ワンダーフォーゲル部

ワンダーフォーゲル部の目的は、大自然の中で全力で活動すること。 そのことで自然を好きになり、大切にしたいと考えられる人間になっていきます。 部員一人ひとりには、”自然に生き、生かされていること”に気付き、これからの生き方を見つめ直してもらいたいと考えています。 と難しいことを並べましたが、要するに 『全力で自然を感じよう!』 ってことです。

部員数
8名(男子:5名・女子:3名)
主な活動時間
月・木 ウェイトトレーニング

日 保津川や木津川(京都府)でのレースラフティングの練習が基本です。利根川(群馬県)、長良川(岐阜県)、天竜川(長野県)、北山川(和歌山県)、吉野川(徳島県)などでのレースラフティングの大会に出場します。

また、キャンプやトレッキング、冬はスキーやスノーボードにも出かけます。
主な活動場所
保津川 、木津川、瀬田川、大池、体育館
昨年度実績
日本リバーベンチャー選手権大会(レースラフティング全国大会)総合13位、長良川WWF大会 総合9位
ワンダーフォーゲル部

フォトアルバム一覧へ

  • 2015.01.28UP
  • 2015.01.28UP
  • 2015.01.27UP
  • 2015.01.27UP
  • 2015.01.27UP

クラブブログ一覧へ

2019.09.03

奇跡の川 銚子川に行ってきました

8月25日(日)
 
行ってきました!
奇跡の川 銚子川
 
ラフティング練習&ゆらゆら帯の観察です。

IMG_5530.jpg

 

DSC03002.jpg

なんとか天気ももってくれましたが、なんせ水が冷たい!

しかし、感動の圧倒の透明感です。

DSC02999.jpg

不思議です。
この川でラフトボートを漕ぐと、
もの凄く早く進んでいる感じがします。

IMG_0315.jpg

 

IMG_0318.jpg 
 
そして、夕方にはゆらゆら帯を観察。
ゆらゆら帯とは、川の水と海水が交わる箇所がゆらゆらと目に見える場所。

冷たい川の水が上部、あたたかい海水が下部に、二層に分かれます。

身体で感じることもできます。

下部にまで潜ると海水のしょっぱさも感じます。

凄いです!

下の写真がゆらゆら帯です。

DSC03005.jpg

@osaka_international_university #oiu #wandervogel #rafting
#奇跡の川 #銚子川 #ちょうしがわ #ゆらゆら帯 #最後の写真がゆらゆら帯

これまでの実績

    ・天竜川ホワイトウォーター大会 4men 2位('14)
    ・長良川ホワイトウォーター大会 総合9位('14)
    ・日本リバーベンチャー大会総合6位('05、'10、'11)

年間スケジュール

    4月 新入生歓迎ラフティング   5月~7月 北山川ラフティング合宿、日本リバーベンチャー選手権大会(群馬県利根川)、吉野川大歩危リバーフェスティバル(徳島県)   8月 夏合宿   9月~10月 天竜川ホワイトウォーターフェスティバル(長野県)、長良川ホワイトウォーターフェスティバル(岐阜県)、大学祭出店(伝説の焼きそば)、天の川大清掃のボランティア   11月 御岳カップ(東京都多摩川)   12月~2月 トレッキング(京都1周トレイル、六甲山等)、スキー・スノ-ボード合宿