クラブブログ

陸上競技部

3

関西学生陸上競技チャンピオンシップ OIU T&F~result~2021.05.29

4回生 主将の尾上公太です。

5月20日(木)〜24日(日)にたけびしスタジアム京都で開催された

関西学生陸上競技チャンピオンシップに出場しました。

本来であれば関西ICが開催される予定でしたが、コロナ禍の影響で延期になり、

その代替として日本ICの参加標準記録突破を目指す大会として開催されました。

OIU全体の結果は、男子4×400mRと4名が日本IC参加標準記録突破

6名が入賞8名が自己ベスト更新しました。

小倉先生が選手達に的確にアドバイスをして下さったおかげで、

コロナ禍の限られた練習の中、これだけの成果を出すことが出来ました。

CS.jpgのサムネイル画像のサムネイル画像

私は、100m、200m、4×100mRに出場させて頂きました。

今大会までに、腕振りを大きく振るなどの意識付けをし、

二次加速の強化を意識し練習に取り組んできました。

結果は、100m、200m共に準決勝敗退でしたが、

100m予選では10″74の高校から4年ぶりとなる自己ベスト更新をすることが出来ました。

今後は、日本IC参加標準記録突破や関西ICでの上位入賞を目指し、

今ある課題に取り組んでいきます。

CS2.jpgのサムネイル画像 CS3.jpgのサムネイル画像

4回生 女子主将の根津明日香です。

今回、女子ブロックからは、個人種目8名と4×100mRに出場しました。

結果は、走高跳で新村が1m60 で4位入賞しました!

今回の関西学生チャンピオンシップは女子の出場者が少なかったのですが、

今後の試合で1人でも多く関西インカレの標準記録を突破し、

女子も勢いをつけて戦いたいです!

CS4.jpg

私は、100m、4×100mRに出場させて頂きました。

悪天候でのレースでしたが、

これまで小倉先生に直接ご指導頂いたことを実践し、

落ち着いてレースに挑めました。

あと一歩のところで準決勝進出を逃してしまい、

詰めの甘さを体感しました。

今後の試合で12"15である日本インカレの

B標準記録を突破できるように、

また、関西インカレの決勝ラウンドを目指し、

今ある課題に取り組んでいきます。

このような状況下でも試合に出場し、

競技ができることの感謝の気持ちを忘れずに、

今後も陸上競技部独自の感染予防対策を徹底して取り組んでいきます。

CS5.jpg

4回生中長距離ブロックの河内崚です。

3000mSCに出場させていただきました。

結果は9'10"09と自己ベストを更新して優勝する事ができ、

日本インカレの出場権も獲得する事ができました。

コロナ禍の影響により思うように練習をすることが出来なかったですが、

今まで行ってきた練習の成果を発揮することができて良かったです。

試合に向けて練習環境や出場の機会を作って下さった、

監督やコーチをはじめ、

陸上競技部の自分に関わってくださった方に改めて感謝を感じました。

日本インカレでは自己ベストを更新して入賞に絡めるようにより一層、練習に励みます。

CS6.jpg CS7.jpg

こんにちは。

4回生跳躍ブロックの村田秀太です。

三段跳に出場させていただきました。

結果は15m19(+0.7)の自己ベストで優勝し、

日本ICのC標準での出場資格を得ることができました。

結果だけ見ると、高校生ぶりのタイトルの獲得、

2019年の大阪インカレぶりの自己ベストの更新と素直に喜べる所もありますが、

今大会では記録がまだまだ狙える感じではあったので、

心の底から喜びきれない結果となってしまいました。

今大会の試合を踏まえての課題点として、

「スプリントの向上」「身体の中心から動く跳躍」の2点を重視して、

今後の練習で取り組んでいき、

これからの試合でも順位や記録にこだわっていきたいと思います。

CS8.jpg CS9.jpg

こんにちは!

4回生跳躍ブロックの新村愛里です!

