クラブブログ

クラブブログ

10

【華道部】学外研修(京都・六角堂 池坊家元訪問)華道体験2018.09.18

今年の4月から何年ぶりかに再活動を始めた華道部は、夏休みの学外研修として、9月10日に京都の六角堂ならびに池坊会館見学、池坊家元生け花体験をしました。池坊華道に造詣の深い宮本学長(特別顧問)と共に、2年生3名、1年生3名の部員が参加しました。

池坊華道会の小橋傑様が、六角堂(正式名は紫雲山頂法寺)と池坊の歴史について詳述くださり、その後、池坊会館の歴史ある展示物を拝観しました。更に、木挽登士子先生のご講義を受講させていただいた後、お花を生けました。池坊華道の「生け花」に対する考え方、人と同じように命や個性を持った花々が、今日・明日・明後日と命を繋ぐために空間を考えながら花の色と形を活かす生け方、花を愉しむことの大切さを教えてくださいました。お手伝いいただいた岡口先生や浦田先生にも感謝申し上げます。

もともと仏前への献花という形から発祥した池坊の華道ですが、聖徳太子が創建した六角堂の初代住職に小野妹子が就任、寺院の住職が華道の家元を兼ねるようになった池坊の根底には、「どのように生きるか」ということが存在するように感じます。「美しく咲いた花だけでなく、蕾にも、朽ちた花にも命がある」と説かれているように、「人の生」と同じように「花の生」の未来を考えながら生ける「生け花」がそこには存在するのでしょう。

華道部員達は、華道の奥深さを学び、貴重な体験を通して、これからの自分自身の未来について考える良い機会となりました。秋雨の降る古都を背に、1年生は自身の課題への取り組み、2年生は最後の学生生活の総まとめ学習に挑みます。そして、10月の大学祭(優花祭)では、統一テーマに基づいて各人が生け花を展示しますので、是非、ご覧ください。

