クラブブログ

陸上競技部

5

2021年度大阪陸協加入クラブ対抗競技大会~OIU T&F result~2021.09.30

こんにちは!

4回生広報委員の松井拓人(23期)です。

今回、9月20日に2021年度大阪陸協加入クラブ対抗競技大会が行われました。

この大会は、大阪陸協に加入しているクラブチームが出場することができ、

OB.OGチームである大阪国際ACが女子の部で12連覇もした大会です。

そして数年前から大学生も参加できるようになり、

毎年卒業生と現役生が交流をはかりながら出場しています。

今回、試合に出場した卒業生含める6名選手の中からコメントをいただきました!

こんにちは!

大阪国際大ACの糸谷優希(18期生)です!

今年の7月から石田(21期生)、北川(21期生)、井筒(22期)と共に

リレーでの近畿選手権出場を目標に本格的に競技を始めました!

私達もそうでしたが競技を引退してから大学の現役生をみて

あの時楽しくて刺激がある日常を過ごしていたと思う事が多々ありました。

なかなか仕事をしながら競技をするのは大変ですが、

社会人になっても本気で陸上が出来る事を体現して行きます!

今後ACとして現役が入りたいと思うチーム作りに尽力し、

今後さらに学生の支援まで出来るようチームを大きくしていきます。

現役のみなさん関西インカレ頑張って下ださい!!

影ながら応援しております。

さて、今回の試合では、100mに出場し記録は11"66でした。

レース内容としては、

スタートダッシュと1次加速は、練習通りに走れたので良かったです。

ですが、2次加速でおいていかれたので、

これからの練習でピッチを上げる感覚と繋ぎを滑らかにして行くことを意識していきます。

応援ありがとうございました。

糸谷さん100m.jpg

こんにちは!

3回生短距離ブロックの坂本龍星です。

今回は400mに出場しました。

記録は、49"03(49"13)と2年ぶりに自己ベストを更新することができました。

目標としていた関西インカレA標準の49"00を切ることができずに

悔しい結果となってしまいましたが、

自己ベストを出せたことは素直に嬉しく思います。

自己ベストを出せた理由は、

上肢と下肢の連動のタイミングが合ってきたことと、

以前と比べしっかりと膝があがるようになり、

地面に接地した際に無駄な力を使わずに反発をもらえるような

走りになってきたからだと思います。

しかし、まだまだスタートからの加速や

ラスト100mでは推進力を前に持っていけてないことが課題として残りました。

課題を克服することで、更なる記録向上していきたいと思います。

応援よろしくお願いします。

坂本400m.jpg

こんにちは!

2回生短距離ブロックの二井悠太です。

今回100mに出場し、記録は10"91(10"98)と自己ベストを更新する事ができました!

ベストが出たのは素直に嬉しいです。

最近のトレーニングで、走る時に必要な腸腰筋の筋トレを行うようになり、

走る時に脚を高い位置にもってこれる事ができ、

腕を大きくふる意識をしていたのが、今回の記録に繋がったと思います。

もっと記録を伸ばせるように練習を頑張りたいと思います。

応援よろしくお願い致します。

二井100m.jpg

こんにちは。

2回生短距離ブロックの前田朱音です。

今回は100mと4継に出場させていただきました。

記録は100mが12"91 、4継が50"20でした。

関西インカレA標準突破を目標としていましたが、

加速の繋ぎが悪く達成できませんでした。

4継は1.2回生だけのメンバーで出場し、2週間ほどバトン練習をしていましたが、

1人1人の走力不足で50"20というタイムで終わってしまいました。

100mではスタートが決まり、1次加速では体重移動をさせることができましたが、

苦手である2次加速への繋ぎを改善していきたいと思います。

応援よろしくお願いします。

前田 100m.jpg

こんにちは!

