HOME > OIUクラブHOTレポート > 守口キャンパス:ボランティア活動研究会

HOT REPORT/OIUクラブHOTレポート

ボラ活で出会ったたくさんの笑顔はわたしたちの元気玉!ボランティア活動研究会

ボランティア活動って、たいへんそう…。参加するのは勇気が要りそう…。そんな印象を持つ人が多いけど、ここボラ研(ボランティア活動研究会)に来たら尻込みする間もなく、いろんな出会いや体験があって気がつくとその魅力にドップリ!なんてことも。今回は、アクティブなメンバーの言葉と一緒にボラ研の個性がわかるキーワードも紹介するよ。
いつだって子どもの笑顔でテンションUP!「いちばん遊んでくれたのは、このお兄ちゃん!!」ある親子キャンプで出会った少年の一言がたまらなく嬉しくて、すっかりボランティア中毒!?に。その延長上で、いつの間にか部長になっていました(笑)。子ども達の笑顔はいつも僕のモチベーションのモト。イベントごとに企画から運営まで自分たちでできるのが、ボラ研最大の魅力じゃないかな。
ニックネームで親近感を マッキー、スイミー、リコピン…ボラ研メンバーには必ず愛称があって、部活中も愛称で呼び合う。その理由は、ニックネームが初対面の子どもたちとの距離を縮めるツールにもなるから。部員同士の仲がいいのも、うなずけるね。
社会人に必要なマナーやコミュ力が磨ける 入部のきっかけですか?ここならコミュニケーション能力が磨けると思ったから。この4年間、ボラ研でいろんな人と出会い、経験を積んできて僕自身も成長できたと思います。実際、社会人や団体の主催者とメールを交わしたり、話をする機会も多かったですね。メールのマナーなど社会常識も身に付きました。もちろん、就活にも役立っています。
子どもに関わりたいヒトこの指止まれ! 高3までガールスカウトに所属していたので、今は、ボラ研とガールスカウトのリーダー、両方の活動をバランスよく続けています。この部活は、私のように人と関わりたい人から、コミュ力のある人、ヒト見知りを克服したい人も大歓迎!子ども向けのイベントに関わることが多いので、将来、子どもに関わる仕事を目指す人にもぜひ一度のぞきに来てほしいと思います。
“コミュ力”の基本は コミュ力に必要なことって何?ボラ研メンバーに聞くと、基本は明るさと笑顔というシンプルな答えが返ってきた。笑顔で人に接すると、相手も明るい気持ちになって笑顔を返してくれるからと。これって友だちや家族、人間関係すべてに大切なことじゃないかな。
自分の課題を見つけるチャンスに。 ボランティア活動を通して、学生たちは能動的に様々な人と関わります。それが自信につながり、社会で活躍するための自身の課題を発見するきっかけになると思います。部活動を通して伝えたいのは、大学で学修したことが、様々な形で社会と繋がっていること。今後も得意不得意に関係なく様々なボランティア活動に参加し、いろいろな出会いを重ねてほしいです。
おしえてグロービー

ボランティアでよく聞くNPO(非営利組織)って何?

NPOは「Non-Profit Organization 」の頭文字で、ボランティアとの共通点は、自主的・自発的に社会貢献活動をすること。営利を目的とせず、公益活動や社会貢献活動を組織的・継続的に行う民間組織で、ボランティア団体に限らず自治会なども広い意味ではNPOとする考え方もあるんだって。

OIUクラブHOTレポート一覧へ