クラブブログ

陸上競技部

4

枚方駅伝 2021年 ~OIU T&F results~2021.12.17

こんにちは!

2回生跳躍ブロック河野龍也です。

12/12(日)淀川河川敷にて、第75回枚方駅伝競争大会が行われました。

この大会は、枚方市教育委員会、

枚方体育協会が主催しており、枚方市の中学生や高校生、

一般の方々しか出場できない大会ですが、

私たちは年間を通して枚方体育協会が運営している大会での運営補助ボランティアや

キッズの練習会などで補助支援ボランティア活動をしているため、

特別に参加させていただいています。

今回、男子中長距離ブロックに加えて、

短距離ブロックからも参加者を募りの3チーム(15名)で出場しました!!

結果は、男子Aチーム(真砂・三橋・諸山・服部・河内)が2位、

Bチーム(出水颯・坂本龍・徳永・山本・原)が7位、

Cチームが(尾崎・加治木・中山・福田・田中)が9位、

惜しくも男子Aチームは優勝を逃しましたが、

5区において4回生の河内さんが快走し、区間賞を取る事ができました。

では、ここで出場した4名の選手と応援・サポートメンバー3名からのコメントを紹介します。

全員.jpg

4回生中長距離ブロックの河内です。

今年の枚方駅伝では5区を走らせていただきました。

昨年からコロナ禍で試合が無くなり個人でタイムを狙う試合ばかりでしたが、

チームみんなで力を合わせてゴールに向かって走るという経験が、

久しぶりにできてよかったです。

また、チームでは優勝とはいかないものの、

2位で、個人では区間記録を出すことができてよかったです。

河内さん.jpg

Bチーム2区を走らせてもらいました。2回生の加治木悠真です。

僕は短距離の選手ですが、駅伝を走りたくて自ら立候補して参加しました!