1回生跳躍ブロックの伊左治優斗です。

今回は、走幅跳に出場しました。

記録は6m23cmとシーズンベストを20cm更新することが出来ました。

この記録を出せた要因は、前回の学連記録会で見つかった課題である、

踏切時の膝が潰れ高さの出ない跳躍が、

今大会では改善出来たことによるものだと思います。

今大会で6m40cmを目標としていましたが、

この記録に少し届かない結果となりました。

しかし、今回の試合で新たな課題が見つかったので

また日々の練習で少しずつ改善していき、

来年の関西インカレ出場を目指し精進していきたいと思います。

応援ありがとうございました。

伊佐治 幅.jpg

こんにちは、

4回生投擲ブロックの最所永遠です。

今回、クラブ対抗に出場させて頂きました。

結果は14m35でした。

今回、落ち着いて投げることを意識し試合に臨みました。

初めは、グライドが浮き乱れてしまいましたが、

2本目から修正することができました。

2本目以降は落ち着いて投げることができたのですが、

砲丸の軌道が高すぎたと感じました。

1ヶ月後に関西インカレがあるので、

その関西インカレで優勝と大会記録更新をするため、

残り短い練習期間でパワー向上させるために

グライドのスピード練習を取り組みたいと考えています。

関西インカレで優勝報告が出来るように練習を頑張りたいと思います。

応援よろしくお願いします!

最所 砲丸投げ.jpg

天皇賜杯第90回日本学生陸上競技校選手権大会 ~OIU T&F result~    2021.09.27

こんにちは!

2回生広報委員の小川侑真です。

9月17〜19日に埼玉県・熊谷スポーツ文化公園陸上競技場において

天皇賜杯第90回日本学生陸上競技対校選手権大会が行われました。

本大会は日本学生陸上競技連合主催の全日本大学の対校選手権大会で、

高い標準記録を突破した一握りの選手しか出場することのできない大会です。

本学からは男子の4×100mR、4×400mR、3000mSC、三段跳、棒高跳、

男女の走高跳、女子400mの

8種目、計18名の過去最多出場となりました。

結果は、男子走高跳で3回生の宅間が2m10を跳び、初の5位入賞をしました。

こんにちは!

4回生短距離ブロックの井上雄揮です。

4×100mリレーに1走として出場させて頂きました。

まずは、この社会状況の中で開催されるのか危ぶまれる中でしたが、

感染対策を講じた上で無事開催して頂き感謝の気持ちでいっぱいです。

日本インカレに出場するのは、

4回生になり初めての事で緊張より楽しさが大きいレースとなりました。

記録としては、目標記録には届きませんでしたが、

チームのシーズンベストを更新する事ができました。

日本最高峰の選手と比べると個々の走力がまだまだ劣る部分を感じたので、

ここで満足する事なく10月に開催される関西インカレで優勝できるように

練習に取り組んで行きます。

応援よろしくお願いします

井上くん.jpg

こんにちは!

4回生短距離ブロックの尾上公太です。

今回4×100mリレーに出場させていただきました。

メンバーが井上雄揮(4)・尾上公太・辻中悠河(3)・山本稔太(2)で結果は41"17でした。

バトンが詰まってしまい、上手く繋がらない場面や個々の調子を合わせきれず、

目標としていた40"50を達成することが出来ませんでした。

練習では出来ていたバトンパスも、

全国の舞台で同じことをする難しさを知ることが出来た良い機会だったと

感じました。

約1ヶ月後にある関西インカレでは、

今回の悔しさをバネに良い結果に繋げれるよう頑張ります!

応援よろしくお願いします!

尾上くん.jpg

こんにちは!

3回生短距離ブロックの辻中悠河です。

今回4×100mリレーの3走として出場させていただきました。

記録は41"17で目標としていた記録には届かない残念な結果となりましたが、

初めての日本インカレでも程よい緊張感を保つことができ、

自分の走りをすることができました。

決勝に残っていた大学は、ウォーミングアップの時点でスピード感が違っていて、

自分たちとの実力の差を改めて感じました。

今のままでは来年は全国レベルの大会に出場できないため、

今回の反省点を改善し、

記録向上に向けて頑張りたいと思います。

応援、サポートありがとうございました。

辻中くん.jpg

こんにちは!

