントです(#^.^#)どうぞっ*

こんにちは(*^^)v

短距離ブロック2回生の宮前里帆です!

今回の大会で3人も日本選手権の切符をつかむことができたのがすごく印象的で嬉しかったです(#^.^#)

いつもは遅れてしまうスタートが、珍しく遅れずにいけたのですが、

他の選手に比べると、まだまだでスタートが遅いので、一番の課題だと考えます。

予選では国際大学の姿をみつけることができなかったのですが、決勝ではスタートラインに立った時に見つけることができたので、より一層頑張ろうという気持ちが湧いてき、仲間の大切さを改めて実感できた大会になりました。応援ありがとうございました。2度目の13秒台とはいきませんでしたが、92日~4日に行われる全日本インカレでは出したいと思います\(o)/!応援よろしくおねがいします♪P

跳躍ブロック1回生の下元です。

近畿選手権は、記録を狙うというよりも日本選手権へ出場するための

切符が欲しくて3位以内に入ることだけを考えて取り組んでいました。

初めは助走も合わず、3位までに入れないのではないかと

不安でしたが、ポイントを絞って205に挑戦すると跳ぶことができて、

2位に入ることができました。助走が合わないということはまだまだ練習が

足りていないということなので、もっとたくさん跳躍練習を増やしていきます。

応援よろしくお願いいたします。

跳躍ブロック3回生 人間健康科学科 濱津麻愛


守口市花火大会のボランティア2016.09.03

こんにちは。一回生の樽井です!

平成28年8月28日(日)に守口市市制施行70周年を記念して、花火大会が淀川河川敷(豊里大橋~鳥飼大橋)にて行われました。陸上競技部10名で支援活動をしました。

主な内容は誘導チラシ配りゴミ箱のメンテナンスを行いました。

守口1.jpg

ある程度誘導が落ち着くと、辺りは暗くなって花火が打ち上がる時間になりました。僕たち陸上競技部も夜空に咲く花火を眺めていました☆

打ち上げ場所からかなり近い場所で見る事ができ、とても迫力がありました(*´ω`)

花火がすべて打ち上げ終わると、最後に誘導やゴミ拾いを行いました。

守口3.jpg

今回の支援活動を通して、イベントを運営する上でボランティアの存在、警備員の方々やスタッフの方々のおかげで成り立っていると実感し、普段から感謝の気持ちを持って取り組む事が大事だと思いました!とても有意義な時間を過ごせました!



カレンダー

2018年4
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

アーカイブ