出たからには3kmを9分台で走りたいと言う目標がありました。

しかし、結果としては10分かかってしまい、

記録としては悔しかったですが、仲間と襷を繋ぎ、

ゴールを目指して楽しんで走ることができました。

また、みんなの応援が後押しとなりとても良い経験をすることができました。

ありがとうございました。

来年はしっかりリベンジして、9分台で走れるように頑張ります。

加治木.jpg

こんにちは、2回生短距離ブロックの中山貴晶です。

この度、枚方駅伝Bチームの3区を走らせて頂きました。

自分は急遽走る事となり、

普段走らない長距離という事で、前日からとても緊張していました。

しかし、当日のメンバーの走りや頑張りを見て、

自分も頑張らなくては、ならないと思い、

最後まで諦めずに前を追って、

練習の時よりもいいタイムで走ることができました

また、応援をしてもらったおかげで、

リラックスして走れたことが自分の中では1番大きかったです。

今回の駅伝はCチームに勝つことを目標にしていたので、

来年はもっといいタイムでリベンジしたいと思います。

中山.jpg

こんにちは、中長距離ブロック1回生の三橋凌久です。

今回、枚方駅伝Aチームの2区を走らせていただきました。

初めての枚方駅伝に出場し、緊張もあり、

最大のパフォーマンス発揮をすることができませんでしたが、

出場するにあたり、今回一緒に出場する短距離ブロックの仲間と

練習を行う事ができ、新鮮でとても良い経験になりました

この後、冬季練習に入るので、個々の力を引き上げ、

練習に励んで行きたいと思います。

三橋.jpg

こんにちは、3回生マネージャー金澤玲那です。

2年ぶりの枚方駅伝で、

チームが1つになって取り組んでいる姿を久しぶりに見ることができて、

とても嬉しく感じました。

選手は、練習から短距離と長距離が一緒になって取り組んでいたので、

楽しんで走っていた人が多かったです。

私自身も、ラップ計測が2年ぶりだったので、

戸惑うことも多くありましたが、

出場していないメンバーもサポートしてくれたので、

問題なく終えることができ楽しむことができました。

コロナ禍ではありましたが、感染予防と応援マナーを守って

全員で応援にいくことができてとても良かったと思います。

金澤さん.jpg

こんにちは、2回生短距離ブロック坂本高誼です。

この枚方駅伝に私は応援として参加しました。

大阪国際大学からは3チーム出ていて、

短距離ブロックからも出場していました。

今回の駅伝は、1区5km、2区〜5区までが3kmといった区間距離で行われていました。

そのため、他ブロックの選手も出場しやすい距離だと思いました。

本気でタイムを狙う人から、楽しく走っている人がいて、

このように他ブロックの選手が積極的に長距離種目に参戦するということは、

とても良いことだと実際に目にして感じました。

また、普段できないような距離で応援ができて応援する方も楽しめました。

坂本た.jpg

こんにちは、1回生跳躍ブロック大門まこです。

今回応援をしてみて、みんなの頑張りがとてもすごいと感じました。

選手の方が楽しんで走っていて、

見ていた私も、楽しい気持ちになり、

走っている選手と同じ気持ちでたくさん応援できてよかったです。

はじめての経験でサポートなどはあまりできませんでしたが、

私の応援が少しでも力になれたらとても嬉しいと思います。

次の機会ではサポート面でも選手に貢献できるように頑張りたいと思いました。

私もこれから練習を頑張っていこうという気持ちにさせてもらいました。

全員で応援に行くことができて、とても良かったです。

大門.jpg

2021年度OIU T&Fキャリアアップセミナー 〜OIU T&F event〜2021.12.16

こんにちは3回生短距離ブロックの伏見将佑です。
12月2日に「OIU T&Fキャリアアップセミナー」をzoomで開催し、3回生30名が参加しま
した。
講師は例年陸上競技部アドバイザーとしてお世話になっています。
「株式会社OHG代表取締役の大賀博文氏」です。
大賀博文さんは「LMGノート」(Life Motivation Graph)という独自に作られた(目標達成
に向けて、自己分析を行う)ノートの著者です。
ノートの開発には小倉先生もアドバイスされたそうです。
このセミナーは1回目、2回目に続いて3回目の開催で今回は主に集団面接、グループディ
スカッションについて、実際に一人一人役職をつけて行いました。企業側は集団面接時に
、どのようなポイントをチェックしているのか、面接において大切にするべきポイントな
どを事細かく教えて頂きました。
その他にも、現在の就職活動の進捗度の確認や、就職活動においての課題の確認をワーク
を通して行いました。
実践形式でグループディスカッションを行ったり、課題を確認することで現状を把握し、
自己分析を行うことで面接にも役立たせることができます。
では、今回参加した学生から感想をいただきます。

unnamed (1).jpg  unnamed.jpg

3回生短距離ブロックの出水颯真です。
今回の大賀さんのキャリアアップセミナーで多くの事に気づく事ができました。私が印象
に残っているのが,zoom面接での姿勢や目線,照明や背景を注意する事です。人生に大き
いく関わる就職活動において,小さな画面の世界だけで完結する事の難しさを改めて理解
する事ができた。そのため照明や背景などに拘る事がzoom面接では大切になる事が分かり
ました。私自身、zoom面接が苦手に感じていましたが、これらの事を注意することで面接
官にも熱意が届くと思い、改めて就職活動を頑張りたいと思いました。

3回生短距離ブロックの吉田彩花です。
大賀さんのセミナーを受け、今の自分に足りないところや今後何を目標にし、何から始め
たら良いのかなど将来に向けての課題が明確に分かりました。
私は保健体育科の教員をめざしている為、就活はしませんが、採用試験の面接時などに活
かせていけたらと考えています。


3回生短距離ブロックの辻綾音です。

12月2日に大賀さんの3回目のキャリアアップセミナーに参加させていただきました。今回

は集団面接、グループディスカッションについて教えていただきました。私もグループワ
ークをした経験がありましたが、足りない部分や理解していない部分が多かったので、今
回も就職活動に役立つことをたくさん教えて頂きました。司会をする人が良いわけではな
く、周りをみて意見を言っていない人の意見を聞く必要があったり、タイムキーパーの発
言がとても重要であったり、発表者の人がいかに周りの意見を上手くまとめれるか求めら
れるなど、たくさんのことに注意しなければいけないと感じました。今後グループワーク
をする機会はまだあると思うので今回学んだ参考にし、活かしていきたいです。