2回生短距離ブロックの山本稔太です。

今回の試合では4×100mリレーに出場し、4走として走らせていただきました

結果としては思うようなタイムは出ず、

とても悔しい結果に終わりました。

しかし、試合を通して、全国の雰囲気や緊張感、

全国レベル選手の行動などを見て、

たくさんの経験をすることができました。

これから自分がこの試合から得た経験を競技に活かして、

また来年この舞台に立って活躍できるように

これから競技を頑張っていこうと思います。

応援よろしくお願いします。

稔太.jpg

こんにちは!

4回生短距離ブロックの山本理貴です。

日本インカレの4×400mRに出場させて頂きました。

メンバーは山本理貴・加治木悠真(2)・福田悠翔(3)・坂本龍星(3)

結果は3"14"83の組8着でした。

私は今回1走を務めさせていただき、

自分がトップで必ず帰ってくるという気持ちを持って挑み、

これまで何があっても誰と走っても自分のレースをすることを考えて

取り組んできました。

それが国の舞台でトップで帰ってこれたことの結果だと思いました。

記録こそ悔しい気持ちはありますが、

まだまだこのメンバーに伸び代があると思える貴重な経験ができました。

また、10月に開催される関西インカレではこの悔しさを糧に

2部優勝と共に日本インカレの標準記録を突破し、

来年に繋げられるように

残り1ヶ月しっかりと取り組んでいきたいと思います。

応援してくださった方々、本当にありがとうございました。

理貴くん.jpg

こんにちは!

2回生短距離ブロック加治木悠真です。

今回、日本インカレで4×400mRに出場させていただいて、

レース内容としては自分の弱さを感じ、悔しい気持ちが多く残りましたが、

2回生でこの大学生の最高峰の大会を経験して戦うことができたのは

とても価値のあるものだと感じました。

来年、再来年もチャンスはあるので

今回の課題や経験を活かしてリレーだけでなく、

個人種目でも出場し、リベンジを果たせるように頑張ります。

応援ありがとうございました。

加治木くん.jpg

こんにちは!

3回生短距離ブロックの福田悠翔です。

日本インカレで4×400mR3を走らせていただきました。

中学校から陸上競技を始めて以来、

初めての全国大会で不安や緊張は少しありましたが、

走ることができてよかったです。

自分自身のレースとしては、前傾姿勢をとることができず、

バックストレートで後傾して体に力が入りすぎてしまい、

後半で大幅に失速してしまいました。

またチーム目標である3"12"30も切ることができなかったので

満足のいく結果とはなりませんでした。

日本インカレは1回生のときに先輩方の応援で観戦しましたが、

その時に「絶対に自分も出場する」という強い気持ちがあったので、

出場できたことは嬉しいですが結果を残せなかったことが悔しいです。

日本インカレで、走ることで良い経験となり、

それと同時に周りの強い大学との

差を改めて実感することのできる大会となりました

来年は出場するだけでなく結果を残せるようにしていきたいです。

そのために課題を克服し、まずは関西インカレに向けて取り組んでいきます。

応援ありがとうございました!

福田くん.jpg

こんにちは!

3回生短距離ブロックの坂本龍星です。

4×400mRに出場させていただきました。

新型コロナウイルス流行している中、日本インカレを開催するにあたって、

埼玉陸協、学連、補助員、監督、コーチのおかげで、

開催・出場することができたことに、心から感謝の気持ちでいっぱいです。

初めての日本インカレにリレーではありますが、

まずは出場出来たことに素直に嬉しい気持ちです。

チームとしては目標記録としていた、3'12"3を切ることができずに、

悔しい結果となってしまいました。

しかし、チームとしては「挑戦」「楽しむ」という気持ちは忘れずに

走ることができたと思います。

自分は4を走らせていただきました。

日本インカレで改めて自分のトップスピードが、

他の選手よりまだまだ高くないことを実感しました。

関西インカレに向けて良い経験になったので、

関西インカレでは目標記録の達成、優勝を目指して頑張りたいと思います。

応援ありがとうございました。

坂本くん.jpg

こんにちは!

