クラブブログ

陸上競技部

3

大体大競技会「OIU T&F results」2020.11.30

こんにちは!2回生マネージャーの金澤玲那です。

10月31日と11月1日に浪商学園陸上競技場にて、

第5回大体大陸上競技会・中長距離競技会が行われました。

私はマネージャーとして、

2日間動画の撮影・結果の速報・サポートを行いました。

検温やアルコール消毒、

マスク着用など感染予防の徹底を行い試合に参加しました。

今シーズンは新型コロナウイルスの影響で、

9月中旬から部活動が再開され、

試合に出場できる機会が中々ありませんでした。

私は、関西インカレに出場した選手以外は試合に出場することなく、

シーズンを終えてしまうと思っていたのですが、

監督である小倉先生を含め沢山の方々のおかげで、

選手が試合に出場できる機会をいただくことができました。

出場した選手は、今シーズン最初で最後の試合で、

記録を残すことができました。

中には、緊張してしまいうまく結果を出せなかった、

選手もいましたが、ほとんどの選手が、

試合に出場できたことに喜びを感じていました。

今回、1回生は初めての大学での試合となりましたが、

自己ベストを更新する者もいたので、

来シーズンがとても楽しみです。

冬季練習でも監督やコーチの方々、

選手とたくさんコミュニケーションを取り、

来シーズンに向けて沢山のサポートを行っていきたいと思います。

こんにちは!2回生短距離ブロックの福田です。

10月31日、11月1日に体大競技会に参加させていただきました。

400mと200mに出場し、

400mは自己ベストである49秒02(高校時は50秒70)を更新し、

200mでは自己ベストには及びませんでしたが、

自己ベストに近い記録を出すことができました。

コロナウイルスの影響で、

部活動の再開もここ1ヶ月程の出来事で、

自主練習が中心という中でしたが、

その自主練習の期間に、監督に動画を見ていただき、

動画を静止画にし連続写真にしてアドバイスをいただきました。

フォームの改善や脚の運び方を、

中心的に指導していただきました。

また、部活動が再開してからは、

スタートからの加速を中心に監督やコーチに、

指導していただきました。

その結果、400mの前半に力を使いすぎていた所が、

リラックスしながらも前に進む加速や走りが、

できていたため後半のスピード維持にも繋がり、

自己ベストを更新することができたと考えています。

200mでは400mに比べその加速を上手く行うことができず、

力を使った力んだ走りになってしまいました。

体大競技会に出場し、改めて試合の楽しさを感じることができ、

来年に向けての課題も見つけることができました。

今シーズンは、試合に出場することも、

出来ないかもしれないという状況の中、

私たちが試合に出場することができるように、

動いて下さった監督やコーチ、

たくさんの方々には感謝の気持ちでいっぱいです。

その感謝の気持ちを忘れずに、これからの冬季練習に励みます。

IMG_7803.JPGのサムネイル画像

IMG_7366.JPG

こんにちは!中長ブロック 2回生 真砂拓冬です。

今回、第5回大阪体育大学中長距離競技会、

1500m出場させていただきました。

まずはコロナ禍において記録会を開催してくれた関西学連、

大阪体育大学の関係者、

監督、コーチの方々には感謝しております。

結果についてですが、4'11"37で関西インカレB標準と

高校時の自己ベストを更新することができました。

このコロナ期間で練習量は落ちたものの、

質は今までより確保できたので目標タイムを、4'10とおきました。

そのくらいでは走れる感覚はありましたので、

先週あたりからレース前まで自信に満ち溢れていた反面、

約1年ぶりのレースだったので不安もありました。

結果的に練習通りの力を発揮することができて良かったです。

レース後も自分の走りを応援してくれた方々が評価してくださり、

今回、出場して良かったと思えました。

同時に、これからの中長ブロックを自分が引っ張っていき、

もっと期待に応えられるような選手になりたいと思いました。

自己ベストは更新できましたが、

まだまだ関西インカレでは戦えないので、

現状に満足せずに、来年シーズンには、

A標準である4'05を切ることを目標に、

これから練習に取り組んでいきます。

IMG_7801 (1).JPG

こんにちは!

摂津高校出身の1回生短距離ブロックの加治木悠真です。

今回、約1年ぶりの試合、大学初試合となりました。

久しぶりに試合の雰囲気を味わうことができ、

楽しんで走ることができました。

記録としては悔しい結果でシーズンを終えてしまいましたが、

来シーズンへの課題を見つけることが出来た試合となりました。

今回の試合は、収穫としてはとても良かったです。

この冬季シーズンで賢く練習を積み、

小倉先生やコーチの方々からたくさんのアドバイスをいただいて、

来シーズンに良い結果を出せるように練習に励みたいです。

IMG_7802 (1).JPG

こんにちは!

