クラブブログ

陸上競技部

2

2022年度第1回学連競技会 ~OIU T&F result~2022.08.11

広報委員2回生の呉原昌希です。

8月4~5日の2日間(場所:ヤンマーフィールド長居)で行われた、

2022年度第1回学連競技会に選手105名と大会運営補助員として36名が参加しました。

今競技会には、日本インカレ参加標準記録突破と自己ベスト更新することを

目的に出場しました。

結果は、20名が自己ベストを更新することができました。

それでは、自己ベストを更新した4名のコメントを紹介します。

3回生短距離ブロックの杉田想一朗です。

もう少し100m、200mの記録が良ければなと思いました。

関西インカレで肉離れをしてからの復帰戦でしたが、

200mはベストを出すことができました。

しかし、100mではまだまだ改善することがありタイムを良くありませんでしたが、

怪我をせずに学連競技会を終えることができよかったです。

今度は個人種目だけでなくリレーにおいても活躍できるよう

練習を行っていこうと思います。

IMG_5958.jpg

3回生短距離ブロックの阪口颯良です。

今回の学連競技会は久しぶりの試合で少し緊張する場面などもありましたが、

200mで無事に自己ベストを更新が出来て良かったと思います。

急な雨が降りコンディションは良くなかったので次の試合では、

さらに自己ベストを更新して、来年に繋げて行けるようにしたいと思います。

IMG_5959.jpg

2回生中長距離ブロックの三橋凌久です。

今回800mと1500m出場させていただきました。

今回の2つのレースは積極的に先頭に出て

自分のレースをすることを意識して走りました。

非常に暑い中でのレースでしたが、

落ち着いてレースプラン通り走ることができ、

自己ベストに結びつきました。

次は新人戦に向け調整し入賞を目指して、

練習を行っていきたいと思います。

暑い中サポート、応援ありがとうございました。

IMG_5960.jpeg

1回生跳躍ブロックの押井耀です。

今回の学連記録会で自己ベストの4m60を出すことが出来ました。

自己ベストを出せた理由は安定してきたからだと思います。

大学に入り助走を整えることを意識しました。

足の接地と股関節のスムーズな動きを意識し、

楽な助走・乗せることを目的とした助走を繰り返し練習してきました。

今回は大会に出場し環境が変化しても動きが変わらずスムーズに出来たことが、

自己ベスト更新の大きな原因だと思います。

押井.jpg

秩父宮賜杯第75回西日本学生陸上競技対校選手権大会 〜OIU T&F result〜2022.08.08

こんにちは。

3回生広報委員の河野龍也です。

7月1日〜3日に愛媛県総合運動公園陸上競技場(ニンジニアスタジアム)で秩父宮賜杯第75回西日本学生陸上競技対校選手権大会(西日本インカレ)が行われました。

2年ぶりの開催となった今大会には、本学から24名(男子19名/女子5名)が出場し、小倉監督と木村・糸谷・北川コーチにサポートしていただきました。

かなり暑いグラウンドコンディションの中での競技でした。決勝進出は2種目のみですが、男子100mで8位,男子棒高跳で5位に入賞しました。

それでは、出場した7名とサポートメンバーのマネージャー1名のコメントを紹介します。

陸上 集合写真.jpgのサムネイル画像

4回生短距離ブロックの辻中悠河です。

今回、100mと4×100mリレーに出場させていただきました。

100mは関西インカレで10"49の自己ベストが出たので、決勝に残ることを目標としていました。

決勝進出はできましたが、軽い熱中症になってしまい、最下位という結果になってしまいました。

4×100mリレーでは全体的にバトンパスがうまくいきませんでしたが、

それでも40秒台が出たのでチーム全体の走力が向上していると思いました。

9月の日本インカレではチームベストの39"90切りを目指します。

今回の試合では、100mの決勝の時間が大幅に変更になってしまったことから、

その間に熱中症になってしまったので、

これからは想定外の事態に備えて試合に臨みたいと思います。

応援、サポートありがとうございました。

辻中.jpg 辻中2.jpg

4回生跳躍ブロックの野村元将です。

今回、棒高跳に出場させていただきました。

結果は5m00で5位入賞でした。

今大会は、自身の目標であった上位入賞は叶いましたが、

自己ベスト更新とはいきませんでした。

気温が高く、厳しい試合でありましたが、

自身の課題や反省点が知ることができました。

この経験を生かして日本インカレでは上位入賞、

自己ベスト更新を目指してこれからも練習に励みたいと思います。

試合に向けて練習環境や出場の機会を作って下さった、

監督やコーチをはじめ、多くの人にとても感謝しています。

応援ありがとうございました!

