クラブブログ

陸上競技部

第6回海外セミナー
2019.03.18

こんにちは

短距離ブロック1回生本西です。

35日(火)本大学にて

課外教育センター・スポーツ行動学科共催

6回海外セミナー「台湾の研究者からみた、

スポーツをささえるからだのしくみ3

が行われ、私たちも参加してきました。

この海外セミナーには女子サッカー部、

女子バレーボール部、女子ソフトボール部も参加していました。

暑さや湿度の変化にも対応できる施設でトレーニングすることにより

温度、湿度が高い県や国外でも慣れているので

自分のパフォーマンスが発揮できるようになります。

暑さに適応できる期間としては、

2週間連続で運動する方が良いが、

連続で運動するのは、

疲労も溜まりパフォーマンスが下がってしまうので

1日休暇を取るのも大切だとおっしゃっていました。

しかし、2日間休暇を取ってしまうと適応していたものが

下がってしまうともおっしゃっていました。

この海外セミナーには、

日本学術振興会外国人特別研究員のDr.Tze-Huan Leiさんが

シンポジストとして参加していただきました。

神戸大学大学院人間発達環境学研究科・国際人間科学部教授の近藤徳彦先生と大阪国際大学人間科学部スポーツ行動学科教授の井上芳光先生が

コーディネーターとして

今回のシンポジウムが開かれました。

自分の最高のパフォーマンスを試合などでも出せないので、

どのようにしたら夏の暑い環境に慣れるのか

という話をしていただいたので、

今後の試合に向けて調整していきたいと思いました。

それでは、このシンポジウムに参加していた陸上競技部員数名から

感想をいただきたいと思います!

海外1.jpg

こんにちは。2回生の藤井です。

前回の海外セミナーのお話がとても興味深いものだったので、

今年の海外セミナーも楽しみにしていました。

気温への身体の慣らしかたなどとてもためになる話を聞けてよかったです。

海外2.jpg

こんにちは。短距離ブロック1回生濱田皓祐です。

今回、初めて海外セミナーへ参加させて頂きました。

暑さに慣れることで、パフォーマンスの向上を図ることができると知り、

これから始まるシーズンに向けて暑さ対策などの面でとても参考になりました。

とても貴重な経験ができたと思います。

3海外.jpg


次の記事へ

一覧へ戻る

次の記事へ

カレンダー

2019年7
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

アーカイブ