クラブブログ

ワンダーフォーゲル部

6

新入生歓迎ラフティング 第二弾2016.05.30

4月24日(日)@保津川
新歓ラフティング第2弾です。
 
今回は女子5名が来てくれました。
 
良い感じですね~ 
DSC01865.jpg 
コロラドとエアーで今回も嵐山までダウンリバー!
水量は30cm程でしたが、船体の重いエアーは楽しいボートアクションをいっぱいしてくれました(笑)
みんな顔面水祭りですね!!
 
 
恒例の飛び込みももちろんやりましたよ。
今回はKEITAと僕も参加!
 
えっTETSUですか?
もちろん「暑いんじゃー」と言って飛び込んでました・・・(笑)

DSC01866.jpg
 
みんな楽しみながら嵐山まで漕いでくれました。
また来てくださいね~☆
 
 
そしてワンゲル部はGW前半、岐阜県長良川へ合宿に行きます。
 
漕いで
飯作って
食って
翌日またガッツリ漕いできます(笑)
 
 
これで新歓ラフティング前半戦が終了いたしました。
もち5月からも全然やりますよ。
BBQも予定してますよ。
 
乗り遅れず
どんどん遠慮なく
体験ラフティングにお越し下さいませ~☆

DSC01872.jpg
 
 
最後に熊本の皆様の一日でも早い復興を願って、
被災者の方々には心からお見舞い申し上げます。
 
指導者 TAKESHI

新入生歓迎ラフティング 第一弾2016.05.27

4月17日(日)@保津川
新入生新勧ラフティングです。
 
1回生の女子2人が体験ラフティングに来てくれました。
しかも人間健康科学科、後輩ですね(笑)

101_2589.jpg
雨が心配でしたが快晴☆☆

ただ風が半端なく強かった☆☆
僕が保津川でラフティングをしているなかでこんなに強いのは初めてじゃないでしょうか。
 
幸いにも追い風だったため、水量は先週と同じ60cm程でしたがグイグイ進みました。
また途中からは風もおさまり、気温がグングン上昇!
暑い!!
 
あのキャプテンTETSUが暑さに耐えきれず、岩からのまさかの飛び込みですよ。みなさん‼(笑)
新入生にライフジャケットの重要性、楽しさを伝えてくれました。
 
 
そんな感じで楽しく話ながら、漕ぎながら嵐山ゴール!
 
またお越しやす~♪♪

101_2593.jpg
 
 
最後に熊本で被災に合われた方々へ、心よりお見舞い申し上げます。
 
指導者 TAKESHI

ニュージーランド遠征報告 第二弾2016.05.17

ワンダーフォーゲル部ニュージーランド遠征報告
第二弾です。
 
 
2月28日
いよいよ待ちに待ったラフティングです。
ロトルアから車で45分のワイロア川で実施しました。
ワイロア川は最高レベル5の川で、日曜日のみ水力発電のための水が流れて航下が可となります。

_DSC0559.jpg
 
日本の吉野川のような大きなウエイブはありませんが、
滝と言ったほうが良い3~5m級の落ち込みがいくつも連続します。
またルートも複雑で、相当の操船技術と素早い判断力が要求されます。
 
「Hold On!」
 
「GET Down!」
 
「JUMP left/right」
 
などのボート内での体重移動も安全対策及び操船技術の一つとして頻繁に使われていました。 

_DSC0543.jpg

_DSC0544.jpg

_DSC0545.jpg

_DSC0546.jpg
 
自分たちのイメージどおりのルートを下ることを重視していたこれまでの練習と違い、
その場その場の判断によりボートコントロールすることの重要性を再認識しました。
今後の活動に有意義な経験となりました。
 
 
 
2月29日
当初は世界遺産でもあるトンガリロ国立公園のトレッキングを予定していましたが、
天候が悪く中止に・・・
標高も高く、ニュージーランドでも1,2を争う有名なトレッキングコースであったため、とても残念でした。
 
止む無く、ロトルア近郊のレッドウッド・ファカレワレワ・フォレストで原生林の中をトレッキングしました。
巨大なセコイアが立ち並ぶ森は、鳥の声しか聞こえない深い自然に包まれていました。 

DSC01820.jpg
 
その後、テ・プイア / テ・ファカレワレワ・サーマル・バレーに行きました。
 
テ・プイアでは伝統的な踊りのHAKAを鑑賞することができました。
また、15分に1度は30m近く高く吹き上がるという間欠泉を見ようと移動。
待つこと2分・・・見事、空高く立ち上る間欠泉を見ることができました。
 
間欠泉に見とれておると、あらビックリ!
またしても、OIUの石井先生に偶然出会い、間欠泉をバックに記念撮影!!

