クラブブログ

バレーボール部(女子)

180

9/23 秋季リーグ戦3日目 VS芦屋大学2017.10.01

こんにちは!秋リーグ3日目の選評です!


【1セット目】
秋リーグ3日目の相手は芦屋大学。 先制点は国際土川(#29)のクロスに打ったスパイク。しかし国際はサーブミスをしてしまい同点。また国際のスパイクを芦屋にブロックで止められてしまい、ミスが続き1-3。だが国際綱田(#15)の強烈スパイクにより2-3でここは連続得点しておきたい国際だが再びサーブミスをしてしまう。 しかし、国際綱田(#15)や松永(#38)による芦屋の穴をついた攻撃や細かい攻撃でわ点を取るが芦屋岡留(#2)のスパイクにより5-8と点差は広がってしまう。ここで流れをきりたい国際は菊池(#42)のストレートに打つ強烈スパイクが決まるが芦屋城野(#9)や麻原(#10)のスパイク、国際のミスが続き8-12。ここで国際は1回目のタイムアウトをとる。
しかしタイム明けも国際のミスが続いてしまい8-17で国際は点を取ることなく2回目のタイムアウト。2回目のタイムアウトがあけると国際土川(#29)によるインナーコースに打った鋭いスパイクで2得点を決める。また国際湊(#39)や綱田(#15)の角度のあるスパイクも続き、点差を縮めて12-18。まだまだ点差を縮めたい国際だが両チームのスパイカー陣による点の取り合いが続くなか流れを変えたのは国際松永(#38)のサービスエース。それから芦屋にミスが続き、国際一気に点差を縮め20-22。しかし国際のブロックミスやトスミスにより20-24となってしまう。国際土川(#29)が真ん中に落とす攻撃を決めるが国際のミスにより1セット目を先取する事が出来なかった。
【2セット目】
2セット目はとりたい国際。1点目をとったのは国際菊池(#42)のライトから相手のライト前(インナーコース)に打ったスパイク。しかし国際のスパイクはネット、芦屋鈴(#13)によるスパイクや城野(#9)のサービスエースが続き1-3と出だしを走られてしまう。また国際のミスが続き点差を2-6と広げられてしまい国際は1回目のタイムアウトをとる。
タイムアウトがあけると国際綱田(#15)のコースを狙ったスパイクが決まり3-6。まだまだ芦屋に追いつきたい国際は何回かミスをしてしまうが芦屋のネットタッチに続き国際赤尾(#12)のサービスエース、また菊池(#42)がブロックでスパイクを止め、点数は6-7。両チーム攻撃がよく決まり15-16とシーソーゲームになる。
芦屋鈴(#13)にスパイクを決められるが芦屋のミスに続き国際綱田(#15)の相手のレフト前(インナーコース)に鋭いスパイク、菊池(#42)のスピードあるクロススパイクが決まり18-17。国際はミスをするも松永(#38)も角度のあるスパイクを決める。いい雰囲気のなか、土川(#29)の強烈スパイクがストレートコースに決まると、ここで国際湊(#39)に代わり国際丸田(#1)。
このまま2セット目をとりたい国際は芦屋がミスをし21-19とリード。ここで芦屋1回目のタイムアウトをとる。タイムアウトがあけ芦屋はミスをするが国際のスパイクは芦屋のブロック陣にブロックでとめられてしまう。また、国際のスパイクミスや小さなミスが続き一気に逆転され22-23。ここで国際2回目のタイムアウトをとるが芦屋城野(#9)のスパイクに決められ、国際土川(#29)がブロックを使ったスパイクを決めるが最後は国際のミスで23-25で2セット目もとることができなかった。
【3セット目】
もう後がない国際。3セット目の1点目は国際赤尾(#12)のクロスに打ったスパイク。また、丸田(#1)がブロックを止めると再び赤尾(#12)のスパイクが決まり3-0と点差を離す。このままこの流れでいきたいところだが国際のスパイクはブロックで止められ、芦屋早坂(#4)のスパイクを決められてしまう。しかし国際赤尾(#12)のスパイクはブロックを使い上手くアウトにし、また綱田(#15)小さな攻撃も決まり一気に流れを持っていき8-4。
国際は土川(#29)菊池(#42)丸田(#1)と様々な攻撃で点をとりまだまだ国際に流れは続きミスはあるが点差を詰められる事なく15-9。しかし芦屋の1回目のタイムアウトがあけると、国際ミスが続き16-14まで追いつかれてしまう。ここで国際は1回目のタイムアウトをとり、このまま逃げ切りたい国際。タイムアウトがあけると国際綱田(#15)の鋭いスパイクが決まるが、ミスもありまた芦屋半田(#1)のコースを狙ったスパイクを決められる。流れをきりたいところで芦屋のミスで18-16。
だが芦屋の攻撃の勢いは止まらず瀧(#19)半田(#1)のスパイクに対応できず遂に逆転されてしまい18-19。芦屋のミスで国際松永(#38)にかわりピンチサーバーとして𩜙平名(#6)を投入。流れを変えたいところだが芦屋(#4)のスパイクを決められてしまい、国際𩜙平名(#6)にかわって松永(#38)を戻す。
国際菊池のクロススパイクはノータッチで決まり20-20と追いつく。しかし芦屋鈴(#13)城野(#9)にスパイクを決められて20-22国際2回目のタイムアウトをとる。タイムアウトがあけると国際土川(#29)がストレートにスパイクを打ち決め、ここで土川(#29)にかわり井上(#3)。1点でもとりたいがしかし芦屋鈴(#13)のスパイクが決められるとそのまま国際のミスで21-25となり国際は1セットもとることができずに終わってしまった。