走高跳に出場させていただきました。

記録は1m60で4位でした。

今大会での目標は自己ベスト1m72を更新して優勝することでしたが、

その目標は叶いませんでした。

自分の弱さ、甘さを痛感した試合になりました。

どんな状況でも変わらない助走や跳躍をする力が必要だと改めて感じました。

また、このような社会状況の中試合に出場できること、

競技ができることを1番に感謝し、

次の試合である、日本学生個人選手権に向けて練習に励み、

入賞できるように頑張っていきます。

CS10.jpg

こんにちは!

4回生投擲ブロックの最所永遠です。

砲丸投に出場させていただきました。

結果は14m37cmを投げて自己ベストを更新し、

4位で入賞することができました。

自己ベストを更新するこが出来ました。

少し雨が降っていてサークルが濡れていましたが、

練習投からしっかりと落ち着いて投げることができ、

1本目から14mを超える投げが続き、

今回の試合の目標を達成することができました。

今回の試合を通して他の選手と比較すると

グライドのスピードが遅いのとパワーが不足していると感じました。

今後も限られた練習時間の中でしっかりと課題と向き合い積み重ねていき

15mを投げ日本インカレに出場したいと考えています。

CS11.jpg

こんにちは!

3回生跳躍ブロックの野村元将です。

棒高跳びに出場させて頂きました。

まず、このような状況下で開催して頂き、大会主催者の方、補助員の方、

そして、小倉監督、コーチ陣の皆様へ感謝の気持ちで一杯です。

今大会では、5m10を跳び自己ベスト更新

日本インカレ参加標準突破することができました。

昨シーズンはコロナウイルスの関係で試合に出場ができませんでしたが、

その期間を逆に活かし、基礎練習から取り組むことで基礎体力を上げることでき、

結果に繋がったと考えています。

私自身が自己ベスト更新できたのも、

小倉監督やコーチ陣、そして上回生の方々のサポートがあったからです。

今大会を期に、より良い記録を狙えるよう頑張りますので、応援の程宜しくお願いします

CS12.jpg

こんにちは。

3回生短距離ブロックの福田悠翔です。

400mと4×400mRに出場しました。

400mでは48"68で自己ベストを更新することができ、

関西インカレA標準を突破することができました。

昨年から課題にしていたスタートからの一次加速が自主練習によって良くなり、

前半にリラックスしてスピードに乗れるようになったので

自己ベストに繋がったと考えています。

B決勝ではそのレースができずに記録も良くありませんでしたが、

新たな課題が見つかったので、これからの練習で克服していきたいです。

このような状況の中、サポートしてくださった方々に感謝し、

これからも練習に励みたいです。

CS13.jpg

こんにちは

3回生跳躍ブロックの宅間泰河です。

走高跳に出場させていただきました。

記録は2m10cmの自己ベストで2に入賞しました!

自己ベスト更新、日本インカレ参加標準突破する事ができました。

前回出場した奈良県選手権大会で優勝したのですが、

2m03cmしか跳ぶことができなく、

悔しい思いをした為、

今回の試合では必ず2m10cmを跳ぶという強い想いがあり、

練習では自分が2m10cmを跳躍するイメージをつくっていました。

次にある西日本インカレに向け

2m10cm以上の跳躍ができるように

練習内で跳躍イメージをつくっていきたいと思います。

CS14.jpg

こんにちは。

2回生短距離ブロックの加治木悠真です。

400mと4×400mRに出場させていただきました。

400mの予選で高校ぶりに49秒56の自己ベストを出すことができました。

4×400mRでも日本ICの参加標準には届きませんでしたが、

3分14秒19の狙える位置までタイムをもってくることができました。

内容としては僕自身、良くないレースではありましたが、

この良くない内容で自己ベスト、チームベストを出すことができたので

「もっと出せる」という自信にもつながった試合になりました。

今回の反省点や自信を活かし400mでは47秒台、

4×400mRでは日本ICの参加標準記録突破を目指して頑張りますので

応援よろしくお願いします!

CS15.jpg

こんにちは!