 野村.jpg のむら2.jpg

4回生短距離ブロックの田中絵理です。

今年始めた400mHで、西日本インカレに出場できたことを嬉しく思います。

目標にしていた記録には届きませんでしたが、

悔しい結果となりましたが、

次に控えている静岡選手権につなげるいい経験をさせていただきました。

更なる記録の向上を目指し、日々の練習に取り組んでいきます。

応援の程よろしくお願いします!

田中絵里.jpg

4回生中長距離ブロックの南笑里です。

西日本インカレでは、10000mwに出場させていただきました。

コロナ禍で延期となっていた西日本インカレは、

2年ぶりの開催となり、試合を開催していただいたことに感謝し試合に挑みました。

目標はレースを楽しみ、自己ベストを更新することでしたが、

結果は56'52"56で13位で、自己ベストには22秒届きませんでした。

満足のいく結果ではありませんでしたが、リラックスして挑むことができ、

レースを楽しむことができました。今後につなげる良いレースができたので、

日々の練習を頑張り、悔いのない1年にしたいと思いました。

また、暑い中での応援、サポートのおかげで無事、完歩することができました。

応援、サポートありがとうございました。

南.jpg

3回生短距離ブロックの阪口颯良です。

今回の西日本インカレはリレーの補欠メンバーとして参加をしました。

今回は、主力メンバーとして走ることができず、

競技を見ているだけだったので、

次は自分が走る側になろうと強く思いました。

今回、補欠という立場で悔しい思いをしたので、

次は国際大学の主力メンバーになり、戦える選手になると思いました。

3回生短距離ブロック前田朱音です。

今回、西日本インカレで100mと200mに出場させていただきました。

どちらの種目も準決勝に進むことを目標としていたのですが、

力及ばず進むことができませんでした。

しかし、先生やコーチとのコミュニケーションから二次加速の改善点が見つかり、

これからの練習の取り組み方を考えるきっかけにもなりました。

はじめての遠征でしたが、緊張せず自分らしい走りができたと思います。

来年は、決勝に残って戦える選手になります。

ありがとうございました。

前田.jpg

2回生短距離ブロックの宗石悠希です。

私は110mH に出場させていただきました。

結果は15.15(+0.4)で自己ベストに0.01秒及びませんでした。

今回の試合では監督やコーチにウォーミングアップを見ていただき、

アドバイスをもらいました。

しかし、試合ではアドバイス通りの走りができず、

自分の弱さを再認識しました。

また、私は大学に入学して初めての遠征だったため、

ホテルでの過ごし方や食事の取り方などを先輩から学ぶことができ、

収穫のある遠征でした。

今回の経験を活かし、これからの試合に臨みます。

宗石.jpg

1回生マネージャーの冨森杏です。

今回初めての遠征で西日本インカレに参加させていただき、

関西インカレとは違った緊張感を体験することができました。

関西インカレの時はマネージャーの仕事も覚えて間も無かったため、

できることが限られていましたが、

西日本インカレでは自分が覚えた仕事を最大限活かすことができました。

コロナ禍での開催でしたが、

大会関係者の方やホテルやバスの運転手さんなどのサポートもあり、

安全に西日本インカレ参加することができました。

西日本インカレでは出場するメンバーでの遠征で、

他大学のような応援はできませんでしたが、

コロナが終息したら大会に出ない人もみんなで応援に行けたら良いなと思いました。

この4日間でマネージャーとしてさらにできることを増やすことができ、

とても良い経験になりました。

富森.jpg

カレンダー

2022年9
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

アーカイブ