HOME > OIUクラブHOTレポート > 守口キャンパス:バドミントン部

HOT REPORT/OIUクラブHOTレポート

変幻自在のシャトルのような個性派集団がコートに集結!

シャトルを打ち合うことから「羽球」ともいわれるバドミントン。でも実際は、「羽」というやわらかいイメージとは真逆のXハードなスポーツで、打球直後のシャトルは時速400キロに達する。今回は、そんな激しくも爽やかなバドミントン部の“今”に迫る!
ベテランが抜けて大ピンチに
練習は月水木の週3で行われ、普段はきたシャトルを打ち返す「ノック」が基本。しかし、この日は練習試合が延々と続いていた。関西学生バドミントン選手権秋季リーグ戦のスタートが明日に控えていたからだ。男子も女子も、一打一打の気合いの入り方が凄い!
男子の強烈な技を参考にしています!副部長 森知夏さん 2回生
いつも男子10人と女子9人が合同練習しています。やっぱり男子のスマッシュは強烈ですね!男女お互いが刺激を受けるので、とてもプラスになります。試合前は、しっかりと気持ちをつくるために、少しピリピリした空気になっているかも(笑)。

中学からバドミントンを続けてきたという森さん。彼女のように技術力・瞬発力・持久力の三拍子がそろった経験者は貴重だ。実は昨年、ベテランの先輩たちがゴッソリと抜けて大ピンチを迎えたことがあった。このままではヤバイかも。しかし…。
有望新人登場!練習メニューも作ります!
この春、有望な1回生が数名加わった。中でも、ある男子は、小学生のときから両親にバドミントンを教わってきたエース級の選手。練習メニューも彼が考えている。部員のスポーツ歴や個々のレベルなどを総合的に判断してメニューを組むというから、もはやその役割はトレーナー!未経験者にとっても心強い存在だ。

手が使えない!でもそこが面白い!奥村龍起さん 1回生 高校ではバレーボール部でしたが、入学後に仲良くなった男友達がバドミントンの上手い子で、僕も触発されて入部しました(笑)。バレーと違って自分の手を使えないところが難しく、奥深さも感じています。目標は、経験者の同級生を追い抜くこと!

有力新人たちのお陰で、チーム全体のレベルも上昇。士気の高まりによってON・OFFの切り替えもできるようになり、コートを離れれば“ごく普通の仲良しグループ”といった雰囲気。部員の誕生日にはサプライズでプレゼント&記念撮影も!練習は厳しく、普段は仲良く。そんなメリハリが、バドミントン部の長所でもある。
有望新人登場!練習メニューも作ります!
この春、有望な1回生が数名加わった。中でも、ある男子は、小学生のときから両親にバドミントンを教わってきたエース級の選手。練習メニューも彼が考えている。部員のスポーツ歴や個々のレベルなどを総合的に判断してメニューを組むというから、もはやその役割はトレーナー!未経験者にとっても心強い存在だ。

手が使えない!でもそこが面白い!奥村龍起さん 1回生 高校ではバレーボール部でしたが、入学後に仲良くなった男友達がバドミントンの上手い子で、僕も触発されて入部しました(笑)。バレーと違って自分の手を使えないところが難しく、奥深さも感じています。目標は、経験者の同級生を追い抜くこと!

有力新人たちのお陰で、チーム全体のレベルも上昇。士気の高まりによってON・OFFの切り替えもできるようになり、コートを離れれば“ごく普通の仲良しグループ”といった雰囲気。部員の誕生日にはサプライズでプレゼント&記念撮影も!練習は厳しく、普段は仲良く。そんなメリハリが、バドミントン部の長所でもある。
秋季リーグ戦の後も、次の目標へ!
バドミントン部のスローガンは「雲外蒼天」。「努力して困難を乗り越えれば、快い青空が見える」という意味の四字熟語。この言葉の責任を一番重く受け止めているのは、他ならぬ新キャプテンだ。

気を引き締めてチームをリードしていきます! 部長 本田彩乃さん 2回生
副部長をはじめ一人ひとりがちゃんと考えて行動しているから、何かと助けられています。私、本当はガンガン仕切るタイプではないんですけど(苦笑)、常にスローガンを忘れず、気を引き締めてチームをリードしていきます!

取材から約3週間後に、関西学生バドミントン選手権秋季リーグ戦が終了。女子は3部残留、男子は4部残留が決定した。しかし、本田さんは「個人の課題がたくさん見つかったので、さらに上を目指せるよう日々の練習を頑張っていきます」と前向きに語った。
おしえてグロービー

 どのような器を使ってるの?

規定では「16枚の羽根を取り付けたもの」「先端から台の上まで62~70ミリの範囲の同じ長さのもの」となっています。
競技用の試合球に使われている素材は「ガチョウの羽根」。
アヒルのものよりも、耐久性があって丈夫なのだとか。

OIUクラブHOTレポート一覧へ