2回生短距離ブロックの郡山月花です。

今回はサポートメンバーとして参加させて頂きました。

現在このような状況下にも関わらず、

しっかりと結果を残した先輩方や同期にたくさんの刺激をもらい、

またこうして開催して頂いたおかげで強い選手の走りを目に焼き付けることが出来ました。

サポートとして動画撮影やラップタイムの計測を行いましたが、

日頃から監督が仰っている自己分析の大切さを改めて感じました。

今後、学校練習再開に伴い自分自身のモチベーションもさらに上げ、

先輩方のように輝けるよう頑張っていきます。

CS16.jpg

こんにちは!

2回生短距離ブロックの加藤真郷です。

3日目、4日目の大会運営補助員として

参加させていただきました。

今回割りあてられた補助員の内容は

選手の荷物の運搬競技場内に入る際のIDチェック

競技場の見回りがありました。

補助員をしていると競技を間近に見ることができ

自分自身勉強になることが多くありました。

この試合を開催していただいたことに感謝し、自分も早く大会に出場していけるよう

これからの練習に励みたいと思います。

CS17.jpgのサムネイル画像 CS18.jpg

奈良県選手権&石川県選手権   ~OIU T&F Results~2021.05.26

こんにちは!
4回生跳躍ブロック黒淵尚樹です。
5月4〜5日に奈良市鴻池陸上競技場で奈良県陸上競技選手権大会が行われました。
この大会は、小学生から一般までの奈良陸協登録者で参加標準記録を突破したものが出場できます。
大阪国際大学からは10名が出場し、

9名(女子は100m・400m・100mH・400mH・10000mw、男子は400mH・走幅跳・走高跳・三段跳)が近畿陸上選手権大会の出場権を獲得しました!!

それでは今回出場した何名かにコメントをいただきたいと思います。

こんにちは!
女子主将 4回生短距離ブロック根津明日香です。
今回の奈良県選手権では、100mに出場しました

結果は、予選 12"54 -1.9

決勝 12"39 +1.8
4位入賞、近畿選手権出場決定、自己ベスト更新することができました!

1写真.png2写真.png

予選から小倉先生にウォーミングアップでの動きを確認していただき、

自分自身の動きのズレを埋めていただいたことによって

ベストパフォーマンスを発揮でき、大幅にベストを更新することができました。

また、このような状況下ではありますが、奈良県選手権が無事に開催され、

出場できたことが何よりも嬉しく、感謝の気持ちでいっぱいです。
今後も感染予防対策を徹底した中でしっかり練習課題に取り組み、

全日本インカレのB標準である12"10を切れるよう、精進して参ります!

4回生跳躍ブロックの村田秀太です。
今回の奈良県選手権では走幅跳、三段跳に出場しました!
結果は走幅跳が6m93(+0.9)で5位、

三段跳は15m18(+2.1)で2位(公認14m57+0.6)で2種目とも近畿選手権出場を決めれました。

写真3.png写真4.png
2種目ともに助走から大きく身体を使ってその大きい動きのまま跳躍に繋げられていると実感してきているので、

この動きを無意識に自動化できるように、練習環境や時間は限られていますが、動きをものにしていき自分のプロセスを達成できるように頑張っていきたいと思います!

3回生跳躍ブロックの宅間です。
走高跳に出場しました。
結果は2m03cmを跳んで地元の奈良県選手権で初優勝することができました!

写真5.png写真6.png
雨が降っていたので、コンディションとしてはあまり良くなかったのですが、

雨の中で2m03cmを跳ぶことができて良かったです。

写真7.png写真8.png
普段の練習の時から小倉先生とコミュニケーションをとって助走や踏切を見てもらい、

踏切れる助走を意識して行ってきたので、

本番でも練習どおりに発揮できたことが優勝に繋がったと思います。
今回の試合で得た課題を改善していき、

次に出場する大会では自己ベストを更新したいと思います!