DSC01836.jpg DSC01846.jpg
 

今日から2泊はあえて宿泊施設を予約しておらず、現地で自分たちで探すこととしていました。

この日は同じロトルアにあるYHA(ユースホステル)に宿泊。
これまでのバックパッカーズホテルに比べて少しだけ宿泊費が高く(約2,500円)、
それだけのことで宿泊者の年齢層が高くなっていることに驚きました。
 
 
3月1日
ロトルアを離れ、ハミルトンに移動。
その前に、ワイトモ洞窟に向いました。
 
こちらも楽しみにしていたブラックウォーターラフティングです。
 
厚手のウエットスーツに着替え、タイヤチューブを持たされて洞窟へと・・・
 
真っ暗な闇の中、ヘッドライトの明かりで前に進みます。
洞窟内を流れる川に飛び込んだり、
高さ15㎝の隙間を通り抜けたり、
洞窟内には土ボタルが緑色の光を放ち、
幻想的な時間を過ごすことができました。
あっという間に時間が過ぎていきました。

P3010019.jpg

P3010032.jpg P3010087.jpg
  
その後、ハミルトン市街地でバックパッカーズホテルを探し宿泊。
 
 
3月2日~3日
ハミルトンから空港のあるオークランドまで移動。
出発時間が遅れていましたが、無事帰国の途についたのでした。
 
 
 
今回のワンゲル初の海外遠征は、去年の夏から自分たちで計画し、予約などの準備を行ってきました。
 
いろいろ課題も残りましたが、顧問や先輩方のサポートおかげで実行することができました。
日本では決してできない様々な体験ができました。
ありがとうございました。
 
今後のクラブではラフティングだけではなく、
キャニオリングやケイビングなどのアドベンチャースポーツにも挑戦していきたいと考えています。
これからもどうぞよろしくお願いします。 

DSC01722.jpg
 
なお、今回の海外遠征はできる限り、費用を抑えることも目標にしました。
 
航空チケットはネットで格安なものを購入し、
宿泊はバックパッカーズホテル、
食事は自炊、
現地移動はレンタカーにしました。
このことにより一人当たりの費用を半額以下に抑えることができました。

(参考)
渡航費 112,280円
宿泊費 13,670円(6泊)
食費   約8,000円
レンタカー代 約9,000円
燃料費  約4,500円
合計 147,450円
 
 
部長 久保祐貴

ニュージーランド遠征を実施!2016.05.13

大変遅くなりましたが、2016年2月24日から3月3日までの日程で実施した
ワンダーフォーゲル部ニュージーランド遠征を報告します。

DSC01722.jpg
 
 
この一大イベント計画にあたり、部員間では事前に以下のことを取り決めました。
 
1.英語が話せなくても、入国審査や買い物、ホテルチェックインなど「自分一人でなんとかする」ことが前提。。
2.現地の人と相部屋になるバックパッカーズホテルに宿泊。
3.食事はスーパーで買い出しをして自炊とする。
 
 
2月24日~25日
早朝に起き、とっても眠い中、関西空港で集合。
荷物を預けて搭乗ゲートに向かっていると、上海研修へ出発するOIUの先生&学生達に会いビックリ!
  
キャセイパシック航空で
関西国際空港飛行時間02.25.00香港(経由)飛行時間 11.10.00オークランドへ!!
カメラが原因で保安検査で引っかかったりはしましたが、無事オークランド着。
 
憧れのニュージーランド上陸です。
 
予約していたレンタカー会社で手続きを済せ、
NZの旅の始まりが始まりました!!
 