2回生短距離ブロック吉識史央里です。

日本インカレで、400mに出場させていただきました。

結果は、DQ失格で終わってしまいました。

2年前の記録で出場できた日本インカレではありますが、

調子が上がってたのにも関わらず、記録も残せず悔しい気持ちでいっぱいです。

全国大会の周りのレベルの高さを改めて痛感したとともに、

試合の雰囲気や緊張感、結果を出している選手たちを

近くで見て得るものや感じるものが沢山ありました。

2回生で大きな舞台を経験できたこと、

コロナ禍の中でも競技ができていることに感謝を忘れず、

この経験をこれからの競技生活に活かしていきたいと思います。

私自身、まだまだ課題は沢山ありますが、

今回が最後の日本インカレにならないように目標を見失わず、

まずは今シーズン最後となる関西インカレに向けて頑張っていきたいと思います。

応援ありがとうございました。

吉識さん.jpg

こんにちは!

4回生跳躍ブロックの村田秀太です。

今回三段跳に出場し、結果は14m30でした。

陸上人生10年目の集大成に日本インカレに出場できた経験や機会は

とても大きいものでしたが、

そのチャンスを活かしきることができない結果となってしまいました。

ウォーミングアップの段階では、

身体が動いていて走れている感覚がありましたが、

その後ピットに入ってフリーの助走練習で

助走の中盤からスピードが上がってこない助走、

踏切からの跳躍につながる助走が全く出来ませんでした。

また、その修正点がフリー練習の時間内で修正出来ないまま

試技に入ってしまったことで、

1本目から記録を狙う跳躍が出来ず、

そのまま何も出来ずに終わってしまいました。

もう1ヶ月後には関西インカレが開催予定なので、

気持ちを切り替えて、

今大会の反省点を踏まえた練習に取り組んでいきたいと思います。

応援よろしくお願いします。

村田くん.jpg

こんにちは!

4回生跳躍ブロックの新村愛里です!

日本インカレ、走高跳に出場させていただきました。

記録はNM(記録なし)で終わってしまいました。

私はこの試合の為に今まで練習に励んできました。

調子が上がってきていたにも関わらず、

ベストパフォーマンスを発揮することができず、

不甲斐ない気持ちで一杯です。

直線助走から曲線助走に繋げることや躍動感がある動きが

今回はできていませんでした。

課題を修正できてきたはずが、

まだまだなのだと実感させられました。

悔しい気持ちがなくなることはありませんが、

3年連続全国大会に出場でき、

沢山の景色を見て沢山のことを感じることができました。

それは全て私にとっての宝物です。

去年に引き続き、このような社会状況の中試合に出場できること、

競技ができること、周りの人に支えられていることに感謝しております。

最後の試合である関西インカレに向けてしっかりと課題をまとめて、

気持ちを切り替えて頑張っていきます。

応援ありがとうございました。

新村さん.jpg

こんにちは!

3回生跳躍ブロックの宅間泰河です。

今回、走高跳に出場させていただきました。

日本インカレには初めての出場だったので、

自分の今まで練習してきたことを

大きな舞台でしっかりと発揮する事を考えていました。

結果は2m10cmで5位入賞することができました。

今回は2m15cmを目標とし、

試合では「丁寧な跳躍」をする事を課題としていました。

しかし、目標としては達成することができませんでしたが、

助走を開始してから踏切動作をするまでの動き、

1本1本に違いが出ることなく同じ動きができたので

「丁寧な跳躍」をすることは達成することができました。

課題を達成することができたのは、

日頃の練習で行なっている動きと学校独自のプレ練習をアップに取り入れ、

試合時に主観的な身体の調子と客観的な身体の調子の部分を

小倉先生とコミュニケーションをとりながら確認することができ、

身体の調子のズレを無くすことができた結果だと思います。

今回の結果を踏まえ、次の試合となる関西インカレに向けて

基礎的な動きとして腕の振りや脚の伸展動作などの動きを大切に取り組み、

基礎となる土台をつくりあげ、

今年の日本インカレA標準の2m13cmを跳びたいと思います。

応援よろしくお願いします。

宅間くん.jpg

こんにちは!