DSC_0471.JPG

DSC_0466.JPG

DSC_0473.JPGDSC_0479.JPG

DSC_0483.JPG

【バレーボール部(女子)】秋季リーグ 2戦目 vs 千里金蘭大学2018.09.17

千里金蘭大学 【1セット目】 初戦で負けてしまった国際は今日は勝利を掴もうととても気合が入っていた。肝心な1点目は、金蘭畠中(#1)の大きい壁で国際土川(#16)が止められる。さらに、金蘭平松(#23)がレフトからストレートに打ちこんできた。国際のミスも出てしまい0-3と出だしから点差をつけられてしまう。しかし、国際土川(#16)のレフトから誰も取れないようなコート内側の所に打ち込み1点を取るも、金蘭畠中(#1)による相手をよく見た攻撃で点を取られる。ここで国際湊(#13)の速い攻撃で点を取るが、金蘭平松(#23)の小さい攻撃や、金蘭畠中(#1)のサーブで点を許してしまい、2-6と点差をつけられてしまう。ここで国際松永(#22)の真ん中からの相手をよく見た攻撃で点を重ねるも、国際のミスも出てしまい、5-8とゲームが進む。ここで国際湊(#13)の強烈な高い壁で相手コートにボールを跳ね返して点を取る。しかし金蘭大の勢いは止まらず6-11と点差を広げられた所で国際流れを止めようと1回目のタイムアウトを要求した。しかし金蘭大の流れは止まらず6-15とさらに点差をつけられてしまう。ここで国際土川(#16)の相手の高いブロックを利用して外にはじき出す。しかし金蘭畠中(#1)のライトからの強烈なスパイクが繰り広げられ点を許してしまい7-17と点差がついたところで国際2回目のタイムアウトを要求。しかし、金蘭畠中(#1)のライトから奥のとても難しい所に打ち込まれてしまうが、国際土川(#16)のレフトからパワーあるスパイクで相手を吹き飛ばす。ここで金蘭平松(#23)や高橋(#2)畠中(#1)の攻撃により連続得点を許してしまい、10-24とさらに点差をつけられてしまう。ここで負けてられるかと国際綱田(#1)のレフトからの強烈なパワーあるスパイクで点を取り11-24とゆっくり点差を詰めていく。しかし金蘭高橋(#2)のセンターからブロックをはじき出されてしまい、11-25と1セット目を取られてしまう。 【2セット目】 1セット目を取られてしまい、2セット目は取り返したい国際。出だしから両者譲らぬ粘り強いラリーが繰り広げられるが、国際綱田(#1)がライトからクロスにスパイクを決め、国際が先制点をあげる。続いて、国際内山(#31)もライトからクロスに力強いスパイクを決め、連続して国際松永(#22)が真ん中からの早い攻撃を使って、相手をよく見て点を決め、一気に3-0とリードをつける。金蘭畠中(#1)もライトからクロスにコートの前の方へ強烈なスパイクを打ち込むが、それでも勢いが止まらない国際はさらに2連続ポイントを重ね、5-1となる。負けられない金蘭大も金蘭下川(#25)が素早い攻撃を決めるが、国際内山(#31)がライトから頭を使った攻撃で点を決め6-2となる。ここから意地を見せた金蘭大に4連続得点を許してしまい、6-6とゲームが振り出しに戻るが、国際湊(#13)がライトから幅の広い攻撃を使って点を決め、国際綱田(#1)がレフトから相手コートの前の方にスピードのあるボールを落とし、さらに国際土川(#16)がサーブポイントを重ね9-6となる。金蘭大もレフトからストレートにスパイクを決め、9-7となりここから追いつきたいところだが、国際綱田(#1)も負けじとレフトからストレートに相手のブロックをよく見てスパイクを決め、国際湊(#13)がスピードと重さのあるサーブを決め11-7となる。しかしここで、金蘭高橋(#2)がセンターから少し高めの攻撃でブロックを使って外に弾き出し、続いてレフトから金蘭西(#6)がブロックの間を打ち抜き11-9と点差を詰めにかかる。だが、国際綱田(#1)もすかさずレフトからブロックを使ってコートの外にボールを弾き出し点を決める。なんとか勢いに乗りたい金蘭大は金蘭西(#6)が幅の広い攻撃を使ってブロックを弾き飛ばし点を決め12-10となる。