交通ルールは日本とさほど変わりありませんが、思いのほか皆さん高速走行・・・
また、ラウンドアバウトの交差点が一般的なため、慣れるのに多少の時間を要しました。
 
 
少し時間があったので、オークランド市外へ向かう前にノースショアへ立ち寄りました。
海沿いの公園でゆったりした時間を過ごし、
お昼に注文したフィッシュアンドチップスの量に驚き、
対岸からのオークランド市街地を眺めました。

DSC01701.jpg

DSC01713.jpg 

 
その後、予約していたクイーン・ストリート・バックパッカーズホテル(1泊2,000円程度)にチェックイン。
 
部屋に入ってみると、2段ベットが3つ配置された相部屋でした。
見知らぬ人と同室になるのは仕方がないのですが、壁に抜け穴があり、薄暗いので超~不気味・・・
カーテンを閉めてごまかしてもゾクゾク感が止まりません・・・
 
そんなことはさておき、まずは市街地観光へ!
 
 
オークランドのシンボル・スカイタワーを見上げるだけ見上げて、再び海辺を散策。
豪華なクルーザーや港内で泳ぐ現地の子供たちにも出会いました。
 
 
夕食のためにスーパーでお買い物。
日本と違うシステムや商品に戸惑いながらもショッピングを楽しみました。

DSC01712.jpg
 
献立はポーク卵、サラダとごはん。沖縄生まれのキャプテンにとっては日頃の料理でしたが・・・
おいしくいただきました。
 
 
今晩の相部屋さんは、ドイツ人のご夫婦。
私たちが予定しているトンガリロ国立公園のトレッキングを楽しんでこられたとのこと。
少しだけですが、触れ合いの時間がありました。  

DSC01761.jpg
 
 
2月26日
朝食を済ませ、ホテルをチェックアウト。
ハミルトンを通ってロトルアへ向かいます。
 
人口より羊のほうが多いというニュージーランド。
日本にはない風景に見とれながら車を走らせました。

DSC01732.jpg

 
タウポ湖、フカ・フォール、アラティアティア・ラピッズなどをめぐりましたが、
ラフティングをしている人の性か・・・
必ず「ここは下れるのか?どのコースを狙うのか?」
という妄想ゲームに陥ります。
 
フカ・フォールは恐ろしいほどの水量で流速も早く、
ゾクゾクワクワク・・・

DSC01751.jpg
  
ラフティングの現地ガイド曰く、
少し水量が減れば、カヤックやラフトで下る強者もいるよう。
良い子皆さんはマネしないでくださいね。
  
 
今晩からの3泊はスパロッジです。
(驚きの1泊1,700円程度)
 
夕食はまずまず満足のステーキ&ハンバーグ定食や
パエリアをイメージしてソースを買ったけど超薄味のおじやになってしまった失敗作もありました。

DSC01764.jpg

DSC01762.jpg


2月27日
レンタルショップで釣竿を借りて、現地の方々が集うロトルア湖の釣りポイントへ。
 
そこはマオリの方々の村でした。
 
大人から子どもまで、たくさんの現地の方々に英語で話しかけられ、子どもたちとは楽しい交流もできました。
 
でもなかなか釣れないフライフィッシング・・・

DSC01773.jpg

とまあ、前半はこんな感じで、
いろんな驚きや戸惑いはありましたが
楽しくのんびりした時間が過ごせました。

DSC01779.jpg

さて、第二弾はいよいよアドベンチャー編です。
 
乞うご期待!

ワンゲル卒業ラフティングを実施!2016.05.12

3月6日(日)
ワンダーフォーゲル部卒部式&追いコンを行いました。
キャプテンとしてクラブを引っ張ってくれた上森俊季君の
ラストラフティングです。
 
久々の保津川。
水量は普通でしたが水が濁り、気温とは裏腹にこの時期らしく
もちろん冷たかったです(笑)

10391846_1264723660208434_945796309103990012_n.jpg
  
シーズン最初ということもあり淡々とダウンリバー。
途中H2HとKEITA・TETSUの技術練を挟みながら嵐山まで航下。
 
もう俊季は「この風景を忘れたくない」という一心で
ずっと泣きながら漕いでましたね(笑)
  