9/17 秋季リーグ戦2日目 対京都橘大学 選評2017.09.27

こんにちは!遅くなってすみません!
1次リーグ2戦目の京都橘大学との選評です!

秋リーグが開幕し良いスタートを切り、今日も勝ちたい第2戦目。対戦相手は、春リーグ優勝の京都橘大学。
最初の1点目は、京都橘上岡(#15)ブロックにより奪われる。ここから、京都橘高田(#17)、上岡(#15)の穴をついたようなフェイント、池谷(#5)のサービスエースと出だしから、5失点奪われてしまう国際。なんとか京都橘の流れをきりたいところで、京都橘がミスをし、ようやく最初の1点目をとる。
連続で点数を取りたいところだったが京都橘高田(#17)にブロックの上からストレートに鋭いスパイクを打ち込まれる。ここから、国際赤尾(#13)がライトからストレートに決めたり鞭のようなスパイクを決めていくが、流れを掴みたい国際だが湊(#39)のサーブで上手くストレート際を狙うがおしくもアウト。京都橘高田(#17)には、レフトからストレートにスパイクをきめられなかなか思うように点数が取れない。 反撃に出る国際は松永(#38)の速攻をクロスの奥に決めると、続いて土川(#29)がレフトから鋭いクロススパイクを決めた。追いつきたい国際だったが、京都橘池谷(#5)ライトから上手くボールをフェイントされ、上岡(#15)にはバックアタックで真ん中に打ち込まれてしまい、5-10。
ここで、なんとか踏ん張りたい国際は菊池(#42)がライトから鋭いインナーコースにスパイクを決めるが、またしても京都橘、山下(#13)にトスする前にボールを国際へ返し、国際はそれを拾うことができずボールを落としてしまう。そして高田(#17)にもレフトから鋭いクロススパイクを打たれてしまう。しかしここで、国際土川(#29)がブロックを止めると、湊(#39)の速攻が決まり、8-13となり更に追いつきたい国際。それでも京都橘の攻撃は留まることなく上岡(#15)にセンターから早い攻撃で国際のブロックをかわすスパイクを決めここから、国際ミスが続いてしまい、8-16。
国際は、流れを変えようと1回目のタイムアウトを要求した。だがタイム明け、京都橘上岡(#15)によるライトからクロススパイクと、ブロックの上から鋭いスパイク決められ、池谷(#5)には国際のブロックを上手く使ったスパイク、正元(#8)のスパイクをブロックするも吸い込んでしまい又もや、国際2回目のタイムアウトを要求する。
ここで国際綱田(#15)インナーにスパイクをきめ、なんとか連続失点を食い止める。そして、国際湊(#39)に変わり、𩜙平名(#6)がピンチサーバーとして入り京都橘を崩すと、上手く松永(#38)がブロックで橘のスパイクを止めた。更に綱田(#15)が相手コートにボールを上から下へと落とし点を決め、京都橘トスミスもあり連続得点する。しかし、京都橘上岡(#15)に穴をついた攻撃を決められると、国際のミスが続いてしまい、最後は京都橘上岡(#15)のサービスエースにより1セット目を落としてしまう。
【2セット目】
2セット目はなんとかとりたい国際は菊池(#42)サーブを攻めるがおしくもアウトになってしまい、1点目は京都橘がとる。国際は湊(#39)が速攻を決め、綱田(#15)はクロスに強烈なスパイクを打ち込む。しかし、京都橘池谷(#5)にボールを押し込まれコートの真ん中に決められてしまい、続いて国際のブロックミスが生じてしてしまい3-2。その後、国際は赤尾(#13)と菊池(#42)のライト陣が活躍し、特に菊池(#42)はブロックに、ストレートやクロスと使い分け多様な攻撃で得点してリードしていく。負けじと京都橘池谷(#5)がまたもや上手くボールを国際のコートに押し込み、続いて、後ろからバックアタックでコーナーに決められてしまう。そして国際のネットタッチで点数を与えてしまうとここからミスが続き、9ー9と追いつかれてしまう。
