クラブブログ

陸上競技部

関西学生新人戦陸上競技選手権 兼 ディムライトリレーズ「OIU result」
2019.10.10

こんにちは

2回生短長ブロックの山本です。

この大会はリレー以外の個人種目は1.2回生のみで

標準記録を突破した人のみ出場できる大会です。

そのため、今回は2回生が中心になってチームをまとめました。

初めて上の立場に立たせていただいて、

チームをまとめることがどれだけ大変なものかを知りました。

また、計画や実行していく中で、

小倉監督とのコミュニケーションを取れる機会が多く貴重な時間でもありました。

代表という立場に立たせていただけてとても嬉しく思います。

競技面では今ひとつ結果を残すことができませんでしたが、

この二日間でさらに強くなろうという気持ちが芽生え、

自分を強くさせる原動力になりました。

また、レースを通して自分に何が足りないのかを改めて

理解することができ、この先に繋がるレースであったと感じています。

主な結果は、入賞者9名・自己ベスト者3でした。

新人 1.jpg

こんにちは

2回生短距離ブロック木村愛沙です!!
今回関西新人陸上競技選手権大会に

100mと200mと4×100mRに出場させていただきました。
200mは、25"96から25"34と0.6秒大幅に

自己ベストを更新することができました!
しかし、記録は9番で準決勝敗退してしまい、

自分の実力がまだまだだと実感しました。
100mは、雨が降って風が強い中のレースでしたが、

一本一本落ち着いたレースができ、

決勝まで行くことができました。

大学の試合で初めて決勝まで行き、

自分の中で心身共に強くなれた試合でした。

4×100mRでは、日本インカレ前のリレーという事もあり、

バトンパスでのミスがないように意識したレースでした。

急遽メンバー変更がありましたが、安定したレースができ、

4位に入りました。

日本インカレでは、最高のパフォーマンスができるように、

練習に励んでいこうと思いました。
今回の試合でこのような結果が出たのは、

1週間前に夏合宿があり、

監督、先輩とコミュニケーションを取り、

自分の苦手な所やできていなかった部分を発見し、

理解、気づきを得て、それらを試合で発揮できたので、

このような結果が出たと思いました。

今後もたくさんの気づき、

監督、先輩とのコミュニケーションを大事にして練習に励んでいきます。

今回は、山本と一緒にチームの代表をさせていただきました。

大人数をまとめたり、引っ張る大変さなどを知ることができ、

とても良い経験になりました。

ありがとうございました!

新人2.pngのサムネイル画像

こんにちは。跳躍ブロック2回生の村田です。

今回、新人戦では走幅跳と三段跳に出場させていただきました。

走幅跳は6m19cm・三段跳は14m66cmで7でした。

今回の試合は、

ケガで思うようなパフォーマンスを発揮することができませんでしたが、

三段跳で7位に入賞できたことは自分の中では納得のいく結果でした。

後半シーズン残りの試合は少ないですが、

その残り少ない試合で良いパフォーマンスを発揮できるように、

まずは、ケガをきちんと治していきたいと思います。

新人3.jpg

中長距離ブロック2回生の粟津です。

自分は新人戦自体初出場で、

1500mに出場しました。

レース内容1200mまでとてもスローペースで進み、

ラスト300m入る手前からダッシュする形でラスト勝負となりました。

1200mまでは集団の後ろについていたのですが、

3分台や4分一桁台の選手のラストスパートのダッシュ力を目の当たりにして、

スピードが全然違い競り負けてしまいました。

走り終えて先輩から沢山のアドバイスを頂きました。

次は枚方記録会の1500mなので、

更にスピード持久力の向上を目的において練習に励んでいこうと思います。

新人4.jpg

こんにちは!

一回生投擲ブロック中川です

新人戦ではやり投に出場させて頂きました

今回、体重を後ろに残して力強く振り切る事を意識しましたが、

記録は39m77で40mには達しませんでした。

しかし、実際に試合で投げたことで、ブロック・スピード・槍の安定性が

不十分だというとこがわかりました。

この課題を日頃の練習で改善していき、40m投げられるように頑張ります。


次の記事へ

一覧へ戻る

次の記事へ

カレンダー

2019年12
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

アーカイブ