汎愛高校出身の1回生短距離ブロック山本稔太です。

大学に入学してから9月の中旬まで、

コロナウイルスの影響でクラブ活動を行うことができず、

試合がなくなっていく中、9月末に練習が再開されました。

10月末に大体大記録会が出場可能となり、

今シーズン最初で最後の試合で、

結果を出せたらいいなと考えていました。

練習を行っていく中で悩んでいる時に、

小倉先生から腕振りのアドバイスをいただき、

意識して取り組むと動きが良くなりました。

大体大競技会では、100mに出場し、

10秒8台を目標に取り組みました。

レースの内容としては、スタートから中盤までは、

自分の中で良い走りができたと思います。

しかし、70m以降で筋肉に異変を感じ、

減速してしまいました。

タイムは11秒06と自己ベストだったものの、

とても悔しい結果となりました。

今回の試合に出場し、良かったと思える点は、

コロナウイルスの影響で練習量が少なくなっていましたが、

自分の中で思っていたより走ることができたことです。

また、改善したいと思った点は、今年の冬季練習では、

筋肉を強化し怪我がないようにすることです。

大体大競技会での試合は、

悔しかった点もありましたが、

自分自身に自信を持つことができた、良い試合となりました。

IMG_7800.JPGのサムネイル画像

体大記録会「OIU T&F results」2020.11.26

こんにちは!2回生マネージャーの金澤玲那です。

10月31日と11月1日に浪商学園陸上競技場にて

第5回大体大陸上競技会・中長距離競技会が行われました。

私はマネージャーとして、

2日間動画の撮影・結果の速報・サポートを行いました。

検温やアルコール消毒、

マスク着用など感染予防の徹底を行い試合に参加しました。

今シーズンは新型コロナウイルスの影響で、

9月中旬から部活動が再開され、

試合に出場できる機会が中々ありませんでした。

私は、関西インカレに出場した選手以外は試合に出場することなく、シーズンを終えてしまうと思っていたのですが、監督である小倉先生を含め沢山の方々のおかげで、選手が試合に出場できる機会をいただくことができました。

出場した選手は、今シーズン最初で最後の試合で記録を残すことができました。中には、緊張してしまいうまく結果を出せなかった選手もいましたが、ほとんどの選手が試合に出場できたことに喜びを感じていました。

今回、1回生は初めての大学での試合となりましたが、自己ベストを更新する者もいたので、来シーズンがとても楽しみです。


冬季練習でも監督やコーチの方々、選手とたくさんコミュニケーションを取り、来シーズンに向けて沢山のサポートを行っていきたいと思います。

IMG_7800.JPG

こんにちは!2回生短距離ブロックの福田です。

10月31日、11月1日に体大競技会に参加させていただきました。

400mと200mに出場し400mは自己ベストである49秒02(高校時は50秒70)を更新し、200mでは自己ベストには及びませんでしたが、自己ベストに近い記録を出すことができました。

コロナウイルスの影響で部活動の再開もここ1ヶ月程の出来事で、自主練習が中心という中でしたが、その自主練習の期間に、監督に動画を見ていただき、動画を静止画にし連続写真にしてアドバイスをいただきました。

フォームの改善や脚の運び方を中心的に指導していただきました。また、部活動が再開してからは、スタートからの加速を中心に監督やコーチに指導していただきました。

その結果、400mの前半に力を使いすぎていた所が、リラックスしながらも前に進む加速や走りができていたため後半のスピード維持にも繋がり、自己ベストを更新することができたと考えています。

200mでは400mに比べその加速を上手く行うことができず、力を使った力んだ走りになってしまいました。

体大競技会に出場し、改めて試合の楽しさを感じることができ、来年に向けての課題も見つけることができました。

今シーズンは試合に出場することも出来ないかもしれないという状況の中、私たちが試合に出場することができるように動いて下さった監督やコーチ、たくさんの方々には感謝の気持ちでいっぱいです。

