HOME > OIUクラブHOTレポート > 枚方キャンパス:E.S.S部

HOT REPORT/OIUクラブHOTレポート

常夏の南の島でフェアトレードを。E.S.S.の挑戦が始まる!

フェアトレードとは、貧困のない公正な社会をつくるための、対話と透明性、互いの敬意に基づいた貿易のパートナーシップです。フェアトレードは、特に「南」の立場の弱い生産者に、よりよい貿易の条件を提供しその権利を守ることによって、持続可能な発展を支援します。

また、単に物を売買しているだけでなく、公正に貿易を行なうことが可能であることを証明しています。既存の貿易のルールや慣習を変える必要があることを明らかにし、どうすればビジネスとして成功しながら人の権利も守ることができるかを示しています。

抜粋元
『世界フェアトレード機関(World Fair Trade Organization; WFTO)』 http://www.wfto.com/)
なお、2010年5月8日は世界フェアトレードデーでした。
http://www.wftday.org/2010/about_wftday/index.htm

E.S.S. それは英会話を楽しむためのクラブ

"E.S.S."とは「English Speaking Society」の略。簡単に直訳すると「英会話部」といったところか。活動内容は、TOEICや英検受験(E.S.S.部員は共に受験料のサポートあり!)に向けての勉強や、海外からの留学生との積極的な交流など、様々な人や物事を通じて英語を学ぶのが主。とはいえ、活動場所は教室が中心。それゆえ体育会系のクラブに比べると、失礼ながらも正直地味、である。そんなE.S.S.が今、大阪国際大学の学内から世界にはばたくクラブのひとつに変貌を遂げようとしている。

大阪国際大学が独自に設ける「Challenge The Global Mind ~学生チャレンジ制度~」に応募したのが、そのきっかけ。制度の詳細は別欄をご覧頂くとして、E.S.S.が'09年に企画し、採用されたのは「タイの子供達に絵本を届ける」というボランティア。

その内容が、新聞を始めとする各種メディアで報道され、更には'11年度版の大学案内にも巻頭で紹介されるなど、結果として学校の内外から注目を集める活動となったのである。

もっとも、部員達は話題作りの一環ではなく、「楽しみながら外国の人と話せるようになる」というクラブのモットーを遂行しただけと、やたら涼しげ。がしかし、である。今年もチャレンジ制度には「もちろん挑戦予定」と、企画締め切りの6月18日に向け、部内は日を増すごとにヒートアップしている模様。そこで今回のホットレポートでは、企画のさわりだけを特別に教えて頂いた。

9月17日(木)付の毎日新聞にチャレンジ制度採択のE.S.S.「Summer Santa Claus in Thailand」の活動が 大きく掲載されました!

チャレンジ制度とは

大阪国際大学の個性豊かな学生達が考えたオリジナル企画に、最高50万円の奨励金をつけて支援する夢のような制度。但し、独創性と実現可能性が求められるため、採用への道は「限りなく険しい」というのがもっぱらの評判。とはいえ、その名の通り「チャレンジ」してみないことには何も始まらないのも事実。 提出した企画すべてに、夢を掴むチャンスが与えられるのだから。

ページのTOPへ戻る

夢をカタチにしてみると…

「将来は発展途上国の手助けにもなる貿易の仕事に就きたい」。
始まりは、ひとりの女性部員が語ったそんな夢にあった。
その発言を受けた学校職員の方が参考になればと紹介したのは、途上国から適正な価格で製品を購入する「フェアトレード」。商談はもちろん英語で行う。

チャレンジ制度の企画としても、E.S.Sの活動としても、出会うべくして出会った海外交流のカタチである。それが今回の企画の核。

行き先の最有力候補は南太平洋に浮かぶ常夏の某島国。
そこで買い付けた製品の販売先は、なんと大阪国際大学の入試広報部!オープンキャンパスに来校してくれた人達に、自分達が公平な国際貿易で仕入れた商品を学校側からプレゼントしてもらえないかという提案である。実現すれば関わった人のすべてがハッピーになれる挑戦。採用されるかされないかは、部員の熱意と企画書次第!
さぁどうなる!