3回生跳躍ブロックの野村元将です。
先日、大賀さんのキャリアアップセミナーに参加させて頂きました。
今回のキャリアアップセミナーでは、主にグループディスカッションについてでした。セ
ミナー内容もとても充実しており、企業側の立場になってどのような人物を必要とされて
いるのか実際にチェックされているポイントを押さえて、その場でグループディスカッシ
ョンを行いました。
グループディスカッションの後には、大賀さんからの適切なご指示を受け、今後の就職活
動に活かせると確信を持つことができた、とてもためになるキャリアアップセミナーでし
た。

2021年シーズンオフOIUパフォーマンス(CT・RJ index・PowerMax)〜T&F event〜2021.12.01

こんにちは!

2回生短距離ブロック山本頼希です。

大阪国際大学ではパフォーマンス要因を知るために以下の5つを定期的にこれらを行っています。

① フィットネス測定で、In Bodey(高精度体成分分析装置)と柔軟性(長座体前屈と上体反らし)をしています。

In Bodeyでは、体重・体脂肪率・筋肉量を知るために定期的に測定をしています。

② CTは、フィールド上での体力要素を含んだトレーニングを行っています

③ RJ指数では、マルチジャンプテスターを使用してリバウンドジャンプでバネの要素を測定しています。

④ 無酸素パワーテストとウィンゲートテストの二つを測定するためにパワーマックスを行っています。

⑤ ハイスピードカメラでの、ピッチとストライドを測ることでスプリント動作分析が行えます。

CT期間は、11月8日~11月18日です。

これらを総合的に評価することで自己分析をしています。

詳しい種目は、更に下に記載しているので、専門的に見たい方は必見です。

ct.jpgct2.jpg

CTは、陸上競技における必要な体力要素を測定し、

自分のパフォーマンスの確認や分析をすることで

自分の長所・短所を見つけることを目的としています。

更に、CTそのものがトレーニングにもなっています!

体力要素を測る種目が

・スプリント種目(スピード・スピード持久力)

⇒S.D20m・A.D30m・100m・300m

今回は、枚方秋季記録会で400mを測定しています。

・ディスタンス種目(持久力)

⇒600m・1000m

・跳躍種目(筋力・パワー)

⇒垂直跳・立幅跳・立五段跳・走五段跳

・ウエイト種目(筋力・パワー)

⇒ベンチプレス・ハイクリーン・スクワット

・バウンディング種目(パワー・パワー持久力)

⇒30m・70m・200m

・ストレッチ種目(柔軟性)

⇒長座体前屈・上体反らし

・メディシンボール種目(パワー)

⇒Over・Back・Front

以上が体力要素を測る種目です。

・パワーマックス(PM)

⇒無酸素パワーテストとウィンゲートテストの2つがあります。

無酸素パワーテストでは、

最大無酸素パワーの測定とハイパワートレーニング、

ミドルパワートレーニングのための

各個人にもっとも効果的なトレーニング強度の算出を行うことができます。

ウィンゲートテストでは、

乳酸性最大無酸素パワーを測定するテストのことで、

一定時間の負荷で一定の時間(30秒)を最大努力で運動するオールアウトテストです。

今回は、CT・自己分析を実施して頂いたデータ委員、

また、このコロナ禍で制限された練習環境の中でも出場した大会で

自己ベストを出した選手を始め、

初めて参加した新入生などにコメントをもらいました。

こんにちは!

データ委員の3回生池田弥生です。

今回のCTも感染対策を徹底し無事に終わりました。

11月に入り、中長距離ブロック以外はシーズンオフとなります。

そこで冬季練習に入る前にCTを行うことによって、自己分析し、

来シーズンに向けての目標や取り組み方に繋げていきます。

今回のCTでの結果をデータ委員の方で打ち込み、

部員に返したいと思っています。

その結果を踏まえ、自分自身の強みや弱みなどを理解し、

練習計画を立て、

シーズンインする際には自己ベスト更新者が1人でも多く出てほしいと思います

弥生さん1.pngのサムネイル画像のサムネイル画像弥生さん.pngのサムネイル画像

こんにちは!