3回生跳躍ブロックの野村元将です。

日本インカレ3日目棒高跳に出場しました。

今回、日本インカレ初出場となり、緊張や不安はあって、

記録は良くありませんでしたが、

来年に生かせる貴重な経験をさせていただきました。

この経験を活かし来年の日本インカレでは入賞できるように頑張ります。

応援よろしくお願いします。

野村さん.jpg

こんにちは!

4回生中長ブロックの河内崚です。

3000mSCに出場させていただきました。

6月の個人選手権では7位に入賞してましたが、大会の前に怪我をしてしまい、出場を悩んでいました。

大学入学の時からずっと目標にしていた大会なので、

できる限りの治療とトレーニングで当日まで状態を確認して、

出場することに決めました。

出場したのですが、怪我のため途中棄権という結果になりました。

目標にしていた大会に出場できたので悔しさはありますが後悔はありません。

コロナ禍ではありますが、

監督、コーチをはじめ多くの方の協力があり出場できました。

ありがとうございました。

河内くん.jpg

天皇賜盃第90回日本学生陸上競技対校選手権大会(日本IC)に向けて 「OIU T&F events」2021.09.15

こんにちは!

3回生広報委員の宅間泰河です。

9月17〜19日に埼玉県・熊谷スポーツ文化公園陸上競技場において

第90回日本学生陸上競技対校選手権大会が行われます。

本大会は日本学生陸上競技連合主催の全日本大学の対校選手権大会で、

高い標準記録を突破した一握りの選手しか出場することのできない大会です。

Team OIUからは男子4×100mR(40"85)、男子4×400mR(3'14"19)、

男子3000mSC(河内 9'06"16)、男子三段跳(村田 15m19)、男子棒高跳(野村 5m10)、

走高跳(宅間 2m10、新村 1m77)、女子400(吉識 56"57)の

8種目、計18名の過去最多出場となります。

それでは、出場選手からの目標と意気込みです!

IMG_0269.jpeg IMG_0258.jpeg

こんにちは。4回生主将短距離ブロックの尾上公太です。

今回、日本インカレにて4×100mリレーに出場させていただきます。

今大会ではチームベスト39″90を目標に先ずは40″50を目指し、

チーム一丸となり頑張ります。

今大会に向けて、全員がしっかりと自分の加速を出来るように練習しました。

また、次走者が自分の加速がスムーズにできるような

アンダーハンドパスのバトン練習に時間をかけてきました。

全国大会に初出場の選手も多くいますが全員がベストパフォーマンスで挑み、

精一杯頑張りますので応援よろしくお願いします!!

IMG_0260.jpeg

こんにちは!4回生短距離ブロックの山本理貴です。

今回、日本インカレに4×400mRで出場させていただきます。

チームの目標記録として、

本来の日本インカレの標準記録である3'12"30を突破することです!

また、個人の目標としては今回初めての日本インカレですが、

4回生としてチームに勢いをつけられるように、

持ち味のスタートからしっかりと加速をして、

バックストレートでスピード感のあるレースをし、

周りに呑まれず落ち着いて冷静に、

全国の舞台を楽しんで走りたいと思います!応援よろしくお願いします!

