HOME > OIUクラブHOTレポート >守口キャンパス:ダンス部

HOT REPORT/OIUクラブHOTレポート

心もカラダも躍らせる ダンス部の晴れ舞台。

カラダひとつと音楽だけで、様々なことを表現できるのがダンスの素晴らしいところ。人前で踊る快感は、1度経験するとやめられなくなるなんて噂も…。今回のホットレポートでは、華麗なパフォーマンスで見る人を魅了する、ダンス部の活動に迫ります!
いろんなダンスにLet's Challenge!ヒップホップを筆頭に、ブレイク、ジャズ、ロック、クランプ、ポップ…と、部内には様々なダンスのグループがあるという。ヒップホップをメインに練習している人が多いそうだが、ちょっとジャズダンスを経験してみたいクランプって面白そうなんて具合に、仲間が踊っている他のダンスが気になることも、もちろんあるかと。そんなときでもOIUのダンス部なら大丈夫。
初心者も多いので、まずはいろんなダンスを経験してもらいたいし、経験者でも他のジャンルの動きから新たな発見があったりするので、どんどんチャレンジしてください!と部長の藤田真憂さん。練習は週3回。総勢50人に迫ろうかという大所帯だけに、練習場所を確保するだけでも大変かと思いきや…キャンパス内には全員が一緒に練習できる、鏡張りの大きなフィットネスルームがあるんです。ひとつあるだけでも贅沢なのに、OIUにはそれが3つも。みんなで練習すると、お互いに刺激を受けて高めあえたりもするので、練習環境にはホント恵まれてますね。
練習の成果を披露する活躍の舞台。磨きを掛ければ掛けるほど成長を実感できるのもダンスの楽しみのひとつ。いままでできなかったステップをひとつ踏めるようになるだけで、ダンスの幅は2倍にも3倍にもなるのだ。しかし、なんといってもダンスの醍醐味は、たくさんの人に自分の踊りを見てもらうこと。もちろん、その舞台はOIUのダンス部にも用意されている。新入生歓迎会まず第一の舞台は4月の新入生歓迎会。ダンス部の新しい仲間を増やすべく、みんなで作品を創り、新入生たちに披露するのだ。実際、その歓迎会で「先輩たちが踊っているのを見て入部を決めた」って人も結構いるんだとか。
キャンパスコレクション 続いての舞台は毎年5~6月に行われるキャンパスコレクション、通称キャンコレ。プロダンサーの出演やファッションショーなどもあって注目度も高い上に、会場もなんばHatchやエディオンアリーナ大阪(大阪府立体育館)という超大バコ。「緊張もするけどテンションもメチャクチャ上がる」そうで、数千人を前にスポットライトを浴びて踊る経験は、そうそうできるものではないかと。
優花祭 そして部員の多くが「一番楽しい」と声を揃えるのが大阪国際大学・短期大学部の学園祭「優花祭」だ。ダンスのジャンルを問わず、部員全員がひとつのステージに立つ唯一のイベントで、友達から家族まで、いろんな人たちに自分のダンスを披露できるのは「何より嬉しい」そう。「ダンスをするようになってから、どんな場面でも物怖じすることがなくなった」という藤田さんのように、この経験は社会に出てからも、いろんなところで役に立つはず。
おしえてグロービー

君は「昼イベ」をみたか?

昼休みに2~3人のチームを組んだダンス部のみんなが、キャンパスのいろんなところでパフォーマンスを披露しているんだって。噂によると、職員さんたちにも好評なんだとか。1年を通じて行っているそうなので、どこかで見かけたら是非足を止めて声援を!

OIUクラブHOTレポート一覧へ