3回生跳躍ブロックの宅間泰河です。

今シーズンは走高跳の記録を昨年よりも4cm伸ばし、2m10cmまで伸びました。

その結果、初の日本インカレ出場で5位入賞に繋がりました。

これは、シーズン前のCTに比べA.D50mのタイムが伸びた事が

記録向上につながったと考えます。

タイムが伸びた要因としては、走る際に後ろ足で地面を爪先で蹴って走っていたのが、

脚を前で捉えることができるようになったからです。

また、腰が落ちてしまい、腰が後ろに座ったような走り方をしていたのが、

高い位置で進むことができるようになったことが影響していると考えます。

そのため、スピードを助走に活かすことができるようになり、

スムーズな助走から踏切へと移すことができるようになった為、

記録を2m10cmまで伸ばすことができました。

宅間さん.jpg

こんにちは

2回生短距離ブロック山本稔太です。

CTを行なって昨年度と大きく変化したところがありました。

それはバウンディングで、1年生の時にはダイナミックな動きができていませんでしたが、

今回は、腕を大きく体全体で動かして上手くなっていました。走りの面でも完璧ではありませんが、腕振りが大きく、体全体で走れるようになったと実感しています。

跳躍種目でも、立幅跳びや立ち五段、走り五段すべての種目おいて、

記録が一年目に比べて明らかに記録が向上していました。

コロナ禍での練習で、高校の自己ベストが11.08から10.88まで伸びました。

これらの要因はプレ練を通して、体の使い方を少し習得できたからだと考えています。

三年で飛躍できるようにプレ練を完璧に習得し、体の使い方を覚えて記録更新したいと思います。

じんた2.jpg

こんにちは!

1回生短距離ブロックの宗石悠希です。

今回のCTは前回よりも、特に立ち五段跳びや背筋力の記録が向上していました。

また、今シーズンは自己ベストを更新することができなかったものの、

安定して記録を出すことができました。

その理由は、高校時代よりも練習で筋発揮のタイミングなどの

身体の使い方を考えながら練習するようになったからだと考えています。

私は、今回のCTで確認できた弱みや強みを理解して、

どうすれば来シーズンでよい結果を残せるかを考えながら、

冬季練習に臨むようにします!

宗石.jpg

こんにちは!