IMG_0255.jpeg

中長距離ブロックの河内崚です。

日本インカレに3000mSCで出場させていただきます。

初出場で緊張もありますが、

今年6月に出場した個人選手権大会7のように、

堂々と自分らしい走りをして8分台を目標に入賞目指して頑張ります。

応援よろしくお願いします。

IMG_0254.jpeg

こんにちは!4回生跳躍ブロックの村田秀太です。

日本インカレ3日目の三段跳に出場します。

今回は自己ベストを更新し、

15m61のOIU記録を超えることを目標としています。

C標準の参加ですがチャレンジャー精神を持ち、

まず気持ちで負けないように試合に臨みたいと思います。

そして、今まで取り組んできた助走スピードを活かした跳躍を

今大会でパフォーマンスとしてしっかり発揮できるように頑張りたいと思います。

応援のほどよろしくお願いします。

IMG_0257.jpeg

こんにちは!3回生跳躍ブロックの野村元将です。

日本インカレの棒高跳に出場します。

今回、日本インカレ初出場となり緊張や不安はありますが、

今兼ね備えている力を全力で出し切り、

丁寧な跳躍を目指して、

自己ベスト更新出来るよう頑張ります。

応援よろしくお願いします。

IMG_0256.jpeg

こんにちは!3回生跳躍ブロックの宅間泰河です。

今回、日本インカレの走高跳に出場します。

目標は2m15cmを跳ぶことです。

今回日本インカレに初出場ということで緊張している部分もあるのですが、

日頃の練習で行っているトロッティングでの足裏の感覚と

助走時に足の伸展動作によるアクティブランディングを大切にし、

それらを試合時にも同じように発揮できるようにして

1本1本の助走と跳躍を丁寧に行い、入賞できるように頑張ります。

応援よろしくお願いします。

IMG-0342.jpg

跳躍ブロック4回生の新村愛里です!

日本インカレ、走高跳に出場させて頂きます。

大舞台で自分の力を発揮できるように今まで練習してきたことを信じて

自己ベスト更新、優勝目指して頑張ります。

このような社会状況の中ですが、試合に出場できることに感謝して

自分らしい躍動感ある跳躍ができるよう精一杯頑張ります。

応援のほど宜しくお願い致します。

IMG_0259.jpeg

こんにちは!2回生短距離ブロック吉識史央里です。

日本インカレ1日目の400mに出場させていただきます。

目標としては今回初めての日本インカレですが、

レベルの高い大きな舞台を経験できることに感謝して、

周りのペースに呑まれず前半から怖がらずに落ち着いて

余裕のあるレースができるように頑張ります。

応援よろしくお願いします。

2021関西学生新人陸上競技選手権大会& ディムライトリレーズ 〜OIU T&F result〜2021.09.14

こんにちは!

広報委員3回生の瀬長邦仁です。

9月2-3日に「2021関西学生新人陸上競技選手権大会兼2021ディムライトリレーズ」が

ヤンマーフィールド長居で開催されました。

この大会は参加標準記録を突破した1、2回生のみ出場できる大会ですが、

リレー種目は3、4回生も参加することができます。

今回、1日目は風が強く、2日目で一時は大雨警報が出るなど、

グランドコンディションの悪い中でしたが、

出場した選手計42名(男27名、女15名)は、

全体目標として、「出場者全員自己ベスト」と「関西インカレA標準突破」を

目標におき、試合にのぞみました。

結果としては、悔しいですが自己ベスト者、入賞者、

そして今回の試合で新しく関西インカレA標準を突破はかないませんでしたが、

今後の試合で更に目標達成に向けてチームで成長していきます。

そこで、出場した6名の選手にコメントをいただきました!

新人戦ディムライト.ミーティング.JPGのサムネイル画像

こんにちは、2回生短距離ブロックの山本稔太です!

今回は100mに出場しました。

結果は自己ベスト更新をすることはかないませんでしたが、

今大会の目標としていた決勝進出を達成

【決勝:11"09 (-2.2m) 決勝8位】することができました!

レース展開については、前半は大きくリラックスして出ることを意識して

そのまま後半に繋げるような走りを意識しました。

体の状態も天候もベストな条件ではない中で

今回のレースができたことは自信になったので、

今後はラウンドが上がるごとにタイムを上げられるように練習に取り組みます。

山本じん.jpg

こんにちは!