ページのTOPへ戻る

テーマ 単位 内容 奨励金
ファッションショー 団体 ファッションサークル「Priceless」が大学祭だけでなく
外部のファッションショーへの出演も目指し、制作・スケジュール調整・音響・舞台構成なども自分達で実行する。
500,000
ファッション・フリーマガジン
「SxLxMx」の製作・配布
団体 ファッションを通して学生に刺激を与え、
意見を主張する場を「雑誌」上に実現することを目的として、
フリーマガジンを作成して大学祭で配布する。
500,000
Summer Santa Claus
in Thailand
~貧困に苦しむタイ(スラム)の
子ども達に夢を届ける~
団体 ESS部が国際ボランティア活動を目指して、
タイのスラムに住む子供達の教育に必要な本や文具を届ける。
そのための検本活動のために近隣の地域の人々との
交流を深めることも目指す。
360,000
ギネスにチャレンジ!
~ドミノで枚方キャンパスを元気にしたい!~
団体 枚方キャンパス構内でドミノを並べてギネスの記録に挑戦することで学生の親睦を深めことを目的とする。 380,000
テーマ 単位 内容 奨励金
サマースクール2008 団体 地域とのつながりを強くするために近隣の小学生を対象としたスポーツを取り入れた4日間のスクールを実施 350,000
ファッションショー 団体 オープンキャンパス、大学祭時に衣装を作りヘアメイクも施してのファッションショーを行い、高校生に好きなことに挑戦する楽しさや情報発信の醍醐味を伝える 205,000
枚方農業活性化 団体 人手不足で農家が減少している現状を知ってもらうとともに農業に興味を持ってもらうため、JAと協力しながら11月23日に開催されるNPO枚方フェスタ2008を盛り上げるとともに、出展しアピールする 500,000
天竜川ホワイトウォーター
フェスティバル
団体 ワンダーフォーゲル部によるラフティングで国内唯一中・高校生の参加が認められている天竜川ホワイトウォーターフェスティバルに参加者を募集し、事前練習、大会を通じてレースラフティングの魅力を体験してもらう 420,000
テーマ 単位 内容 奨励金
Water Kids Club
(川の安全・環境講習会)
団体 ワンダーフォーゲル部主催の小学生高学年を対象としたリバーレスキューガイド及び消防士による川に関する安全講習会、ショートラフティング、環境保護講習会の開催 387,500
「I and A」 個人 より多くの人に現代の若者の考えを知ってもらうため、また、自分自身を見つめ直すきっかけとなるよう現代の若者の姿を映画にし、大学祭での上映、コンクール等への出展 373,600
CM製作 団体 地域の人に大学を知ってもらうとともに馴染んでもらうために、エフエムひらかた若しくはエフエムもりぐちの40秒スポットを購入し、大学を紹介するCMを制作し放送 330,000
サマースクール 団体 地域とのつながりを強くするために近隣の小学生を対象としたスポーツを取り入れた4日間のスクールを実施 348,450
テーマ 単位 内容 奨励金
~今会いにゆきます~ 個人 日本語教員アシスタント派遣研修でお世話になった韓国の東州大学に再び1ヶ月間行き、日本の文化を紹介するとともに韓国の文化を学ぶ。 74,110
テーマ 単位 内容 奨励金
ハーン来訪~三度目の正直~ 個人 モンゴルの文化や抱えている問題を知ってもらうためにモンゴル祭りを企画し開催する。 388,562
サマースクール2005 団体 大学周辺の小学生に募集を行い、4日間の日帰り日程でレクリエーションや遠足、調理実習などの体験学習を行う。 229,450
経験豊富な栄養教諭になろう 団体 栄養教諭を目指すうえで単なる受身の学習ではなく、野菜の栽培や収穫、市場の見学、テーブルマナーや食の文化を学ぶ。 250,160

ページのTOPへ戻る

さて、E.S.S.も絶賛企画中のチャレンジ制度。今後のスケジュールは、提出された企画書による書類選考がまず行われ、通過者には選考委員を前にしたプレゼンが7月下旬に予定されているとか。

その場では企画意図や予算について、今話題の事業仕分けさながらの鋭い質問が飛び交うとのウワサも。さぁ、どうする!ホットレポートでは、当落に関わらず、E.S.S.が最終的に提出した企画の詳細をお伝えする予定ですので、乞うご期待!

※E.S.S.の今後の活動(2010年6月10日現在) 6月19日 オープンキャンパス at枚方キャンパス ブース出展
※昨年のE.S.S.の取組み「Summer Santa Claus in Thailand」は2011年度大学案内にも掲載されています。
無料資料請求はこちらから(テレメールへ移動します)

OIUクラブHOTレポート一覧へ