HOME > OIUクラブHOTレポート > 守口キャンパス:女子硬式テニス部

HOT REPORT/OIUクラブHOTレポート

大好き!!だからずっと続けたい笑顔のラリー 女子硬式テニス部

テニスと言えば、世界を舞台に活躍する日本選手もいて馴染みのあるスポーツだよね。でも、屋外の競技として考えると1試合2時間~3時間かかることもあり、なかなかにハードでタフなスポーツ。今回は、女子硬式テニス部で約2年間、ダブルスコンビを組む仲良しペアにスポットをあて、その面白さや魅力について語ってもらいました。
interview
お互いを信頼して『あ・うん』の呼吸で
お二人のテニス歴を聞かせてください 中学で軟式テニスをしていたので、高校から硬式を始めて6年くらいです。 わたしは中学の時からなので、今まで8年間くらい硬式テニスにどっぷり浸っている感じです。
ダブルスで組んでいるそうですが、二人のプレースタイルも似ているんですか? それが真逆で、わたしはどちらかと言えば守りが得意で、彼女は攻めが得意。だから、ペアとしてうまく機能しているところもあります。 今までいろんな人とペアを組んできたけれど、相性は一番いいかもしれない、と思います。お互いの性格もわかっているし、「あ・うんの呼吸」もバッチリだと(笑) テニスでペアを組む以前に、性格が合うかどうかは大きいです。性格が合わないとペアでのプレーにも影響が出てきます。わたし自身、アギー(塩路さんの愛称)のことをとっても信頼しています。 そんなこと言ってもらって、すごく嬉しい!わたしももちろん、信頼していますよ、ノノカさんのこと。一つ先輩だけど、何を話してもちゃんと聞いてくれるパートナーだと思います。
守備と攻撃のナイス・コンビネーションが鍵!
女子硬式テニス部の活動内容とダブルスの練習方法を教えてください。 普段は週に4日、2時間ずつ松下町校地の屋外コートで練習しています。ダブルスのポイントを左右するのはボレーが決まるかどうかが大きいので、ボレーに重点を搾ったゲーム形式の練習をすることが多いですね。 コーチがこちらの裏をつく所、そこに落とすの!?というところにポンッと球を落としてくるので、そういう難しい球をどうやって拾っていくか。こちらとしては、相手チームに取りにくい球を落してポイントを取りにいく。相手の動きやプレーを予測しながら、パートナーと連携してプレーするので、ほんとにコンビネーションが大事なんです。
個々のプレーで課題にしていることはありますか。 わたしは攻めに徹したいので、いかにネットの上ギリギリを狙えるか。プレー中はいつもそこを意識して取り組んでいます。 わたしはどこまで球を拾ってつなげていけるか。粘り強く守って、チャンスが来たらポイントをキメる。以前、錦織圭選手の決め技「エアー・ケイ」にも挑戦してみましたが、なかなか難しくて断念しました(笑)
卒業後もテニスにかかわりたい!ふたり、同じ夢に向かって
今後もテニスを続けていきますか そうですね。テニスが好きなのでずっと続けたいと思っています。大学卒業後は教師になって、テニス部の顧問になれればと。指導者としてテニスの楽しさを伝えていきたいです。 偶然ですが、わたしもノノカさんと同じ夢をもっていて、将来は高校で教えながらテニス部の顧問として指導していけたらと思っています。今、指導していただいている柴田コーチみたいに、できる限りテニスを続けていきたいです。
ダブルスが一番楽しい!! 軟式も経験しましたが、硬式テニスに出会ってさらにテニスの面白さに気付きました。ずっと続けるなら、やっぱり硬式。ダブルスでゲームをしている時が一番楽しいし、やりがいを感じます。
最高に面白い瞬間を伝えたい。 シングルスでもダブルスでも、ゲームで自分のイメージ通りに球がキまった時は最高に面白いし、気持ちいい。この面白さを後輩や子どもたちに伝えていきたいと思いますね。
同じアスリート目線に立って全力でサポートしています。 指導にあたって大切にしていることは、部員一人ひとりのやる気を引き出すこと。こちらが目標を与えるのではなく、自身が目標を立ててそれに向かって努力する、モチベーションを上げる――それが理想形だと思います。私自身、今も現役としていろんな大会にエントリーしてコートで闘っています。だから、頭ごなしで強要したり、努力を否定するような指導は決してしません。これからも同じアスリートの目線で部員たちの特性を見ながら一人ひとりの持ち味を伸ばしていきたいと思っています。
おしえてグロービー

ダブルスのペア選び、秘訣ってあるの?

学生リーグ戦では通常、シングルス3試合とダブルス2試合の合計成績で順位が決まるから、息の合ったダブルスペアは、チームの大切な戦力なんだ。一説によれば、ダブルスでペアを組む秘訣は得意なショットが異なる人と組むこと。その方が戦術に幅ができ、お互いの良さを認め合えるからコミュニケーションもスムーズに。そして、得意・不得意が違うのでお互いにミスをしてもあまり気にせずに、のびのびとプレーできるんだって。

OIUクラブHOTレポート一覧へ