跳躍ブロック4回生の新村愛里です!
5月4日に石川県西部緑地公園陸上競技場で行われた

第82回石川県陸上競技選手権大会で走高跳に出場しました。
記録は1m72の自己ベストタイで2位でした。
本大会は国体一次予選会、北陸選手権大会、日本選手権に進む重要な大会でした。

目標としていた自己ベスト更新や優勝は叶いませんでしたが、

2位入賞と自己ベストタイ記録を出すことができ、北陸選手権大会出場権を獲得しました。

また、地元での試合ということで沢山の先生方から応援の声を頂くことができて幸せを感じました。

このような状況の中試合に出場できることや競技ができることを1番に感謝し、

今後も日本選手権標準突破や日本インカレで活躍できるように頑張っていきます。

写真9.png

第2回京都陸協記録会 OIU T&F ~result~2021.05.11

こんにちは!
短距離ブロック3回生の田崎奨真です。
4月25日にたけびしスタジアム京都で開催された
第二回京都陸協記録会に出場しました。
マスク着用など感染対策を徹底し試合に参加しました。
コロナ禍の影響で昨年、国際大はほとんどの試合に出場することが出来なかった為、
この記録会が関西ICの標準記録を切る最後の記録会ということもあり、沢山の選手が出場しました。
参加者は全員、検温やアルコール消毒を行いました。
試合の結果、関西インカレA標準突破者5名、B標準突破者8名、自己ベスト更新者3名出すことが出来ました!
この追い風に乗って、関西インカレに向けてチーム一丸となって頑張っていきます!
では、出場した選手のコメントを紹介します!
こんにちは!
3回生短距離ブロックの林原諒汰です。
まず、このような状況下でも、安全に練習できるよう環境を整えて、指導して下さったこと、
試合に出場できたことに小倉監督、コーチ、上回生の方々に感謝の気持ちです。
練習の際に1次加速、また2次加速の練習を重点的に行っていました。
その成果がまだまだではありますが、10秒98という自己ベストタイムを出すことが出来ました。
次の試合に向けて自分の課題を一つでも改善して、より良いタイムを狙えるよう頑張りますので応援よろしくお願いします!
B26C72EE-684F-408A-8C59-CCE63E55B5E2 (1).jpeg
こんにちは!
2回生短距離ブロックの杉田想一朗です。
レースでは思っていたより体が動き、10秒60と自己ベストを更新することができ自信もつきました。
周りの方々のアドバイスやサポートのおかげだと思っています。
何本走っても高タイムを出せるよう体力もつけていき、
まだまだシーズン始まったばかりなので怪我せず調子を上げていき、ベストを更新していきたいと思います。
9072BB58-FCE4-42CA-B0A2-5313AB66332B.jpeg
こんにちは!2回生跳躍ブロックの池田千紘です。
関西インカレの標準は自分の自己ベスト記録から見て難しくないのですが、とても緊張感のある試合になりました。
その中で関西インカレの標準記録を突破する事が出来たのはこれからの自信になりました。
関西インカレでは、自分がベスト記録を出せば大阪国際大学での棒高跳び1位、2位、3位が見えてくるので、
他の2人に置いてかれないように頑張ります。
1BFC1DB8-E939-4159-8FAE-F0AB1FA6C6F9.jpeg
こんにちは!
4回生投擲ブロックの瀬貝彩加です。
今回、砲丸投で出場させていただきました。
関西インカレの標準記録を切れる最後の大会でとても緊張しました
記録は10m07㎝で関西インカレB標準を切ることができました。
投げについては、1投目から標準を切る気持ちで投げましたが力んでしまい、
2投目からは標準を切るという気持ちではなく思い切って投げていこうという気持ちに変えて投げた結果、
標準を切ることができてとても嬉しかったです。
これからの目標は、今回は立ち投げで出場しましたがステップ投やグライドにも再挑戦して
関西インカレで自己ベストを出したいです。

AFE06C2D-2C8A-4628-B336-86ED37F7F798.jpeg

カレンダー

2022年9
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

アーカイブ