クラブブログ

陸上競技部

第86回日本学生陸上競技対校選手権大会
2017.09.30

こんにちは!

跳躍ブロック2回生の下元龍也です!

98日〜910日に福井運動公園陸上競技場にて、第86回日本学生陸上競技対校選手権大会が行われました。本学からは、男子8名、女子2名が出場し、女子走高跳において、濱津麻愛先輩(人間健康科 4)1m753位入賞と良い成績を収めました。尚、女子走高跳において、歴代の先輩方に続いて3人目の入賞を果たし、3位は、過去1番順位が良いです。

全国1.png

ここからは出場された4名の選手からコメント頂きます!

最初は僕からです。

今回、全日本インカレは走高跳で二度目の出場となりました!

結果は、自己ベストの2m15に及ばず自分の思うような結果にならなかったのですが、日本選手権に続き開始の高さ2051度目で跳ぶことができとても嬉しく思ってます!

全国の舞台で記録が安定してきているのは、去年から小倉先生とのコミュニケーションが、増えてきており大切なポイントを教えて頂いたり、競技中のアドバイスを頂く事が多くなりました。来年も参加標準記録を突破して入賞するため、この冬練習を積んで3回生、4回生でも出場して入賞を狙って頑張っていきたいと思ってます!

応援ありがとうございました!

こんにちは(^^)

女子走高跳に出場させていただきました、跳躍ブロック4回生濱津麻愛です。

本大会は自己記録タイとなる1m75を跳び、第3位に入賞することができました!

高校3年生のときに交通事故に遭ってから遭う前の跳躍は全くできず、辛い日々でした。

大学のコンセプトとしている基本動作もなかなか習得できなかったのですが小倉先生にみて頂いたりポイントを教わるなどコミュニケーションを取りながらとことん追求しました。

コミュニュケーションを取り続けて3年目に入った時には、自分のしたい動作ができるようになっていたり、先生の考えと自分の考えが合うようになっていました。

もがきながらも記録もすごく安定していました。

そして4回生。

最後の年の春だったのですが、踏切時に怪我をしてしまいました。

跳躍練習はほとんどできず、不安を抱えながら本大会を迎えましたが、今まで先生とコミュニケーションを取りながら調整してきたので「絶対に跳べるよ」と言って頂けて落ち着いて競技に挑むことができました( ¨̮ )

最後の全日本インカレで表彰台に立てたことや不安と悩み事を乗り越えられたことで得た喜びはとても大きな物でした。

このことを自分だけで留めるのではなく、後輩たちに伝えて、後輩たちが今年よりもいい成績を残せるようにしていきます。

応援ありがとうございました!

全国2.jpg

全国3.jpg

こんにちは短距離ブロック3回生宮前里帆です!

今回全日本インカレに100mHで出場しました。

結果は14"27で予選落ちでした。準決勝に残れるはずだったのですが、持っている実力を発揮することができず悔しい結果となりました。緊張や身体の調子からしても悪く、初めて感じる試合で思い通りにいきませんでした。これからは安定して13秒台を出して行きたいと思います。応援ありがとうございました。

全国4.jpg

短距離ブロック3回生池田祥樹です。

初めての全日本インカレ出場ということもあり緊張していましたが、国際のみんなが応援に駆けつけてくれたこともあり思い切って走ることが出来ました!

しかし結果は予選敗退、力の差を見せつけられる結果になりましたが僕はまだあと一年あるので今回得た課題を活かし、来年の全日本インカレでは表彰台に上がれるように練習していきたいと思います。

全国5.jpg

こんにちは

短距離ブロック1回生井筒錬です。4×100mリレーの1走を走らさせていただきました。1回生から全国大会を出場することが出来とても良い経験が出来ました!

結果は自身のスタートで直ぐに起き上がってしまい、20mまで上手く加速出来なかった事が自分自身の課題だと感じ、今後に繋られるレースでした。

来年は、個人種目の100mで出場できるように練習を頑張っていきたいと思います。

  • 全国6.jpg


次の記事へ

一覧へ戻る

次の記事へ

カレンダー

2017年11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

アーカイブ