二回生短距離ブロック前田朱音です。

今回の新人戦では100m、200m、4継に出場させていただきました。

100mでは、小倉監督にブロックの押しが足りないと

アドバイスを頂いていたので、その部分を意識してレースに挑みました。

しかし、二次加速にうまくつながるレースができず納得のいくタイムが

出ずに悔しさが残りました。

200mでは、前半から積極的なレースをしたのですが、

カーブを抜けてから失速してしまったので、今後の課題だと考えています。

個人種目では、自分の走力のなさや技術面での未熟な部分がわかったので

関西インカレに向けて改善していきます。

4継では初めて納得のできるバトンパスができ、以前より良い記録が出ました。

ただ、目標としていた47"90の突破には届かなかったので、

一人一人の走力とバトン技術の習得を今以上に行うことで目標を達成します!

前田朱音.100m.jpg

こんにちは!

2回生短距離ブロックの加治木悠真です。

今回の試合は、上回生がいない唯一の試合ということもあり、

決勝進出にかける思いが強くありました。

今回は400mと4×400m Rに出場して

結果は、400m(B決勝49"52)B決勝で4位

4×400m R(3:16.03)タイムレース6位という結果でした。

個人種目のレース内容は、目標であったA決勝にも上がることができず

また、自己ベストも更新することができませんでした。

しかし、積極的なレース展開で流れを作ることができたのが

今後の試合に向けての自信に繋がりました。

マイルでは個々でベストパフォーマンスを発揮することができず、

日本インカレに向けての良いレースが出来なかったため、

日本インカレでは関東の強豪校がいる中の重圧やいつもと違うレース環境の中でも

ベストパフォーマンスが発揮出来るように、

今回のレースでの反省点や課題を日本インカレまでに修正していきます。

加治木.jpg

こんにちは、2回生中長距離ブロックの諸山直樹です。

今回は3000mSCに出場して、結果は10:36.16でした。

昨年は中止になってしまったので、

今年新人戦が開催されたことに感謝して走ることができました。

レース展開としては、序盤から先頭集団についていき、

後半を粘るプランでレースを行いました。

しかし、狙ったレース展開を実際の試合でできずイメージと実際の難しさを痛感し、

また目標としていた結果を出すことができませんでした。

ただ、タイムは上がってきているので、ポジティブに考えて

原因と結果を意識した練習を行い、次の試合に向けて準備していきます。

諸山3000SC.jpg

こんにちは!1回生跳躍ブロックの浅尾颯です。

新人戦では、走高跳に出場しました。

今回の試合は、悔しい部分はありますが、コンディションがうまく整わず

途中棄権することにしました。

今後は、まず怪我を治すことを優先しますが、そのうえで私自身の改善する

ポイント3つを考えました。

1つ目は前半からスムーズな加速をして曲線へつなげる。

2つ目は曲線の際、右足を乗せるが、重心ごと右に残さないようにする。

3つ目はこのような2つを踏まえた上で最後の踏み切りの前2歩に繋げ、かつ叩かないことを意識する。

以上の点をおさえて、怪我をしたからこそ強化あるいは修正できることもあるので

怪我もチャンスと捉えて、取り組んでいきます。

浅尾.走高跳.jpg

こんにちは!1回生投擲ブロックの中川千彩都です。

私は、円盤投げに出場させていただきました。

結果からいうと、自己ベストを更新できず、31m90で試技を終えました。

ただ、コンディションが悪い中の試合でも、良い感覚を得て競技を終えることができました。

今大会の位置付けとして、次に向けての課題がはっきりと分かった試合にすることができたので

次の試合に繋げていきます。

中川ちさと.jpg

2021県選手権大会~OIU T&F result~2021.09.09

こんにちは!

4回生広報委員の松井拓人です。

今回、北陸選手権が8月21,22日の2日間、

近畿選手権が8月28,29日の2日間行われました。

この大会では、近畿・北陸の各都道府県から勝ち上がった上位6名が

出場することができます。

また、各種目の優勝者は、来年に行われる日本選手権大会に出場する権利が与えられる

大会となっています。

今回、近畿選手権・北陸選手権に出場した12名のうち5名の選手にコメントをもらいました!

こんにちは!

4回生跳躍ブロックの新村愛里です!

