HOME > OIUクラブHOTレポート > 守口キャンパス:学友会

HOT REPORT/OIUクラブHOTレポート

とにかく、みんなを楽しませたい!学内イベントのプロデュース集団「学友会」、参上。

秋の学園祭「優花祭」をはじめ、一年を通して多彩なイベントで盛り上がるOIU。これらを裏からビシッと支えているのが学友会だ。「みんなを楽しませたい!」という一心で数々のイベントを企画するプロデュース集団だが、いろんな準備が重なってくると大わらわ!そんな変化に富んだ活動や、やり甲斐について、中心メンバーに聞いてみた。
半年がかりで準備する、年に一度の優花祭2018年10月21日、「優花祭」初日。前年は台風で中止となったが、さて今年の天気は……。快晴!!泊まり込みで準備を続けていたメンバーの表情は、この日の空と同じく晴れやかだった。何度も優花祭に関わってきたベテランメンバー山口千尋さんも、半年間の準備がむくわれ、ホッと胸をなでおろす。
学友会本部 山口千尋さん 3回生最初は「しんどいわ!」と思った(笑)初めて優花祭の運営に関わったのは1回生の5月頃。慣れてないし、やることも多いしで、正直「こりゃ、しんどいわ!」と思いました(笑)。でも、いろんなことに関わることができたし、本当に楽しくて、今は学友会を続けてきてよかったなと思っています。
優花祭のコンテンツは模擬店、遊戯店、ライブ、フリーマーケット、スタンプラリーなど。特に準備が大変なのは飲食系の模擬店で、レシピや禁止食材、仕入れ先などの項目に学校と地元の保健所から細かいチェックが入る。まるで新店舗OPENのノリだ。こうした貴重な体験は学友会ならではのもの。社会人になってからも大いに役立つだろう。
地方出身の新入生を“大阪色”に染める!年間最大の学内イベントは優花祭だが、学友会は他にもたくさんの企画を手がけている。例えば、こんな感じのものが…。
新入生歓迎お食事会学生課とのコラボ企画。一人暮らしの新入生を対象としたバイキング形式のお食事会。場所は守口キャンパス内「カフェジャルディーノ」。
カラオケ大会学科・学年を超えた紅白戦のカラオケ大会。奥田メモリアルホールにて開催。最優秀賞にはUSJのペアチケットを贈呈。
イルミネーション点灯式&六華祭(りっかさい)守口・枚方両キャンパスでおこなわれるクリスマスツリー点灯式と文化会クラブ発表会。
2018年度の新入生歓迎お食事会は約20人が参加。これがきっかけで遊び仲間になった人たちもいるとか。新入生向けのイベントを開催する理由について、顧問の先生に聞いてみた。
安達康生先生大阪人のコテコテマナーまで教えます!地方出身の新入生がけっこう多く、ホームシックになるのも良くないので、早く大阪に染まってもらえるような企画を実施しています。イベントを通して、学友会が新入生に大阪人特有のコテコテマナーなどもレクチャーしているようです(笑)。
教職員が間に入るよりも、学生主体のほうがフレンドリーな雰囲気になるらしい。あの手この手で、みんなを楽しませようとする学友会。せっかくなので、定例会議にもお邪魔してみることに…
たくさんのアイデアは会議室から誕生学友会の会議は毎週木曜日の夕方6時から。この日は13人のメンバーが集まった。議題は直前に迫った優花祭と年末の六華祭について。にぎやかに意見が交わされる様子はイベント企画会社みたいだ。なんと、忙しい時は3時間に及ぶことも!
学友会本部 渡邉律斗さん(会長)2回生 やり甲斐があって、絆も深まる!高校の時はバイト三昧だったので、何か運営的なことがやりたくなり、学友会に入りました。やり甲斐はめちゃくちゃありますよ。いろんなイベントを重ねていく中で、仲間との絆も深まるし、今では自分が一番楽しんでいます!(笑)
やる気さえあれば誰でも入会できるそうなので、イベント運営に関わってみたいという人は、学友会の一員になって一緒に盛り上がろう!
おしえてグロービー

学園祭の目玉アーティストは、どうやって決めているの?

学友会のメンバーが、人気のバンドや最近注目のアーティストをピックアップして、そこから決めているんだ。オファーのカギは、スケジュールが合うかどうか。だから、早め早めに押さえていかなきゃならない。以前、地元・大阪のバンドがデビュー直前に来たことがあって、めちゃくちゃ盛り上がったんだって!

OIUクラブHOTレポート一覧へ