1回生投擲ブロックの中川千彩都です。

今回のCTでは、バウンディングやホッピング、跳躍種目の記録が向上していました。

今シーズンでは、自己ベストを更新することはできなかったものの、

シーズンベストの31m後半を全ての試合で出すことができました。

その理由として、プレ練で四肢の連動、股関節の可動域、先生や先輩方にもご指導頂き、

意識して取り組めたので、今回のCTの結果に繋がったのではないかと考えています。

しかし、高校時代よりも、明らかに筋力不足で自分の最も大きな課題だと、

今回のCTでも確認できました。

練習前後のウエイトトレーニング、自主練習も含め、来シーズンでは

自己ベストを更新できるように取り組みたいです。

中川.jpg

OIU T&F 体育会系学生向け就職活動ガイダンス ~OIU T&F event~2021.12.01

こんにちは。

2回生広報委員の小川侑真です。

11月24日に1~3回生を対象に大学のキャリアサポートセンター主催の「体育会系学生向け就職活動ガイダンス」が開催されました。

このガイダンスでは就職のスケジュール、体育会系の就活の進め方、

体育会系の強みを企業にアピールできること、

体育会系のおすすめ業界などについて教わりました。

またゲストとして、内定が決まっている

4回生の尾上さんと新村さんから就職活動の経験談を元に

就職活動に必要なことや心構えなどアドバイスを頂き、

とても参考になりました。

では参加した学年のコメントを紹介します。

ガイダンス.jpg2ガイダンス.jpg

こんにちは

3回生短距離ブロックの田中匡です。

今後、部活動と就職活動を並行して進めていかなければならない

忙しい毎日になっていきますが、

部活動と就職活動を両立させるための方法などを先輩方の体験談を元に

学ばせていただきました。

自分も就活を始めようと思いながら

なかなか始められず内心は焦っていたので、

まずはこれを機にキャリアサポートセンターも利用しながら情報を集め、

徐々に始めていこうと思います。

こんにちは

3回生短距離ブロックの早川流星です。

今回就職活動ガイダンスを受講し、

その結果就活に対してのイメージがポジティブな印象に変わりました。

実は、自分自身勉学が苦手で資格もない状態なので、

今までは就活に対して不安を覚えていました。

しかし受講してみると、

体育学生は一般学生よりも

「コミュニケーション能力」「協調性」「ストレス耐性」など

様々な要素が高い傾向にあるので、

体育学生を求める企業が多くあるいうことを知ることができ、

更に先輩である、

4回生の内定者の話など就活の取り組み方など

貴重な話を聞くことができたので

今回学んだ要素を存分に活かし

今後就活に取り組んでいきたいと思いました。

早川.jpg

こんにちは

2回生短距離ブロックの加治木悠真です。

就職活動ガイダンスを受けて今までの就職活動のイメージとは違う視点で

イメージすることができました。

私はどのような仕事がしたくてどのような仕事が向いているのか

把握できていなくてインターンシップなどを通じて自己理解しようと考えていました。

しかしガイダンスを受けて、将来が決まっていない人は

自己理解だけでなく価値観、給料や休日数など企業の環境面で就職先を

探すことが大事であり、候補を絞るためにはこれらの条件を見ていくことが必要だと

知ることができました。

3回生になって就職活動が本格化するのでガイダンスで

学んだことを部活動の隙間時間を活用して効率よく就職活動をしていきたいです。

こんにちは!

2回生短距離ブロックの郡山月花です。

現在私はまだ2回生ですが、

改めて自分の将来の仕事や就職活動について考える機会になりました。

自分にとって就職活動はまだ先の事だと思っていましたが、

ウィズコロナの時代に生きる学生として、

今までの就職活動とは選考方法や求められている人材が変化しており、

早めの準備が必要だと知りました。

また今まで必死に行ってきた部活動が少しでも

就職活動に繋がると聞き安心したとともに、

残りの2年間も全力で部活動に取り組み、

継続力や忍耐力、人間関係を身につけ、

就職活動時に活かせるようにしたいと思いました。

こんにちは!

1回生短距離ブロックの宗石悠希です。

私は今まで就職について深く考えたことがなく、

ただ漠然とスポーツ関係の仕事に就きたいと考えていました。

しかし、この就職ガイダンスで

「知らないことには興味をもてない」ということに気がつき、

1回生のうちから様々な業界について調べておこうと考えるようになりました。

また、私が3.4回生になり就職活動を始めたときにはガイダンスで習った、

興味、成長業界、スキル、価値観という4つの

仕事選びのポイントを大切にしようと思います。

こんにちは

1回生跳躍ブロックの筒井穂乃茄です。

今回のガイダンスで就職について前より意識するようになりました。

コロナの影響もあり、就職活動の時期が早まっていることを知り、

まだまだ先の事だと思っていましたが、

のんびりしてはいられないのだと感じました。

体育会系学生の強みはなんだろう、

自分の強みはなんだろうと具体的に考えることはあまりなかったので

すごくいい機会でした。

また、色々な人たちの話や、考えを聞き、知ることができ、

自分の考えや視野をより広げることが出来るきっかけになりました。

講義が進んでいくにつれて、この先色々な場面で、

自分の長所を知ってもらうためにも言葉を言語化することは大切だと感じました。

好きなことを仕事にすることは簡単ではないけれど、

この講義を受けてより一層自分の好きなことで仕事がしたいと強く感じました。

1回生から先輩方の意見を聞かせていただき、

このような機会を与えていただきとてもいい経験になりました。

カレンダー

2022年9
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

アーカイブ