石川選手権で2位に入り、北陸選手権大会の走高跳に出場させていただきました。

記録は1m77の自己ベストで優勝しました。

また、石川県記録更新することができました。

ベストが跳べたのは、課題であった直線助走から曲線助走にスムーズに入ることができ、

躍動感あるダイナミックな助走ができたからだと思っています。

2年ぶりに自己ベスト(1m72cm)を更新することができ、

やってきたことが実って素直に嬉しかったです。

このような社会状況の中試合に出場できること、競技ができること、

周りの人に支えられていることに感謝して、

今後も日本インカレや関西インカレで活躍できるように頑張っていきます。

応援よろしくお願いします!

新村 高跳び.JPG

こんにちは!

4回生短距離ブロックの山本理貴です。

今回、近畿選手権で400mに出場し、結果は49"18でした。

今大会では47"80の日本インカレの標準記録を突破することを目標としていましたが、

スタートから動きが硬く、バックストレートで伸びのある動きができませんでした。

そのため無駄な力を使ってしまい、

後半にスピードを保つことができませんでした。

大きな試合で結果を残せないことが

まだまだ詰めが甘い部分が出たのかなと感じました。

調子が上がってきていたので非常に悔しくはありますが、

次は日本インカレの4×400mRに出場するのでしっかりと気持ちを切り替えて、

課題を持って取り組んでいきたいと思います。

また、大きな舞台でベストパフォーマンスを出せるように、

常に意識していきたいと思います。

山本 400.JPG

こんにちは!

4回生短距離ブロックの小岩祐璃です。

今回、近畿選手権に400mHに出場し、結果は1'7"90でした。

今大会では、自己ベスト更新を目標とし、結果は更新することはできませんでしたが、

それに近いタイムを出すことができました。

スタートから積極的に走り、スピードに乗る事ができたことで、

2~5台目まで17歩、6~8台目まで19歩という理想の歩数で刻むことが、

自己ベストに近いタイムという結果に繋がりました。

最近の練習では、身体の調子も上がってきているので、

今回の結果に満足せず、今後の試合で最高のパフォーマンスを発揮して、

目標の1'5"00を出せるように頑張りたいと思います。

応援よろしくお願いします。

小岩 400h.jpg

こんにちは!

4回生跳躍ブロックの村田です。

今回、近畿選手権で走幅跳、三段跳の2種目に出場し、

走幅跳は7m13(+0.9)の自己ベストで7位、三段跳は14m75(-0.3)で5位と、

2種目とも入賞することができました。

走幅跳では、アップから体が動いていることを実感できて、

試合でも助走スピードを活かした跳躍ができたことで、

自己ベストに繋がったと思います。

三段跳でも、走幅跳のように助走スピードを活かした跳躍をしたかったのですが、

疲労感が残ってしまい思うような跳躍ができませんでした。

次は日本インカレの三段跳に出場するので、

残りの期間で助走スピードを活かした跳躍の完成形を目指し、

日本インカレでしっかり戦えるように、練習に励んでいきたいと思います。

応援よろしくお願いします!

村田 幅.JPG

こんにちは!

4回生投擲ブロックの最所永遠です。

近畿選手権に砲丸投で出場させて頂きました。

結果は自己ベストの14m76を投げ3位入賞しました。

日本インカレの記録を突破する最後の大会でしたが、

あまり記録は狙わず、まずベスト8に残ることだけを意識し、

とにかく近畿選手権を楽しむようにしました。

技術面においては、真っ直ぐグライドを引く意識と、脱力を意識して行いました。

その結果3本目でしっかりと押し出すことができました。

6本目にパワーが残っていなく距離は伸びませんでしたが、

1番いい投げができて15mを投げられる感覚がありました。

目標としていた15mには今回の試合では届きませんでしたが、

関西インカレで大会記録更新を目指し、残りの期間試合で

最高のパフォーマンスを発揮するため練習を積んでいきます!

応援ありがとうございました!

最所 砲丸.JPG

カレンダー

2022年9
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

アーカイブ