クラブブログ

陸上競技部

21st新体制発表
2018.12.25

こんにちは!

12月17日に21期生新体制発表をさせていただきました。

新体制発表とは、日本インカレから本格的に

小倉監督やコーチと21期でミーティングを重ね、

方針、組織図(役職・4ブロック・7委員会)、

年間の期分け、ブロック長におけるスポーツフォーム達成へのプロセスを

パワーポイントで発表します。

みんな.jpg

方針図.jpg

第21期主将・短距離ブロック長を務めさせて頂きます、北川慎一郎です。

今回のテーマは『凌駕~sky the limit~』です。

主将に相応しい行動や言動が出来るよう1年間日々成長していきます。

行動だけでなく練習メニューやボランティア活動に積極的に

取り組む事によってどうなるのかを部員に伝え、

チーム一丸になり最高の陸上競技部を作り上げます。

私達の代では、自己分析に力を入れており

動作分析、フィットネス計測、CT、リアクティブ指数ジャンプ、インボディーなど

実施することで自己分析をし、他者との比較もでき、目標を明確に持てます。

主将として責任感を持って取り組む事で

自分の競技力と人間力の向上

競技性や人間性を成長させる為に

練習は本気で取り組み、指導支援ボランティアは率先して参加します。

短距離としては、今年度は特にバウンディングをすることで大きな身体動作の獲得

シザース動作を獲得することで二次加速の獲得を目指します。

アスリートとしてスポーツフォームを達成し、

自己実現を目指して有終の美を飾って終えられるよう頑張ります。

一年間よろしくお願い致します。

慎一郎 PP.jpg

こんにちは!!

第21期副主将を務めさせて頂きます跳躍ブロックの奥澤瑠珠です。

主将のサポートをするだけでなく、

女子副主将として男子が1部に昇格した勢いに女子も乗れるよう、

女子をまとめていきたいと思います。

特に女子の課題としているフィットネス測定の徹底、

自己分析を行うことで関西インカレ13位を目指します。

新体制発表をさせて頂いたことにより、

更に自覚と責任ができました。

気を引き締めて1年間頑張ります。

こんにちは!!

第21期副主将・投擲ブロック長を務めさせて頂きます望月新吾ウィリスです。

主将のサポートをするだけでなく、

先生・コーチ陣とのコニュニケーションを大切にしていき、

部員全員が競技力と人間力の向上ができるように活動していきます!

副主将という自覚をしっかりと持ち、

常に主将とともに部員を引っ張っていけるように

心がけ自分自身の競技力の向上を目指していきたいと思います!

そして、投擲ブロックでは目標としている、

日本インカレ・西日本インカレ・関西インカレ全種目出場、

自己ベスト更新を達成できるように

特に、投擲4種の知識の共通理解と動作分析に力を入れ

投擲ブロック一丸となって頑張りたいと思います!

21期跳躍ブロック長を務めさせていただきます宇山侑希です。

私は跳躍ブロックを試合等で

一番活躍するブロックにできるようにしたいと考えています。

昨年も関西インカレ一部昇格に一番貢献したブロックですが、

全日本インカレに出場した人数では他ブロックに劣っているので、

そのような面でも私が引っ張っていきたいなと思います。

跳躍ブロックでは特に助走に活かせるスピードをつけるため、

スプリント練習の強化、跳躍練習・跳躍ドリルの徹底、

期分け毎にミーティングを行うとこに力を入れたいと思います。

最高学年になるという自覚を持ち、

競技で引っ張って行けるようなブロック長になれるように

頑張っていきます。

21期中長距離のブロック長を務めさせていただきます樽井勇佑です。

目標は「関西インカレの全種目出場」・「駅伝の出場」・「自己ベストの更新」です。

今年、男子は1部に昇格しました。

現在個人の記録では、出場出来るのは男子2名しかいません。

したがって出場者を1人でも増やす事を重点的に考えています。

男子は人数が増えて盛り上がって来たので、

「丹後大学駅伝」に向けて取り組もうと考えています。

その為には各学校上位8名の10000mの記録が必要であり、

それに向けて10000mに出場して行きます。

男女両駅伝出場は大阪国際大学初めてになるので

新たな1歩として取り組みたいです。

1年間頑張って行きます。


次の記事へ

一覧へ戻る

次の記事へ

カレンダー

2019年3
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

アーカイブ