第97回関西学生陸上競技対校選手権大会~OIU&T&F results~2020.11.04

こんにちは!4回生主将短距離ブロックの森本秀翔です。

10月20日〜23日にヤンマーフィールド長居にて第97回関西インカレが行われました。 今回はコロナウイルスの影響により、5月から10月になりました。

関西インカレは、​男子は1部と2部に分かれています。

今回は男子2部の部に24名、女子の部に12名、計36名が選手としてエントリーしました。 結果は男子2部の部で総合9位(100m5位、1500m4位、3000mSC3位、4×100mR4 位、4×400mR5位、走り高跳び4位、棒高跳び7位)女子の部20位でした。 目標としていた一部昇格、10位入賞を達成できる事ができませんでしたが3月2日から7ヵ 月近く登学出来ず、9月中旬から1ヶ月間合同練習が始まり、出場した選手はベストパ フォーマンスが発揮できるよう精一杯頑張りました。

私は200mと4×100mに出場させていただきました。

200mは前半からスピードに乗る事ができたのですが、

ずっと自分の課題であった後半の失速が目立ってしまい、予選敗退となりました。 しかし、4×100mは予選1走を走らせていただき、1回生の西日本インカレ以来の1走で 自分の中の最高の走りをする事ができ​、41.37で決勝に進む事ができました。 決勝は、予選と走順を変えて3走を走らせていただき、

予選よりも早い40.85で4位入賞しました。

目標であった優勝はする事ができませんでしたが

1点でも国際大学に貢献できて嬉しかったです。

応援ありがとうございました。

unnamed.jpg

こんにちは!

2回生短距離ブロックの西川拓真です。

関西インカレには、110mH、400mHの2種目に出場しました。

110mH、400mHともに自己ベストを更新する事ができ、

400mHでは初めて決勝の舞台で戦う事ができました。

高校時から2秒以上更新することができました。

このコロナ禍の中で自分ができる事を行い、

9月から始まった大学練習での監督・コーチから頂いたアドバイスを しっかりと実践できた事がベストに繋がったと思います。

まだ課題が沢山あるので、これから始まる冬季練習で課題克服に向けて、 来年良いシーズンスタートが切れるよう頑張っていきたいと思います。 応援ありがとうございました。

こんにちは!

4回生中長距離ブロックの河内凌です。

今回1500mと3000mSCの2種目に出場させていただきました。

1500mは、​予選と決勝で自己ベストを更新することができ4位(3'58"59)​ 3000mSCでも、​自己ベストを更新し、3位(9'12"21)に入賞する事ができました。 コロナウイルスで思った通り練習ができていない不安と、

今回は、無観客試合という事で集団応援がない心細さの中で臨んだ試合でしたが Live映像を見ての応援、直接応援メッセージをいただく事で励まされ、 ベストパフォーマンスを発揮する事ができました。

また、試合に向けて練習環境や出場の機会を作って下さった、

監督やコーチをはじめ多くの人にとても感謝しています。

応援ありがとうございました。

こんにちは!

跳躍ブロック3回生の走り高跳びに出場した新村愛里です!

男女走り高跳びで入賞しました。

記録は1m69で2位でした。

このような状況の中、試合に出場できたことに何より感謝の気持ちでいっぱいです。 改めて環境や支えてくれている人達に感謝しなくてはいけないと感じました。 今回の試合での目標は、走高跳で自己ベスト出して優勝することでしたが、 その目標は叶いませんでした。

しかし、今年2試合しかない中で​全日本インカレの反省を活かした跳躍が できたのではないかと感じました。

来年は優勝できるように冬季練習に励んでいこうと思います。

応援ありがとうございました。

こんにちは!

2回生跳躍ブロックの宅間大河です。

先輩達が卒業して初めて関西インカレに出場しました。

今回は、試技の1本目で確実に跳ぶ事を考えて挑みました。 記録は2m00cmで4位でした。

試技の1本目で確実に跳ぶことはできなかったのですが、

今の自分の力を知り、課題を見つけることができました。

今年は、この試合が最初で最後だった為、

関西インカレで見つけた課題や反省点を活かして来年の試合に繋げれる​ように、 これからの練習に取り組んでいきたいです。

応援ありがとうございました。

こんにちは!

3回生投擲ブロックの最所永遠です。

例年3名ずつの入賞で大量得点していた砲丸投げでしたが、 今回、入賞者はいませんでした。

結果は、昨年記録を残すことができず、今年も記録を残すことができず、 チームに貢献することができませんでした。

原因は、自分の心に迷いがあったからだと考えています。

練習は自粛期間にも人一倍練習を積み、

投げも、ベスト近く投げることができていたのですが、

試合に出場していないことや、

投擲練習の時間が少なかったため不安が生まれ、 このような結果になったと考えました。 次の関西インカレまで半年しかないので、 気持ちを入れ替え練習に励み、

次の試合で爆発する投げをしたい​と思っています。 応援ありがとうございました。

カレンダー

2022年9
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

アーカイブ