クラブブログ

陸上競技部

C・T(コントロール・テスト) 「T&F」
2020.12.11

こんにちは。

3回生の短距離ブロックの秋本紫苑です。

大阪国際大学ではパフォーマンスの要因を知るために、

自己分析として、

毎月、体重・体脂肪率・筋肉量などをInBody(高精度体成分分析装置)で計測し、

定期的に、C・T(コントロール・テスト)RJ(リバウンドジャンプ)パワーマックス

ハイスピードカメラを使いピッチやストライドを測る動作分析を行っています。

CTブログ1.jpgCTブログ2.jpg

CTは、陸上競技における必要な体力要素を測定し、

自分のパフォーマンスの確認や分析をすることで

自分の長所・短所を見つけることを目的としています。

さらに、CTそのものがトレーニングなのです!

陸上競技に必要とされる体力要素は、

筋力、スピード、持久力、パワー、スピード持久力、

筋持久力、パワー持久力が必要とされています。

CTブログ3.jpg

体力要素を測る種目が

スプリント種目(スピード・スピード持久力)

⇒S.D20m・A.D30m・100m・300m

ディスタンス種目(持久力)

⇒600m・1000m

跳躍種目(筋力・パワー)

⇒垂直跳・立幅跳・立五段跳・走五段跳

ウエイト種目(筋力・パワー)

⇒ベンチプレス・ハイクリーン・スクワット

バウンディング種目(パワー・パワー持久力)

⇒30m・70m・200m

ストレッチ種目(柔軟性)

⇒長座体前屈・上体反らし

メディシンボール種目(パワー)

⇒Over・Back・Front

CTブログ4.jpgCTブログ5.jpg

パワーマックス(PM)には、

無酸素パワーテストとウィンゲートテストの2つがあります。

無酸素パワーテストでは、

無酸素最大パワーの測定とハイパワートレーニング、

ミドルパワートレーニングのための

各個人にもっとも効果的なトレーニング強度の算出を行うことができます。

ウィンゲートテストでは、

乳酸性最大無酸素パワーを測定するテストのことで、

一定時間の負荷で一定の時間(30秒)を最大努力で運動するオールアウトテストです。

CTブログ6.jpg


次の記事へ

一覧へ戻る

カレンダー

2020年12
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

アーカイブ