金蘭大はここで2連続失点をしてしまうが、金蘭西(#6)がレフトからクロスへスパイクを打ち、14-11となる。さらに金蘭畠中(#1)がセンターからブロックを弾き出し点を決め15-12となるが、負けじと国際内山(#31)がライトからストレートの奥の方へスパイクを決め、さらに国際土川(#16)がレフトからストレートにブロックを使って外に大きく弾き出し、国際湊(#13)もテンポの早い攻撃を使って、相手の前に緩くボールを落として点を決め、18-12とまた点差を広げる。金蘭大もここで金蘭畠中(#1)がライトからストレートへ強烈なスパイクを打ち込むがなかなか追いつけない。国際綱田(#1)の最後まで諦めずにボールを繋ぐ粘り強いレシーブから相手のミスを誘い19-13となり、ここで金蘭に1点許してしまうが、国際綱田(#1)がレフトからストレートへスパイクを決め20-14となる。金蘭大も負けじとスパイクを決めるが、国際松永(#22)が高さを生かした攻撃で点を決め21-15となる。ここで意地を見せた金蘭大は持ち味である粘り強いレシーブから国際のミスを誘い、21-18と一気に点差を詰めにかかる。ここで国際はたまらず1回目のタイムアウトを要求する。出だしから切り替えていきたい国際は国際綱田(#1)がライトから素早い攻撃で点を決めるが、金蘭畠中(#1)もライトから落ち着いて相手をよく見た攻撃で点を取り、両者譲らぬ戦いとなる。しかしここで国際土川(#16)がレフトからクロスへ相手コートの空いているところをよく見てボールを落とし、さらに相手のミスを重ね24-18とセット先取へとリーチをかける。ここで金蘭大が1回目のタイムアウトを要求する。タイム明けの1点目は金蘭大に許してしまうが、最後は国際土川(#16)がレフトからストレートへスパイクを決め25-20で2セット目を終えた。このままの勢いで勝利へと繋げたい。 【3セット目】 2セット目をとった国際はそのまま3セット目をとりたい。1点目の攻撃は金蘭畠中(#1)の攻撃だった。だが次の点は相手のミスで国際の点となり1-1となる。そして国際土川(#16)がライトからブロックの上を打ち込み、リードするが相手も簡単には取らしてくれず3-3と同点となる。連続得点をとりたい国際だが金蘭高橋(#2)の早い攻撃でコートの真ん中に突き落とされ、そこから2点連続で取られてしまい3-6と離れてしまう。ここで点数をとりたい国際土川(#16)が相手のスパイクをブロックする。それに負けじと金蘭大もブロックをかわしてスパイクを決めてくる。焦る国際はミスをしてしまい、4-8となかなか点差が縮まらない。なんとかしたい国際湊(#13)は高いブロックで相手の攻撃を止めて点をとり、そこから国際綱田(#1)がレフトから、パワフルなスパイクを打ちきって、流れを掴んむ国際は8-8まで同点と追いつく。両者とも点を譲らない試合で11-11となる。そこで金蘭畠中(#1)がセンターからスパイクを打ち込んでくる。負けない国際内山(#31)はライトからパワフルなスパイクで2点決める。流れを掴みたい国際だが、サーブミスをしてしまい、また13-13と並んでしまう。そして、相手の攻撃で2点連続を取られてしまう。そこで国際はタイムアウトを要求し、気持ちを落ち着かせた。そこで相手のサーブミスで14-15となるが、金蘭宮田(#24)のライトからブロックを使った攻撃から流れを掴まれ、4点連続取られてしまい、14-19と点差を離される。流れを止めたい国際土川(#16)はレフトから相手を吹き飛ばすようなスパイクで、点を決める。だがなかなか流れが掴めず、相手の攻撃でやられてしまい、15-20になる。負けられない国際は綱田(#1)が相手のスパイクをブロックをして、点をとり、焦る金蘭大はミスをして17-20と点差が縮まる。だが金蘭大の攻撃で点を取られ、もう離したくない国際松永(#22)がセンターから高い打点からスパイクを放ち、決まり、そして綱田(#1)もライトから鋭いスパイクを決めきる。19-21で追いかける国際。負けじと金蘭大もスパイクを決めきってきた。追いかける国際の綱田(#1)がライトから冷静な判断で決めきり、21-22と1点差まで追い詰めた。