最後にはエアーも担いで運び、しっかり体で保津川ラフティングを満喫してくれました。
 
 
毎年同じなのですが、
やっぱり今までほぼ毎週一緒にラフティングしてきたメンバーが4月からはいないんだよなぁ~
とふと考えるとやっぱり寂しいです。
 
 
ところで、僕はこの時期やってくる友達、花粉症君と上手に付き合たいと思っていました。
彼の再会のプレゼントは大量の花粉です!
やっぱりこいつとは仲良くなれそうにありませんね(笑)
 
 
 
その後は場所を移して焼肉&カラオケで追いコンです!
食べて、飲んで、食べて、飲んで、いろんな思い出に笑いが途切れませんでした。
  
そして追いコンも終盤。
俊季へ、みんなからのはなむけの言葉。
聞いていて感動しました。
本当にみんなに愛されていたキャプテンなんだなぁと強く感じました。
 
そしてTOSHIKIからの卒部の言葉。
「本当にたくさんの出会いがありました」と彼は言っていましたが、まさしくその通りだと思います。
 
同期、後輩、OB、貞光さん、応援していただいた学校関係者の皆様、みんなとの出会いが彼を支えていたんでしょうね。
 
合宿、大会、NZ遠征、それ以外の活動で培った思い出が、彼への最後のギフトですね。
 
本当に良いキャプテンでした。
心から卒部を祝福します!
そして、OBとしてもまた気軽に遊びに&後輩達に指導しに来てくださいね!!

最後はTETSUからの記念品授与。
からの
新キャプテンTETSUへのバトンタッチ。

はい!発表です!

今年度はTETSUが新キャプテンとして中心に活動していきます。
 
TOSHIKIからのバトンタッチ。
彼の作り出す今シーズンのワンゲルの活動にもご注目ください。
 
今年度は↓
GW合宿、リバベン、保津川スプリント、夏合宿、北山川大会、天竜川大会、長良川大会、御岳カップに出場予定です。
先ずは現役チームで保津川スプリント上位入賞を目標に練習していきます。
 
もちろん、それ以外にも活動していきます。
しまなみ海道ツアーを僕は勝手に鋭意企画中です(笑)
 
今シーズンもワンダーフォーゲル部
ガッツリいきますので宜しくお願いいたします!!
 
 
 
最後に俊季
卒部おめでとう!!
そして今まで本当にありがとう。
 
 
また、途中からさらなる高みを目指し、
「The River Face」へ出兵したNOZOMIも卒部です。
  
今年のUAE世界大会、そして来年度の四国吉野川で開催される世界大会へ向けて突き進む彼!?
あっ「彼女」をこれからも応援しています。
  
吉野川では表彰台の一番高い所に立ち、日本の女性チーム、いや世界の女性チームを牽引できる存在に!
彼女ならなれる。
がんばれー‼
  
 
そんな感じで今までのFacebookの写真を見返していくと泣けてきます。。。
楽しい思い出をありがとう!
 
 
指導者 Takeshi

毘沙門堂・大文字山・皇子山コースのトレッキング実施2016.05.12

ワンダーフォーゲル部の鐵ちゃんです。
 
『毘沙門堂・大文字山・皇子山コース&新年会の段』
 
12646940_1229933260354141_6417143705448322712_n.jpg
10:00に京阪石山坂本線近江神宮前駅に集まり、
鐵ちゃんトレッキングツアーがstart!
 
まずは皇子山CCまで車道が続き、途中迷子にもなったり、
近道が工事や伐採によって封鎖されていたりしたので、
迂回しながらも大文字山を目指しました。
 
約1時間30分くらいで大文字山に到着。
火床で京都市内を一望しながら昼食を食べ、
ワンゲル部のお約束の集合写真!
 
10336611_1229932030354264_5194954566387071130_n.jpg
山頂から山科方面に向け下山。
下山途中に山科帝釈天と毘沙門天の両方にお参りをし、目指すは山科駅へ。
 
山科駅に到着後、ワンゲルのお約束 記念写真を済ませ、JR東海道本線で京都駅へ。
 
京都駅で約2時間の自由時間後、
世界で優秀な成績を残したNozomi Sanのために祝賀会を開き、
クラブ全員で盛大にお祝い!!
 
 
次回は、現役全員で海外・NZへ!
 
初経験の人もいるので、いい勉強になりそうです。

カレンダー

2020年2
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29