クラブブログ

バレーボール部(女子)

5

秋リーグ最終戦 結果2015.10.29

こんにちは! 10月25日に秋リーグ最終戦が龍谷大学深草キャンパスにて行われました。 結果は 最終戦 対芦屋大学 21-25 16-25 25-17 19-25 セットカウント1-3で負けました... 秋リーグ最終戦、勝って終わることができず、12チーム中11位という結果になりました。 応援してくださった皆さんには感謝の気持ちでいっぱいです(ToT)このような結果で終わってしまい、とても悔しいです... しかし!! 私達には、まだ、入れ替え戦という試練に立ち向かわなければなりません! ですので皆さん、大阪国際大学女子バレーボール部が一部残留できるよう、応援よろしくお願いします!!m(__)m f034e85bf852c3ede959c926ae40da4b3827e95e.jpg

9fb478df9a396cdedc03446fca3c698c467ec4ac.jpg 0b8a00f351ec6d5c3db945dbdb1875d1e135624a.jpg b1f9fa050976b7494a0c1669b150f26f67b59dbd.jpg

秋リーグ第9戦目 戦評2015.10.29

秋リーグ9日目 対帝塚山大学

1勝2敗で迎えた秋リーグ第9日目。対帝塚山大学。負ければ入れ替え戦という窮地に立たされている国際であったが、第1セットの1点目は国際大畑(#35)のスパイクを帝塚山がブロック。その後すぐに、国際赤尾(#48)がスパイクを決め、1-1。国際平岡(#10)、尾崎(#31)、大畑(#38)、帝塚山奥野(#8)、伊藤(#5)、香川(#1)のスパイクの決め合いが続き、6-7と1点差とするが、手塚山香川(#1)のスパイク、国際のスパイクミスで6-9とリードを広げられ、国際今日1回目のタイムアウト。

タイム明け、これ以上点差を広げたくない国際であったが、大畑(#35)が7点目を決めるも、サーブミス、スパイクミスとミスが続き、7-12とさらにリードが広がり、国際早くも2回目のタイムアウト。

早い段階でタイムを2回とも使い、流れを作りたい国際は、積極的な攻撃を展開するも、帝塚山松島(#11)のブロックに阻まれ、7-15。さらに奥野(#8)に連続で点を決められ、7-17と、大量リードを許してしまう。しかし、国際は赤尾(#48)を筆頭に反撃を開始。赤尾(#48)のブロックや、スパイク、平岡(#10)のスパイク、また相手のミスにより。13-21。大量リードを許したままで国際は、赤尾(#48)に代え、青木(#18)をレシーブで起用。しかし、帝塚山の勢いは止まらず、香川(#1)のスパイクで14-23。国際大畑(#35)がスパイクを決め15-13。するとここで国際は尾崎(#31)に代え、饒平名(#30)をピンチサーバーで起用。しかし、またも帝塚山香川(#1)にスパイクを決められ15-24。帝塚山マッチポイント。帝塚山のスパイクミスで16-24とするが、最後は国際のサーブミスで16-25。1セット目を落としてしまう。

 

取り返したい国際は赤尾(#48)のフェイントで1点を先制。3点までは互角の戦いをしていたが、帝塚山セッター川森(#7)のツーアタックで帝塚山が流れに乗り出し、奥野(#8)、丸山(#4)が連続でスパイクを決め、3-6。その後は国際平岡(#10)、大畑(#35)のスパイクで5-6。しかし、大畑(#35)にミスが続き、5-8。ここで、大畑(#35)に代え、あおき(#18)を起用。

相手のミスもあり、連続失点は防いだものの、帝塚山香川(#1)のスパイクで8-11。ここで国際1回目のタイムアウト。

追いつきたい国際であったが、国際にミスが目立ち、10-15。ここで国際早くも2回目のタイムアウト。

タイム明け、流れを作りたい国際は赤尾(#18)のスパイクで11-15。帝塚山奥野(#8)のスパイクで11-16。ここで帝塚山は香川(#1)に代え、春山(#3)をサーブで起用。国際赤尾(#48)がスパイクを決め1点で切るが、ここから帝塚山丸山(#4)、伊藤(#5)のスパイクで12-20、4点連続の失点。国際尾崎(#31)がスパイクを決め、14-21とすると、ここでピンチサーバー饒平名(#30)を起用するが、国際のミスにより14-22。国際青木(#18)のスパイクと相手のミス16-22とするが、帝塚山は国際の連続ミスにより16-25。

1セット目に続き、大差で2セット目も落としてしまう。

 

あとがなくなった国際は、帝塚山に先制されるも、赤尾(#48)のスパイク、相手の連続ミスで6-1。序盤からリードを広げると、帝塚山今日初めてのタイムアウト。

タイム明けも国際の流れは止まらず大畑(#35)のサービスエースなどで8-1。さらにその後は赤尾(#48)、平岡(#10)のスパイクで11-4。するとここで帝塚山はセッターを川森(#7)から八手幡(#9)に交代。帝塚山が勢いを取り戻し、伊藤(#5)のブロック、奥野(#8)のスパイク、香川(#1)のスパイクで13-8。帝塚山が追い上げを見せ、ここで国際1回目のタイムアウト。