その後も京都橘上岡(#15)ブロックの上からのスパイク鋭い角度のスパイクが放たれるなど上岡(#15)の勢いは止まらずどんどん点数を重ねていく。京都橘に食いつこうとする国際は菊池(#42)が負けじと、スパイクを決め、湊(#39)が穴をついた押し込みで点数を取り返す。一旦は京都橘上岡(#15)凄まじいキレのある角度のインナースパイクを打たれたが、国際綱田(#15)がレフトから同じようにインナーに力強いスパイクを決め意地をみせると、続いて赤尾(#13)も橘のブロック陣を使ったスパイクで追いつく。しかし、京都橘池谷(#5)に国際のブロックを使ったスパイクで点数を与えてしまうと、京都橘上岡(#15)が国際のスパイクをブロックで止め完全に流れを切られてしまい、たまらず国際1回目のタイムアウト。
流れをきりたい国際だが、トスミスからスパイクアウトとミスが続いてしまい思うように点数を取り切れない。しかし、国際松永(#39)ブロック上からボールを押し込み連続失点を一旦は止めた。ここで国際は松永(#38)に変わり、井上(#3)を入れ流れを引き寄せようとするも京都橘上岡(#15)の押し込みにより連続得点とはいかなかった。しかし、国際湊(#39)が高い打点からの速攻を決めると、再び国際は土川(#29)に変わり、佐木田(#24)をピンチサーバーとして入れるがミスが生じ、土川(#29)と交代する。そこから京都橘上岡(#15)による押し込みや、クロススパイク、ブロックを使ったスパイクなどで、連続失点をしてしまうと国際のスパイクミスから、京都橘森田(#19)のセンターからの時間差攻撃で2セット目も落としてしまった。
【3セット目】
もう負けられない3セット目は京都橘高田(#17)の国際ブロック陣の上から力強いスパイクを決められる。出だし離されたくない国際は、赤尾(#13)がライトからクロスに力強いスパイクを決めるが、京都橘上岡(#15)にスパイクを決められ、京都橘藤井(#4)にもセンターからライトへ動き攻撃する移動攻撃を決められ、京都橘を波に乗せてしまう。ようやく国際綱田(#15)がレフトから力強いスパイクで決めたところで点数は4-9。
追いつきたい国際だがサーブミスや、スパイクミスが続いて更に点数を離されてしまい、国際菊池(#42)が穴をついた攻撃で連続失点を一旦は切るも、京都橘池谷(#5)押し込み、ブロックを上手く使ったスパイクで、またもや連続失点してまう。なかなか流れを切れない国際はここで、1回目のタイムアウトをとる。タイムアウト後は国際菊池(#42)のスパイクで流れに乗るかと思われた国際だが、京都橘高田(#17)の、スパイク、ブロックと連続失点し、7ー14。
追いつきたい国際は土川(#29)が強烈なクロススパイクを決める。ここから、湊(#39)の打点の高い速攻、菊池(#42)の連続サービスエースで波に乗る国際は更に勢いをつけるため土川(#29)にかわり、𩜙平名(#6)をピンチサーバーとして起用する。しかし、京都橘藤井(#4)の速攻から流れを切られると再び国際のミスが続いてしまう。ミスを無くして点数を取りたい国際は、赤尾(#13)が2本目のトスをアタックで相手にコートへ落とし連続失点をきるが、またもや連続失点が続いてしまい、16ー22と追い込まれてしまう。終盤は京都橘池谷(#5)強烈なクロス、京都橘森田(#19)移動攻撃が決められ、最後は京都橘上岡(#15)のバックアタックより16-25で3セット目もとられてしまい、セットカウント0ー3で黒星となってしまった。

秋季リーグ戦第5日 結果2017.09.25

9/23に関西大学にて行われたvs帝塚山の結果を報告します。

国際ー帝塚山

25-27

23-25

25-23

26-24

1-3で惜しくも敗戦となりました。

どのセットも接戦でしたが、セット終盤は点数が取りきれずに悔しい結果となってしまいました。

これで一次リーグは終了となり、Aブロック5位という順位でした。

残念ながら秋季リーグも下位リーグが決定し、上位リーグへ行くことはできませんでした。

4回生にとって最後のリーグ戦なので、諦めることなく7位を目指して頑張りたいと思います。

9/30から2次リーグが始まりますが、組合せについてはわかり次第掲載したいと思います。

2次も応援よろしくお願いします。

アーカイブ

2017年度
2016年度
2015年度
2014年度
2013年度
2012年度
2011年度
2010年度

カレンダー

2017年10
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31