焦る金蘭大は一回目のタイムアウトを要求し、冷静になった金蘭畠中(#1)がライトからセンターに回り、ブロックを揺さぶり決め切られる。それを追う国際土川(#16)もパワーのあるスパイクをレフトから打ち込んで決めきり、22-23と接戦となるが相手の攻撃で2点連続取られてしまい22-25で、3セット目を落としてしまった。 【4セット目】 3セット目を落とし後がない。そのセットを先取し次のセットへ持ち込みたい国際は序盤から雰囲気がとても良く国際内山(#31)がレフトから鋭くスパイクを決めた。そこから国際は粘るもミスが出てしまい金蘭大に得点を許してしまう。波に乗った金蘭大に2点を先制され1-3となった。しかし、国際内山(#31)が相手のスパイクを読みブロックで仕留めた。すぐさま金蘭平松(#23)がレフトから真ん中に鋭い攻撃をし2-4。ここから国際の連続得点が続き国際大谷(#27)の鋭い攻撃、相手のスパイクを止め、国際田中(#5)が誰もいないところへボールを返し得点し6-4まで追い上げた。しかし離されまいと金蘭畠中(#1)が移動しながら攻撃を決め金蘭平松(#23)がクロスに鋭いスパイクを決め同点に追いつかれるも相手もミスで1点先制しそこから国際の逆襲が始まる。国際大谷(#27)がブロックポイントをとると国際土川(#16)がサービスエースをとった。相手もミスが目立ってき国際が波に乗ってきたところで金蘭大が1回目のタイムアウトを要求した。タイム明け流れを変えられたくない国際は雰囲気も良く一丸となった。国際の粘り強いプレーから相手を圧倒し相手のミスが続き14-8まで点差を開けた。このままの勢いで国際松永(#22)が相手のスパイクコースを読み阻止した。相手は焦りからミスをしそのまま金蘭大2回目のタイムアウトを要求した。タイム明け金蘭大に連続3失点を許すも国際土川(#16)の力強いスパイクや国際内山(#31)のブロックを利用した攻撃で18-13となった。ここで国際は内山(#31)に変わり大井(#21)がメンバーチェンジでコートに入った。流れに乗っている国際は大谷(#27)のブロックポイントで一気に点差を離すと相手に得点されるも負けじと国際綱田(#1)みんなでつないだボールを打ち切り決めきった。続けて国際赤尾(#4)も誰もいないコースへ決めた。金蘭高橋(#2)に得点されるが国際の粘り強いプレーで25-17でこのセットを勝ち取った。 【5セット目】 2セットずつを取り合い最終セットを取りきりたい国際はまず松永(#22)の早い攻撃を決める。金蘭畠中(#1)に強烈なスパイクを2本決められ続けて金蘭平松(#23)にコートの端をねらう強烈なスパイクを決められ3連続失点をしたところで国際1回目のタイムアウトを要求。追いつきたい国際は松永(#22)の早い攻撃を使い一点を返し2-3。しかし金蘭大の勢いは止まらず4連続失点をして2-7となる。流れを掴みたい国際は内山(#31)がブロックを使った技術的なスパイクで流れを変える。続けて国際大谷(#27)が相手から返ってきたボールを直接相手コートに落とし連続得点。金蘭大に一点を返されるも流れを掴んだ国際は続けて2連続得点をして6-8と2点差まで詰め寄る。ここで金蘭大1回目のタイムアウトを要求。同点に追いつきたい国際は大谷(#27)を起用しその期待に応え2連続得点。国際のミスで相手に1点を与えてしまうも国際綱田(#1)が相手コートをよく見た技術的なスパイクを決めて9-9の同点。国際大谷(#27)がファインプレーを見せるも金蘭西(#6)に高さのあるスパイクを決められてしまう。国際綱田(#1)も強烈なスパイクを叩きつけ反撃する。金蘭西(#6)と国際綱田(#1)の打ち合いとなり1点ずつを取り11-11。金蘭畠中(#1)にライトから高いところから強烈なスパイクを決められるも国際内山(#31)も同じようにライトからコートの端に強烈なスパイクを決めて12-12。ここで先にリードしたい国際は山崎(#33)を起用。サーブで相手を崩すも金蘭畠中(#1)に力のあるスパイクを決められてしまう。1点ずつの取り合いが続き先に金蘭大に15点目を取られたところで国際2回目のタイムアウトを要求。後がない国際は粘りを見せるも惜しくも16-14で最終セットを逃してしまう。