タイム明け、帝塚山も勢いは増し、奥野(#8)が4点スパイクを決め、八手幡(#9)のサービスエース、松島(#11)のフェイントで、13-15。国際、帝塚山に逆転を許す。ここからは互角の戦いが続き、国際は大畑(#35)、平岡(#10)、帝塚山は丸山(#4)、伊藤(#5)がそれぞれ得点をあげ、19-21。すると国際平岡(#10)に代え青木(#18)をピンチサーバーで起用。赤尾(#48)がスパイクを決め、20-21。帝塚山は香川(#1)のスパイクで20-22。帝塚山のミスで21-22。ここでピンチサーバー饒平名(#30)を起用。大畑(#35)がスパイクを決め、さらに平岡(#10)のブロックポイントで23-23。帝塚山(#1)のスパイクで23-24。先にマッチポイントを許すが、平岡(#10)、赤尾(#48)のスパイクで25-24と逆転。ここで帝塚山がタイムアウト。

タイム明け、この1点で決めたい国際は赤尾(#48)のスパイクで26-24。3セット目を奪取した。

 

3セット目に続き、4セット目も取りたい国際であったが、序盤から帝塚山奥野(#8)を中心とし、4点の連続失点。ここで国際1回目のタイムアウト。タイム明けも帝塚山の勢いは止まらず、香川(#1)、奥野(#8)のスパイクで1-7。国際もスパイクを決めるなど、反撃を試みるが、帝塚山の勢いは止まらず、4-10。国際早くも2回目のタイムアウト。

タイム明けは国際にミスが目立ち、帝塚山伊藤(#5)のブロード攻撃、奥野(#8)のサービスエース、川森(#7)のブロックポイント、それ以外は国際のミスで一気に6-19。国際大畑(#35)、赤尾(#48)、平岡(#10)のスパイクなどで9-21とするが、国際にミスが目立ち、帝塚山24点目。国際は反撃をする隙も無く、最後は帝塚山香川(#1)のスパイクで11-25。

後味の悪い敗戦。国際入れ替え戦が確実性を増した。

秋季リーグ戦 8戦目 9戦目 結果2015.10.14

こんにちは、秋季リーグ戦 8戦目 9戦目 結果です。

8戦目

対大阪体育大学

23-25

16-25

25-16

25-22

10-15

セットカウント2-3で負け

1444792128470.jpgのサムネイル画像 1444792068394.jpgのサムネイル画像

9戦目

対帝塚山大学

16-25

16-25

26-24

12-25

セットカウント1-3で負け

1444792031736.jpgのサムネイル画像 1444792014662.jpg 1444792009842.jpg

10月12日現在、1勝3敗という結果です。

残すところあと1戦!悔いなく頑張りますので応援よろしくお願いします!!

秋季リーグ戦 6戦目 7戦目 戦評2015.10.14

10月4日 秋季リーグ 6戦目

対京都産業大学

秋季リーグの2次リーグの初戦は京都産業大学。 国際先制点を取るため攻め国際平岡(#10)のスパイクと相手のスパイクミスで2-0で幕をあげる。そのあとサーブミス、スパイクミスと続き2-2となるが国際尾崎(#31)のBクイック、綱田(#38)のスパイクで点数を5-2と離すが国際楠木(#3)のサーブミスから京都産業大学が波に乗り出した。その後も京都産業大学(#10)の鋭い攻撃で15-19と更に点数を離されてしまい、なんとか流れを切るため国際はタイムを取り仕切り直すが国際自らのレシーブミスが続き最後京都産業大学(#17)の時間差攻撃で17-25で1セット目を落とす。

ゲームの立ち上がりから波に乗りセットを手にしたいところだが京都産業大学(#7)の冷静なフェイントで0-1で先制点を取られてしまったが国際平岡(#10)のスパイクで1-1と並ぶ。だが国際のスパイクミス レセプションミスで2-5と点数を離されてしまい国際がタイムをとり流れを国際にもってきたいところだったがその後も国際自らのレシーブミスや繋ぎミスで11-22と点数を離されてしまう。だが国際今野(#14)のツーで12-22と1点取ってから国際馬田(#2)の速攻で18-24にまで追いつくが国際今野(#14)のサーブミスで18-25で2セット目も落としてしまう。

このセットを取ってフルセットに持ち込んでいきたい3セット目。立ち上がりから国際赤尾(#48)のスパイクが決まりこのまま波に乗りたいところだが、またもや京都産業大学(#13)の冷静なフェイントから国際のレセプションミスなどで3-6と点数を離される。このセットを取りたい国際は赤尾(#48)を上手く使い11-10とリードする。ここからシーソーゲームが続き京都産業大学(#10)のミスもあり18-16と点数を離し更に国際平岡(#10)のブロック スパイクで22-18にまで相手を追い詰める。だが国際馬田(#2)のブロックミスから相手の(#5)(#13)を波に乗らせてしまい国際タイムを取るが最後相手からのチャンスボールをお見合いして23-25で3セット目も落としてしまい0-3で2次リーグの初戦を終える。

続きを読む

秋リーグ 6日目、7日目!2015.10.05

こんにちは!

10月3日(土)、4日(日)秋季リーグ6日目、7日目の結果です。

6日目 対京都産業大学

17-25

18-25

23-25

セットカウント0-3で負け

7日目 対大阪大谷大学

25-17

24-26

25-18

21-25

15-8

セットカウント2-3で勝ちました!

二次リーグがスタートし、6日目はこのような結果に終わってしまいましたが、7日目は最後まで粘ることができ、勝つことができました。次の試合も応援よろしくお願いします!!

1298971ab967aa1984fc7c45c67d575151272a85.jpg 3a8581631a1830bf5742f78dd7f4ec04aee30f00.jpg 949219b3809dcc7b50a0eee52dbafd582e75598a.jpg

アーカイブ

2018年度
2017年度
2016年度
2015年度
2014年度
2013年度
2012年度
2011年度
2010年度

カレンダー

2018年10
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31