【バレーボール部(女子)】秋季リーグ戦 第1戦目 vs 京都橘大学2018.09.16

9.9 (日) 開幕戦は勝利を掴みたい国際は土川(#16)がレフトから強烈なスパイクをクロスに決めた。橘高田(#13)にライトから強烈なスパイクをクロスに決められたが、国際湊(#13)が高さを活かした速い攻撃で相手の真ん中に押し込んだ。だが、橘上岡(#11)がライトから鋭いスパイクをクロスに決め吉田(#26)はサーブを決め2-3となる。そこから橘が流れに乗って国際は7連続失点をしてしまい4-11となる。国際は慌てて1回目のタイムアウトを取る。タイムアウト後切り替えたい国際だが橘高田(#13)にレフトから鋭い角度のあるスパイクをクロスに決められたが負けじと国際菊池(#20)がライトから相手のコートをよく見て空いている所に落として決めた。しかし、橘吉田(#26)と上岡(#11)にスパイクを決められ3連続得点を許し7-15となる。だが、国際赤尾(#4)もライトからブロックを上手く使い外に弾き飛ばして1点を取り返すがまた橘に4連続得点を許してしまい8-20となる。そこから国際は巻き返そうと国際綱田(#1)がレフトから鋭いスパイクをストレート奥に決めまたサーブも決めた。それに続き国際土川(#16)がクロス奥に決めて12-21となった。だが、また橘に3連続得点をされ12-24となり先にマッチポイントを取られてしまう。それから相手のサーブミスで1点を取るが最後はブロックを吸い込んでしまい13-25でセットを落としてしまった。次のセットは切り替えてセットを取りたい。 京都橘大学 【2セット目】 1セット目を取られた国際はこのセットを必ず取りたい。1点目は国際菊池(#20)がサーブを決め、続いて国際湊(#13)が奥に速い攻撃を決め2-0といいスタートを切ったが橘上岡(#11)がレフトから鋭いコースに決めるが国際赤尾(#4)がライトから際どいコースにスパイクを決め4-1とリードを広げた。しかし橘森田(#15)がライトから冷静な判断で前に落としそこからリズムを作った橘は橘池谷(#2)のブロックポイントで5-4とリードしたが負けじと国際赤尾(#4)も速い攻撃で点を決め5-5となった。また国際綱田(#1)がレフトからクロス奥にスパイクを決め5-6とリードを奪ったがそこからシーソーゲームが始まり8-8まで進んだ。しかし国際のサーブミスから国際のつなぎミスが続き、相手のスパイクも決められ11-8とリードを広げられた。そこで意地を見せた国際菊池(#20)の速い攻撃と国際湊(#13)の鋭いコースへのスパイクで点を重ね11-10まで追いついた。しかし橘吉田(#26)の移動攻撃でリードを広げられた。そこからどっちも譲らない展開が続き国際菊池(#20)の冷静な判断で相手のコートにボールを落とし14-14となる。そこから橘の攻撃が止まらない。橘森田(#15)の速い攻撃から橘池谷(#2)のレフトからの鋭いコースに点が決まり17-14となり、たまらず国際はタイムアウトをとった。タイム明け国際松永(#22)の高さを生かした攻撃が決まり17-15となり、国際の粘り強い繋から相手のミスを誘い17-16となるがそこから国際のミスが続き20-16となる。そこで国際菊池(#20)がライトからクロスに決め20-17となるが橘森田(#15)の移動攻撃と橘山下(#9)の冷静な攻撃が決まり22-17となり、切り替えたい国際は2回目タイムアウトをとった。タイム明け国際菊池(#20)がライトからクロスに鋭い攻撃を決め22-18となるが橘高田(#13)のブロックポイントと橘吉田(#26)の真ん中からコートいっぱい使った攻撃で点を決められ24-18となる。ここから粘りを見せた国際だったが橘の力強いスパイクで点を決められ25-20と2セットも落としてしまったが次のセットは必ず取りたい。 京都橘大学【3セット目】 ここを勝ち取り次に繋げたい国際。出だしの1点目は、国際綱田(#1)の強烈なスパイクが決まる。最初から走りたい国際だが、橘も必死である。出だしからシーソーゲームが続き、橘がスパイクポイント、ブロックポイントを取り2点をリードし4-6となる。なんとか追いつきたい国際。様々な攻撃を展開するが橘のブロックは高くなかなか追いつけない。ここでまた橘森田(#15)がパワーのある移動攻撃を決めてきて4-7と3点差になる。国際も負けずに粘るレシーブと、頭を使ったスパイクを見せる。湊(#13)が速い攻撃を相手コートのど真ん中へ落として決めたが橘高田(#13)もレフトからストレートに打ち抜いて5-9になる。国際綱田(#1)が負けじと、クロスへ鋭いスパイクを打ち込んで6-9になるがまだまだ国際は得点を重ねたいところ。国際綱田(#1)が誰も取れないスパイクを決め、菊池(#20)がライトからクロスへ相手の間へ上手くスパイクを決め連続得点をしここで点数差を縮め8-10になる。あと2点追いつきたい国際はミスはあるが、粘るプレーが増えてきた。橘が繋ぎのミスをし9-11となる。ここで国際松永(#22)がサーブを決めて、10-11と追いつけるチャンスが来たところで、国際土川(#16)がレフトからストレートにスパイク決めた。盛り上がりを見せるゲーム展開で11-11と追いついた。その後もシーソーゲームが続き、国際湊(#13)の真ん中の速い攻撃が決まり始めて来て16-16になった時に、国際綱田(#1)が意地を見せ得点を取り17-16でリードした。次も国際土川(#16)がレフトからストレートにスパイクを決め18-16になる。このまま走りたい所で橘が1回目のタイムアウトを取った。タイム明けでこのまま走りたい国際だが橘も負けずに、上岡(#11)がブロックを抜きスパイクを打ち込んでくる。国際もミスをして18-18となってしまう。焦りを見せる国際1回目のタイムアウトを取る。タイム明けも両チーム共に譲らず、まだシーソーゲームが続く。国際湊(#13)の速い攻撃が決まり、綱田(#1)がクロスのいいコースへスパイクを打ち切り、23-22と1点リードする。ここで橘2回目のタイムアウト。タイム明け心を落ち着かせてきた橘。森田(#15)が速い移動攻撃を決めてきて23-23と接戦になる。ここでやはり国際綱田(#1)がスパイクを決め、24-23になる。ここで勝ち取りたい国際。橘吉田(#26)が移動攻撃を叩き込み、高田(#13)がレフトからクロスへレシーブをはじき出すスパイクを決め、国際は2点奪われ、24-25とリードされる。国際2回目のタイムアウトを取る。タイム明け、国際は、しっかりとサーブカットをセッターへ返しラリーが続いたが、ラリーを勝ち取ることはできず24-26で試合は終了した。次の2回戦目は必ず全員で勝ち取りに行きたい。

絞り込み